2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« ミドルボディのフルサイズ / Nikon D600 | トップページ | ルドベキアの群生 »

2021年8月23日 (月)

ルドベキアのある庭 / EOS70D + B005

Img_7655_20210822211423_20210822212451_2


EOS 70D + TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC LD Aspherical [IF]

1 / 400 , F 2.8 , ISO 100 .

−−−−−−−−−−

EOS 70D

発売:
2013 年 08 月

APS-C
自社製 CMOS

有効画素数
2020 万画素

デュアルピクセル CMOS AF 搭載がウリ。

---

TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC LD Aspherical [IF]
モデル B005

発売:
2009 年 10 月

2006 年 5 月発売の モデル A16 に手ブレ補正を付けたモデル。

−−−−−−−−−−

被写体は
ルドベキア・タカオ
でしょうか。夏にこの色味はとても良いですね。
そして さすが タムロン。良い感じでボケています。
私程度には充分ではないでしょうか。
写りに文句無し。

花を横から AF なのでピントが甘いですが、AF だって、どこにピントを合わせたらいいのか判らないですよね。
ここは MF か、ライブビューを使うべき場面ですが、風が強かったので。。。

CANON の APS-C クラスをあまりにも使っていない現状が気になっておりましたので、テコ入れのために大三元レンズを買ってやりました。

タムロンのモデル B005。

正式名称を
SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC LD Aspherical [IF]
といいます。

IF ( インナーフォーカス ) なので、ピント位置が近くなるほど焦点距離が短くなります。
つまり、寄ると ( 全群繰出しと比較して ) 倍率が下がります。

標準ズームレンズと比較してみます。

EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM
最短撮影距離
0.25 m
最大撮影倍率
0.25 倍

に対して、

B005
最短撮影距離
0.29 m
最大撮影倍率
0.2 倍。
うーむ。。。クォーターは欲しかった。残念。私、マクロ系は好きなので、標準ズームレンズはまだ処分できませんねぇ。

大口径ズームレンズですから当然かもしれないのですが、意外に重いです。レンズが重いと思ったのは初めてかも。
Tokina AT-X 270 PRO など、金属とガラスのかたまりですが 重いと思った事はないのですが、この B005 はなぜだかとても重いと感じます。
タムロンの軽量高倍率ズームレンズに慣れきったせいかもしれません ^ ^;

ネガな事ばかり書いてしまいましたが、気に入りました。B005。

でもやっぱり、EOS Kiss X4 には重すぎる気が。。。

EF-S 24mm F2.8 STM でも買ってやらねばならないかもしれませんね。

« ミドルボディのフルサイズ / Nikon D600 | トップページ | ルドベキアの群生 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミドルボディのフルサイズ / Nikon D600 | トップページ | ルドベキアの群生 »