2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月

2021年9月30日 (木)

ほおずき / SONY α350

Dsc02558_20210929065928_20210929070300_2


SONY α350 , MINOLTA AF 35mm F2 , Imaging Edge

−−−−−−−−−−

SONY α350

発売:
2008 年 03 月

APS-C
SONY製 CCD

有効画素数
1420 万画素

コンシューマ向け 135 判 以下 CCD センサー搭載デジタル一眼レフカメラ最高画素機。

−−−−−−−−−−

ほおずきの葉っぱが虫食いだらけでした。

アオムシは 弱毒性のある ほおずきの葉を食べても大丈夫なようです。


2021年9月29日 (水)

キバナコスモスもまだ咲いていました。/ SONY α350 , NP-FM500H

Dsc02541_20210927074008_20210927074125_2


SONY α350 , MINOLTA AF 35mm F2 , Imaging Edge

−−−−−−−−−−

SONY α350

発売:
2008 年 03 月

APS-C
SONY製 CCD

有効画素数
1420 万画素

コンシューマ向け 135 判 以下 CCD センサー搭載デジタル一眼レフカメラ最高画素機。
ちなみに α350 の次期モデル α380 が SONY 最後の 1420 万画素 CCD 機。

−−−−−−−−−−

キバナコスモスも 行く夏を惜しむかのように まだ咲いていました。

SONY α350 は有効画素数 1420 万画素。
CCDセンサー搭載デジタル一眼レフカメラとして やはり見逃せない機種です。

実は、先に SONY 1420 万画素最終モデルの α380 を手に入れる機会があったのですが、操作性とバッテリーの互換問題でスルーしました。
A マウント α のバッテリーの変遷は、
α100:NP-FM55H
α200:NP-FM500H ( 上位互換 )
α350:NP-FM500H
α380:NP-FH50
α380 では互換性が断たれているのですね。
デジカメは専用バッテリーでのみ動作する場合がほとんどで、しかも SONY のバッテリーグリップは Nikon , Canon みたいに単3乾電池が使えないダメ仕様なのだ。

なので、最終モデル α380 ではなく、α350 を手に入れる事にしました。

α350 は 使ってみると、とても良いカメラです。
α100 , α200 に慣れている身にとっては何の迷いもなく撮影出来ます。
画の精細感、色の出し方もなかなか良さげです。
CMOS より CCD の方が素材として使いやすい気がします。素直で色のコントロールがしやすいような。

コレって私的には神機かもしれない。。。

2021年9月27日 (月)

まだ咲き残っていた彼岸花 / SONY α350

Dsc02615_20210926223022_20210926223516_2


SONY α350 , MINOLTA AF 35mm F2 , Imaging Edge

−−−−−−−−−−

SONY α350

発売:
2008 年 03 月

APS-C
SONY製 CCD

有効画素数
1420 万画素

コンシューマ向け 135 判 以下 CCD センサー搭載デジタル一眼レフカメラ最高画素機
ちなみに α350 の次期モデル α380 が SONY 最後の CCD 機

−−−−−−−−−−

まだ 彼岸花が咲き残っていました。

私にとっては撮影が難しい花です。しかも α350 は赤色が飽和しやすいようだったのですが、うまく撮れました。

α350 を当家に招き入れて 初出動としては上々か と。

α350 は隠れ名機ですね。たいへんに気に入りました。私にとってはとても使いやすい機体です。

2021年9月21日 (火)

モカブラック / サクラクレパス ボールサインiD(アイディー)

Kimg0018_20210920215849_20210920220313_2


サクラクレパス ボールサインiD(アイディー)

モカブラック ( Brown Black )

ものすごく気に入っています。
まるで小筆でさらりさらりと書いているような感じで。
ゲルインキがあまり馴染まない私にしては珍しく 1 本目を使い切り、リフィル 2 本目に。

なんといっても最大のポイントは顔料系である事。水性顔料ゲルインキなんですね。
顔料系インクって染料系インクより滲みや裏写りが少ないんですよ。

それと、6 色全部黒インク というコンセプトが秀逸。感動しましたね。
私的にはブラウンブラックの「 モカブラック 」に全集中ですが。

このリフィル、定番として長く販売を続けて欲しいですね。

2021年9月20日 (月)

オマケのモノクロ / PENTAX k-m

Imgp2594_20210916141230_20210916145414_2


現像ソフトでこんな感じにすると、優等生の K-m でも、とてもワルな感じですね。

2021年9月18日 (土)

PENTAX K-m でモノクロ写真

Imgp2594_20210916140003_20210916140529_2


PENTAX K-m + DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR

−−−−−−−−−−

PENTAX K-m

発売:
2008 年 10 月

APS-C
SONY製 CCD

有効画素数
1020 万画素

PENTAX 最後の CCD デジタル一眼レフカメラ

−−−−−−−−−−

優等生の K-m でも こんな写真も出来ます。

RAW データをカメラ内現像でモノクロ写真に。

AF ボタンで親指 AF も出来るし、なかなか良いカメラです。

2021年9月16日 (木)

