2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

Lens

2016年8月 4日 (木)

シグマのマクロレンズ,ニコン用 その2 / SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DG

シグマのマクロレンズ,ニコン用 その2 / SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DG


SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DG

( 1998 年~ )

※ 基本設計は、1990 年


出典:
シグマのサイト
https://www.sigma-photo.co.jp/lens/macro/50_28/

---------

これは ニコン F マウント用で、CPU により 距離情報を伝達する D レンズ対応の D が末尾に刻まれています。

純正スピードライトも キチンと反応するようです。(未確認)
私的には マクロレンズでも 50 mm 単焦点標準レンズ的に使う事が多いので、マクロ用リングストロボを持っていませんが、これは大事な機能です。
とはいえ、TTL ではなく、オートストロボで撮る事が多いので、どちらでも良いのですが。


上記 シグマのサイトによると、

「EX」とは
単焦点レンズやズーミングによるF値の変化がないズームレンズです。

「DG」とは何ですか?
フルサイズのイメージセンサーに対応した高性能レンズです。35mmサイズデジタル一眼レフカメラ、フィルム一眼レフカメラ(ニコン F6、キヤノン EOS-1vのみ)、APS-Cサイズデジタル一眼レフカメラにも最適です。


すでに
SIGMA MACRO 105mm 1:2.8D EX AF
を持っているのですが、愛犬 なっちゃんの室内撮りには焦点距離が少々長い場面が多く、ニコンで使える 50 mm クラスのマクロレンズを探していました。

今回入手した
SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DG は、外装にアタリ、使用感あり ですが、レンズのコンディションが良いので期待しています。



タムキュー(タムロン 90 mm マクロ という評価のかたまったレンズ )いらないかも。


   
   
   

2016年7月29日 (金)

シグマのマクロレンズ,ニコン用 その1 / SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DG

シグマのマクロレンズ,ニコン用 その1 / SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DG


SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DG

ニコン Fマウント用

---------

先日、55 mm の マイクロニッコール を Nikon FA に装着してファインダーを覗いてしまったので、ニコンの 50 mm あたりのマクロが欲しくなってしまっていました。


その マイクロニッコール は、本物のジャンク品だったので、程度の良い Ai-S を探そうと思っていた矢先、コイツを見かけたので、買ってしまいました。

もちろん、新品ではありません。

安かったんです。ええ。



つづく


 
   
   
   

2016年6月 5日 (日)

HANIMEX AUTOMATIC 135 / 2.8 その2

HANIMEX AUTOMATIC 135 / 2.8   その2

2016年06月05日初出
2016年06月08日訂正

ハニメックス オートマチック 135 mm  F 2.8
HANIMEX AUTOMATIC 135 mm  1: 2.8

M42 マウント


以前にも書きましたが、私はなぜだか オートマチック という語感に強く惹かれてしまうのです。

---------

ハニメックス オートマチック 135 / 2.8

M42 マウントです。

ハニメックスはリコーの傘下でしたが 2004 年に富士写真フイルムに売却されたようです。豪州の商社だそうで、日本ならさしずめ かつての OSAWA ( 大沢商会 )といったところでしょうか。
そういえば、OSAWA ブランドのズームレンズを1本持っていたハズですが、まだ試写もしないまま 保管庫の下の方に埋まってしまっています。MDマウントだったかな。


REVUENON なんかも近いパターンで、REVUENON といえば富岡ですね。

REVUE → CHINON → 富岡光学
という図式が成り立ちます。



このレンズの第一印象は、初めて見た感じではなく やや懐かしい感じ。

F 値 2.8 だけあって、135 mm 単焦点では一般的な 135 / 3.5 クラスと違って 口径が大きく 魅力的。キヤノン FD 135 / 2.5 を御存じならば、そのプロポーションがわかるかも。( と、例によってわかりにくい喩えだ。)

でも、135 mm は 要らないかなぁ と思って、一度はその場を離れたのですが、どうにも気になる。

鏡胴の肌質
橙色の使い方と色み。
意匠はヤシカ/コンタックスの ML や ヤシコン プラナー に連なっています。現物を見れば明らかです。
そして右開放右インフ とくれば、これはもう富岡光学製である と。
入手しておいて損はない と。

そこにあった ペンタックス に装着してファインダーを覗く。うーん 良い感じだ。


富岡と確定させるには、分解して内部構造まで検証するのがスジなのでしょうが、抜群のコンディションの健康体の分解は避けたい。

まぁ 富岡光学製で間違いない とここで断言してしまいます。


試写はこれからですが、とても楽しみですね。富岡なら、どのレンジでも破綻なく安心な画像を吐き出してくれるでしょう。


その前に、ヤシカ ML 3.5  35 / 2.8 の試写結果をアップしなくては。


つづく


   
   
   

2016年6月 3日 (金)

HANIMEX AUTOMATIC 135 / 2.8 その1

HANIMEX AUTOMATIC 135 / 2.8   その1

ハニメックス オートマチック 135 mm F 2.8
HANIMEX AUTOMATIC 135 mm  1: 2.8

M42 マウント

---------

ハニメックス 135 / 2.8

M42 マウントです。


EOS-1N HS にアダプター経由で装着。

結構 迫力があるでしょ。

良いものに出会いました。

一目惚れです。


つづく


   
   
   

2016年5月 8日 (日)

タムロン アダプトール 17A / TAMRON 17A ADAPTALL2

タムロン アダプトール 17A / TAMRON 17A  ADAPTALL2

TAMRON 17A  ADAPTALL 2
35-70 / 3.5  CF MACRO  BBAR MC
( 1982 年~ )

---------

突然ですが、タムロン の MF ( マニュアルフォーカス )レンズ 17A
アダプトール2 マウントです。

これは、
モデル名:17A
マウント:アダプトール2

ということで、
35-70 mm のズーム全域 F/3.5 通し
という当時としてはまずまずのスペックです。


この時代の タムロン MF レンズは、「 SP 」 とつくのが所謂プロ用レンズで評価も高いですが、この 17A も SP シリーズに劣らない高評価を得ています。



ベテランの方はご存知ですが、タムロンのアダプトールマウントは、アダプターを換装すると国内主要メーカーのほとんどのボディに装着できます。


実は、NEX-5N で、第1回の試写に行ったのですが、一部 失敗に終わりました。
銀塩メインのサブでチャチャっとやっつけたのが生意気でした。

アダプトール2マウント
          ↓
キヤノン FD マウント
          ↓
FD → NEX マウント変換アダプター

でしたが、アダプトール2 の FD アダプタを使ったために、

OPEN → LOCK

の切り替えをミスして、絞り環を回しても、絞り解放のままの状態で撮影していました。
快晴だったために、ファインダーの無い NEX-5N の液晶モニタは ほとんど見えない状態だったので、この段階で気付かず。
( 当然 絞り値は表示されませんが、シャッタースピードの変化で気付くはずでした。 が、よく見えませんでした。。。 )

戻って PC のモニタで首をかしげながら、ようやく気付きました。

私は銀塩でも、デジタルでも、試写は1回でキメているので、危うく タムロン 17A の評価を、「 解放でも 絞っても 大甘で、フレアー大洪水のダメレンズ 」
と、評価するところでした。
明らかに私のミスなので、第2回目の試写に向かいます。

というワケで、現在 試写中です。


   
   
   

2016年4月28日 (木)

AF280T を買ってやりました。ペンタックス super A その2 / PENTAX super A + AF280T + SMC PENTAX-A ZOOM 35-70/3.5-4.5


Super A

2016年04月28日初出
2016年05月08日トップ画像差し替え,画像追加,追記


PENTAX super A
( 1983年03月~ )

PENTAX AF280T
( 1980年06月~ と推定 )

SMC PENTAX-A ZOOM 35-70/3.5-4.5

---------

PENTAX super A に、TTL 調光のできる オートストロボ AF280T を買ってやりました。


PENTAX AF280T は、オリンパスが 1975年11月に発売した OM-2 + クイックオート310 で実現した 世界初の SLR TTL ダイレクト調光から4年7カ月後,
1980年06月発売 PENTAX LX と同時期に発売された ペンタックス初の TTL 調光可能となったオートストロボです。
プロ機 LX が 20年以上現行モデルとして販売されていたのと同様に 銘機 AF280T もまた 20年以上販売され続けていました。

この銘機 AF280T は サンパック謹製であります。


これで、私有のペンタックス陣営も外光オートストロボのみならず、TTL 調光で撮れるようになりました。

外光オートで充分に撮れるのですが、銀塩カメラなので、ここぞ という時に TTL 調光が出来る という安心感に寄りかかっていたい という安心感も重要。
専用フラッシュでなければ 成し得ませんからね。


あ そうそう。この super A は 出会った時には裏蓋に デジタルデータM を背負っていましたが、専用グリップを失っていたので、コイツも買ってやりました。


Super A 2

ME のボディをこれでもか といった具合に改造しまくり、
さながら、ボンネットに穴を開けて スーパーチャージャーを突出させて、ダッシュボードに後付けのタコメーターを取り付けたカマロのような。。
いや 小型なので、ランチア デルタ インテグラーレ のような。。
いやいや。ガンダムのような。といった方がわかりやすいでしょうか。
ME ボディの究極の最終型がコレです。
マウント改造を診る限り PENTAX は、super A を もっと多機能にできたようなのですが、それは ME ボディの次のシリーズに載せる決断をしたようです。

もともとが、レンズ鏡胴の絞り環を使った絞り優先ボディであったからで、ボディに絞りのコントロール装置が無かったのが その理由のひとつであったと思われます。



さて と

それでは、PENTAX super A の試写に繰り出すとしましょうか。


 
 
 
 

2016年3月23日 (水)

FD マウント用アダプトール2 / TAMRON ADAPTALL 2 FOR CANON

FD マウント用アダプトール2 / TAMRON ADAPTALL 2 FOR CANON

TAMRON ADAPTALL 2  FOR CANON

( 1979年~ )

---------

タムロンのアダプトール2 のキヤノン FD マウント用をてにいれた。


きっかけ:
オリンパス 銀塩 OM 用のズームレンズを探していた。


経緯:
2倍ズームあたりがあるのだが、何となく折り合いがつかない。
たまたま そこにあった タムロン アダプトール レンズを手に取った。52A, 03A, 103A があった。当然 OM ズームより、はるかに重くてデカい。なんで 小型軽量がウリの OM にわざわざデカいそれらを組み合わせるのか。

まぁ それも一興 ということで。


そこにあった 103A はコンディションが抜群に良く、5 ドルだった。マウントアダプターがその場になければ、買わなかっただろうが。
たまたまそこに広げられていた アダプターにOM 用( タムロンでは OL と表記 )があった。こいつはかなり使い込まれていた個体だが、Made in Japan の造りは良いので、問題はないだろう。

合わせて 8ドル で、銀塩 OM ボディに 80-210 / 3.8-4 が使えるなら しばらく楽しめそうだ。

持ち帰り( 勿論代価は支払った。)、レンズの外装のクリーニングもしないまま、ふと思った。

あの複雑怪奇な キヤノン FD マウント用はどうなっているのだろう。

探してみた。

発見した。

何年もそこに吊るされていた FD マウント用 アダプトール2 マウントアダプター。
フロントキャップが無いが、リアキャップ付の極上品だ。5 ドルなり。

キヤノン FD マウント用まで対応してしまった タムロン アダプトール2 は、賞賛に値すべきだろう。

いゃ 凄いな コレ。タムロンの技術力と執念を感じる。
これ 単体を見ているだけで感動できる。
芸術品の域に達している。
ちゃんと動くんだよ。凄いな。コレ。


---------

タムロン 103Aを使って、オリンパス OM-2N と キヤノン A-1 の測光対決 なんて面白いだろうか。

キヤノン EF と A-1 の シャッタースピード優先対決とか

いっそのこと、アダプター揃えて、
OLYMPUS OM-2N,Canon A-1,ASAHI PENTAX ME,Nikon FE のAE 対決
なんて、私的には興味深い。


昔のカメラ誌ですでにやったのだろうね。


   
   
   

2016年2月16日 (火)

CONTAX 139 Quartz その1

CONTAX 139 Quartz その1

2016年02月16日初出
2016年02月24日加筆


CONTAX 139 Quartz

( 1979年04月~ )

---------

ひと仕事をやり遂げたので、日光浴をさせてやりました。
小春日和を堪能するのはいったい何年ぶりでしょうか。

35年くらい前に製造されたご老体ですが、まだ無問題で写真が撮れます。

この日のレンズは プラナー でも ビオゴンでも ディスタゴンでもなく、
あの 伝説の富岡 の 名玉

YASHICA  ML 35 / 2.8

を着けています。
ボディよりレンズのほうが、むしろ日光浴が必要です。日光浴というより、「光を透す」のが、長寿の秘訣です。紫外線に当たり過ぎるのは身体に悪いですがね。


私の大のお気に入りの CONTAX 139 Quartz です。

チャームポイントは、

プロポーション
ファインダー
フェザータッチのシャッターレリーズボタン
中指測光ボタン
見易い LED 露出計
そして
ストロボ TTL ダイレクト調光

ですね。

このころのヤシカは輝いていました。

TTL 調光を年表で見てみましょう。抜け落ちているものもありますが。
降順です。

●が、各メーカー初の ストロボ TTL ダイレクト調光機。( TTL 測光ではない。)

1986年02月~  Canon T90 ●
1985年09月~  MINOLTA α-9000(※)
1985年02月~  MINOLTA α-7000(※)
1983年03月~  Nikon L35AF ピカイチ
1983年03月~  PENTAX super A ●(普及機)(※)
1982年11月~  OLYMPUS OM30
1981年11月~  PENTAX ME F
1981年10月~  MINOLTA X-700 ●
1981年09月~  Canon New F-1(※)
1981年07月~  Canon AF35ML オートボーイスーパー
1980年06月~  PENTAX LX ●(※)
1980年03月~  Nikon EM リトルニコン(国内)
1980年03月~  Nikon F3 ●(※)

1979年12月~  PENTAX ME super
1979年09月~  PENTAX  MV1
1979年06月~  OLYMPUS OM-10
1979年05月~  Nikon EM リトルニコン(北米)
1979年05月~  OLYMPUS XA
1979年04月~  CONTAX 139 Quartz ●
1979年03月~  OLYMPUS OM-2N
1978年09月~  RICOH XR500
1978年04月~  Nikon FE
1978年04月~  Canon A-1
1976年12月~  ASAHI PENTAX ME
1976年04月~  Canon AE-1(※)
1975年11月~  OLYMPUS OM-2 ●( 世界初 )(※)
1975年07月~  YASHICA ELECTRO 35 GX
1973年11月~  Canon EF
1973年07月~  YASHICA FFT
1973年07月~  ASAHI PENTAX SP F
1973年05月~  OLYMPUS OM-1

( ※ )は、所有した事がないカメラ。


オリンパス 飛び抜けていましたね。


-------


このカメラ。

見ているだけで心が和みます。


--------

俺の好きなカメラ,無差別級ランキング

1位
CONTAX 139 Quartz
(銀塩)



俺様の名レンズ,無差別級ランキング

1位
Canon EF 50mm F1.8 Ⅱ
(デジタル)

2位
minolta HI-matic E
minolta ROKKOR-QF 40/1.7
(ネガフィルム)

3位
MINOLTA AF ZOOM 35-70/4
(ネガフィルム)

現像待ち
YASHICA ML 35 / 2.8
(ネガフィルム)


つづく


   
   
   

2016年1月20日 (水)

EOS 広角補強 / SIGMA AF 24/2.8 SUPER-WIDEⅡ

EOS 広角補強 / SIGMA

SIGMA  AF 24/2.8 SUPER-WIDEⅡ

EOS 10D に装着。

写真のタイトルは

SIGMA  AF 24/2.8 SUPER-WIDEⅡ を装着した EOS 10D

としておきます。

-------------

手持ちの EOS 系は広角が弱い。銀塩はまだ良いのだが特にデジタル。ジャンクで構成しているので撮像素子がAPS-C 中心となるので、EOS シリーズに限ったことではないのは当然。

単焦点広角を探していました。寄れる広角です。

最近ようやく見つけました。

SIGMA  AF 24/2.8 SUPER-WIDEⅡ

マウントを見て、ミノルタ AF マウントだと思いました。
近くにあったジャンクαに・・・ 着きません。

EOS EF マウントでした。あとで調べてみたら、ラインナップには Nikon F マウント用もあるようです。

近くに転がっていた EOS1( 銀塩 )に装着してみると ・・・ 着きました。

バッテリーは当然入っていませんので、AF のテストはできません。
MF にしてみると、画角はイイ感じに。


話題が逸れますが、EOS1N ( 銀塩 )のシャッター音を知っている私としては、EOS1N を確保しようかどうか とずっと思案中でした。
EOS1、EOS1N のシャッター音は最高ですから、そのためだけにコレクションに加えるかどうかです。
私の銀塩カメラのフラッグシップは、保有レンズ構成から Nikon F4 で決まっています。
EOS1N は確保してもシャッター音を愉しむだけです。
機材はすでに保管庫に入りきれません。
しかし、今回、このレンズを装着した EOS1 のファインダーで肚が決まりました。
EOS1N の購入は無し。に決定しました。

Nikon F4 のファインダーは最高です。
EOS1 のファインダーは、今回のレンズでピント合わせが決まらないのです。
EOS1 系は、AF 中心に造られたカメラのようです。Canon らしいです。
Nikon F4 は やはり MF 最強と謳われる銀塩カメラです。Nikon らしいです。
しかも EOS1 の重さは普段使いの鞄に放り込めるレベルではありません。そのサイズも。
Nikon F4 も重いけど、MB-21 のF4S から MB-20 の F4 にすれば小型で持ち歩けます。だいぶ小さくなるイメージがあります。

今回のレンズは私の煩悩をひとつ 消してくれました。これだけでも収穫はありました。


話題を
SIGMA  AF 24/2.8 SUPER-WIDEⅡ
に戻します。

EOS 広角補強 / SIGMA

MACRO と書いてあるので、寄ってみます。

素晴らしく寄れます。文句なしです。

広角レンズは寄ってこその広角ですから。

あとで調べてみると、18 cm まで寄れるようです。



銀塩EOS なら私的に最強の 24 mm 。

私有の EOS 55 には縦位置グリップ BP-50 も着いているので、威圧感も充分。
これは集合写真にはもってこいです。失敗の許されない集合写真に銀塩を使う勇気があるかどうかは別にして。
その場で確認できるデジタルにしてくれ。 と乞われるでしょうがね。



帰ってから、EOS 10D に装着してみました。

AF も問題なく動いています。
超音波モータとは違って、ギュイーン と唸りながらゆっくり動きますが、私的には全く問題はありません。

EOS 10D のモニタ( 小さいですが・・・ )の感じでは、やや色味がマゼンダ寄りのオールドレンズ感がありますが、いつもの PC でモニタして、写真としてプリントアウトしてみなければ正しい比較はできません。

画角の感じは非常に良いです。APS-C サイズの EOS 10D では

24×1.6 = 38.4

38.4 mm で、スナップ的にもOK。

50/1.8 Ⅱ よりも使い勝手が良さそう。

普段使いに第一選択となりそうな予感。



試写はいつものように次回。

楽しみです。