2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

無料ブログはココログ

« Canon EOS kiss Digital N を保護しました。 | トップページ | EOS Kiss Digital N を魔改造(爆) その 2 »

2018年9月20日 (木)

EOS Kiss Digital N を魔改造(爆) その1

EOS Kiss Digital N を魔改造(爆) その1

バッテリーグリップ BG-E3

を買ってやりました。
こいつは箱入りの中古品。なので、私が買った ジャンク本体 EOS Kiss Digital N よりも高価です。
こういう転倒現象は、ジャンク界では良くある事。楽しいですね。

BG-E3 は バッテリーグリップでもありますが、縦位置で 親指AF も使えます。
私は縦位置グリップマニアなので、ほとんどの DSLR ( デジタル一眼レフカメラ )
に縦位置グリップを買ってやっています。

バッテリーグリップ BG-E3 には、バッテリーパック NB-2LH を2個装着できる バッテリーマガジン
BGM-E3L

単三乾電池 6 本で本体を駆動できるマガジン
BGM-E3A
が付属しています。

今回は箱入りで両方が揃っているミントコンディションの個体をゲット。

さらに単三乾電池用マガジン BGM-E3A をもうひとつ追加で買ってやるという甘やかし様。( こちらはジャンクで 5 ドル )

これでバッテリー切れを完全回避だ。
スタジオフォトグラファー気取りで 1000 枚は軽くイケるでしょう(爆)

ファインダーには、

OLYMPUS マグニファイアー アイカップ EM-1

を装着。
EOS Kiss Digital シリーズは、ファインダー像が小さくて遠い。
マグニファイア EM-1 を使うと、ファインダー象が少し近づく。
拡大倍率は、約 1.2 倍。
オリンパス製品ですが、EOS Kiss シリーズには無改造でほぼ問題なく装着できます。保証はしませんが。
周辺は見辛くなりますが、三脚に載せて水平を正確に出して風景を撮る用には使わないので、私的には問題無い。
マグニファイアだからね。何かを求めて新たな事をする時にメリットが有ればデメリットもある。

その2 につづく

« Canon EOS kiss Digital N を保護しました。 | トップページ | EOS Kiss Digital N を魔改造(爆) その 2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/74239768

この記事へのトラックバック一覧です: EOS Kiss Digital N を魔改造(爆) その1:

« Canon EOS kiss Digital N を保護しました。 | トップページ | EOS Kiss Digital N を魔改造(爆) その 2 »