2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 写真としては軟調だが 硬調な夾竹桃の葉 / Nikon D3300 | トップページ | ではハイエストライトの階調は? / Nikon D3300 »

2021年12月 1日 (水)

露出はお見事 / Nikon D3300

Dsc_2364_20211114220536_20211114220647_2


Nikon D3300 , SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG , NX Studio

−−−−−−−−−−

Nikon D3300

発売:
2014 年 02 月

APS-C
SONY製 CMOS

有効画素数
2416 万画素

画像処理エンジン
EXPEED 4

ローパスフィルターレス

−−−−−−−−−−

露出確認構図です。

ハイエストライト部分のサーフェスは薄いピンクのコンクリート塗装壁。

測光はマルチパターン測光 。いわゆる吊るしのセッティングですね。
AE ロックはもちろん使っていません。
日の丸構図的に このままシャッターを切っています。

古いデジタル一眼レフカメラなら確実に白トビしています。
ところが Nikon の画像処理エンジン EXPEED4 は、D3300 を白トビさせずにうまいところに落とし込んでいます。

いやぁ 上手いなぁ。と思いますねぇ。
私がデジカメデビューした時に このカメラを使っていたらデジカメに興味をこれほど持たなかったかもしれませんねぇ。これだと白トビとか輝度差とか悩まないもんね。カメラが勝手に撮ってくれますからね。
まぁ そういうコンセプトのカメラですがね。

いまさらですが、RAW で撮っているので、純正 ( という事になっている ) 画像処理ソフト の NX Studio で調整してみたのが次の記事。

つづく


end

« 写真としては軟調だが 硬調な夾竹桃の葉 / Nikon D3300 | トップページ | ではハイエストライトの階調は? / Nikon D3300 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 写真としては軟調だが 硬調な夾竹桃の葉 / Nikon D3300 | トップページ | ではハイエストライトの階調は? / Nikon D3300 »