PENTAX K-m の青空 / 垣間見える CCD センサーの資質

Imgp2487_20210914072645_20210914072845_2


PENTAX K-m + DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR

−−−−−−−−−−

PENTAX K-m

発売:
2008 年 10 月

APS-C
SONY製 CCD

有効画素数
1020 万画素

PENTAX 最後の CCD デジタル一眼レフカメラ

−−−−−−−−−−

CCD センサー搭載デジタル一眼レフカメラには CMOS センサー搭載デジタル一眼レフカメラより、
・濃厚な画が出てくる。
とか
・クリアで爽やかな画が出てくる。
とか、
いろいろなご意見があるようです。概して CMOS より CCD の方が優れた画を出す という。

さて、いかに。

□□□ CCD センサーって濃厚? □□□

PENTAX K-m で撮った青空です。
カスタムイメージは 鮮やか。
コントラストと彩度を少し上げて、マイナス補正しています。

同じ CCD センサーを積んでいるはずの PENTAX K-m では、印象的で濃厚な画づくりの PENTAX K200D のような濃い青空にはなりません。
どこまでもキレイな青空でいようとしています。

ここから、CCD センサーが必ずしも濃厚な画を吐き出すわけではない事がわかります。
CANON の CMOS 機も、機種によって濃厚だったりクリアだったりします。
CMOS センサーでも、濃厚な画を出す機種もあります。Nikon D200 ( CCD ) と D300 ( CMOS ) の違いを区別するのは困難です。

−−−−−−−−−−

□□□ CCD と CMOS センサーの画の違い?□□□

CCD センサーカメラと CMOS センサーカメラの低感度での表現力の違いはあるのでしょうか。

私は 600 万画素 , 1000 万画素クラスの CCD センサー搭載デジタル一眼レフカメラを少しばかり集めてきました。

CCD:
Nikon D70s , D50 , D40 , D60 , D200 .
SONY α 100 , 200 .
PENTAX istDs , K100D Super , K200D , K-m .

Nikon , CANON , SONY , PENTAX の CMOS センサーモデルも多少なりとも使ってきました。

CMOS:
Nikon D300 , D600 .
CANON EOS D60 , Kiss Digital , Kiss Digital N , X , Kiss X4 , 10D , 20D , 40D , 70D , 5D , 5D MarkⅡ .
SONY NEX-3 , NEX-5 , NEX-5N ( NEX シリーズはミラーレス ).
PENTAX K-x , K-r .

これらのカメラで、手が回らないので 充分に画づくりを検証しきれてはいないですが、現在までの印象としては、CCD センサーは CMOS センサーと比べるとややクリアな画が得られるようには思います。しかしこれはまだ不充分です。

結論:
CCD と CMOS センサーの吐き出す画の違いは、画像エンジンのチューニングによるところが大きいと考えられます。
・産み落とされた時の時代背景
・ライバル機種の動向
・前機種との関係性
・その機種に与えられた使命
によって画づくりが決まってくるようです。
そこに撮影者の
・思い出の記憶
・( 特に初期の ) 鮮烈なデジタル画像の記憶
・CCD センサーへの期待感
が絡んできて、CCD の都市伝説が出来上がった。

と、ここでは ひとまず結論づけます。

私の好みで少し濃い目にしましたが、PENTAX K-m は素直でプレーンな画づくりですね。

2021年9月13日 (月)

キバナコスモス / PENTAX K-m

Imgp2500_20210912223138_20210912223232_2


PENTAX K-m + DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR

このレンズは、K200D に着けると防滴セットになりますね。

−−−−−−−−−−

PENTAX K-m

発売:
2008 年 10 月

APS-C
SONY製 CCD

有効画素数
1020 万画素

PENTAX 最後の CCD デジタル一眼レフカメラ

−−−−−−−−−−

キバナコスモスです。この花は夏に元気をくれますね。
コスモスって「 秋桜 」と書く方は 儚いイメージがありますが、キバナコスモスの方は盛夏の陽射しにも負けない強い花です。この写真のキバナコスモスは野生化しています。
どちらも出身がそもそもメキシコだったんですね。なるほど。

撮影カメラは PENTAX K-m
エントリークラスとして、さらに女性をターゲット層とした出自を持ちます。
したがって ペンタックスのデジタル一眼レフカメラの中では優等生的な写りです。
K200D のような印象的な絵ではなく、クリアでプレーンな絵づくりです。

今回はややコッテリ系に、コントラストと彩度を上げています。


« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »