2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月23日 (日)

EOS Kiss Digital ( 初代 ) にバッテリーグリップを買ってやりました。/ EOS Kiss Digital

EOS Kiss Digital ( 初代 ) にバッテリーグリップを買ってやりました。/ EOS Kiss Digital


Canon EOS Kiss Digital ( 初代 )

22.7×15.1 ( 1.70 ) 型 CMOS
630 万画素
ノイズレシオ:4,587.301587
セルサイズ:7.314799089
発売:2003年09月
EOS 10D と同じ CMOS



BATTERY GRIP

BG-E1


---------


いまさらですが、キヤノン EOS Kiss Digital ( 初代 ) にバッテリーグリップを買ってやりました。

BP-511A のオマケとして付いてきた EOS Kiss Digital ( 初代 ) です。



バッテリーグリップを装着すると、やはり気分が上がりますね。

カメラ本体が銀ではなく黒だったら、もっと盛り上がるのでしょうが。



そのためにボディを買い換えたりしないぞ。絶体に。


 
 
 
   

2017年7月14日 (金)

スマートフォンのバッテリーを交換しました。

スマートフォンのバッテリーを交換しました。


正規品の横流し品。

---------

スマートフォンのバッテリーを交換しました。

気に入っているので、買い換えの必要性を感じなかった。機能的に全く不自由は無かったし。
しかし、最近は ワンオペレーションで電源が落ちるので、モバイルバッテリーと常に繋いでいるような状態。
別に壊れているワケではなく、リチウムイオンバッテリの劣化と、電源管理のバグだね。  これ。

スマートフォンの中のバッテリーは 相当に膨張しているのでは。と推測されます。
それはまだ良いのですが、焦げたり燃えたり爆発したりは さすがにマズいので。

正規のルートでメーカー送りにすべきなのですが、データを全部消されるようで、バックアップが必要だったり何かと面倒なので、自分でやっちゃいました。

結構な銘機だし、数も相当出ている機種なので、ウェブには情報もあり。で。


裏のカバーを開いてみると、トラップはガイドが無くても一目で解るくらい、分解は容易でした。

旧いカメラなんかは、逆ネジトラップがあったりするのですが、内部のネジは特殊ネジである以外には特に難しいところもなく。
ただ、コネクタが小さく、取り付けには少々難儀しました。良い鑷子が必要だね。
フレキのラインなんかはルーペで見てみると超極細で、スゴい技術なんだな と感じ入ります。



バッテリー換装後は至極快調で、

「スマートフォンって、こんなに便利だったのね。」と感動した次第。




次は 家族の分も、私がやっちゃう事にします。

今度は作業時間は半分で出来るでしょう。




勿論、自己責任の世界ですね。


 
 
 

2017年7月 8日 (土)

Lumix GX1 その2 / Panasonic Lumix DMC-GX1

Lumix GX1 その2 / Panasonic Lumix DMC-GX1

Panasonic Lumix DMC-GX1

( 2011年11月発売 )

---------

今度の旅に、どのカメラを持っていこうか 悩み中。

そんな中、

DMC-GX1-K エスプリブラック

がとんでもない価額で飛び込んできた。
比較的新しい ( ? ) ので
ISO 感度は 12800 まで。
そこそこ暗い店内でも、フラッシュを使わずに何とかなるレベル。
今度の食事会で使ってみよう。

---------

夜の食事会で使ってみた。まずは Panasonic お得意の iA で撮ってみた。
ほの暗い室内では会話している人物はそれなりに写り、
動きのあるギャルソンは良い感じにブレている。うまいセッティングだ。

ストロボもテストしてみた。
屋外の記念撮影は良好。おまかせ iA の調光もあってか、光量は充分。やや強いけど。
室内の直射はあまりにもキツすぎる。ストロボの調光はできるが、現場では調整できないので、これは課題として。
このフラッシュは、天バンが出来る。土壁と低めの黒天井で かなり難易度高し。
しかし、この条件でもまだ光量が圧倒的に多い。
FUJIFILM の i フラッシュ を知っていると、かなりキビシい評価になる。
フジの 高感度2枚撮り はかなり良いからねぇ。フラッシュあり なし の 2 枚とも どちらも使えるレベルですから。
Nikon の調光を担ってきた Panasonic のストロボとは思えない。担当部署が違うのかな。GX1 では 好みに調光できるハズだから許すけど。
それでも直射よりは良い結果だ。
他のお客さんのご迷惑になるので、ストロボは2枚だけ。
記念写真としてなら まぁ・・許す  か。許してもらえるかな?
吊しのままでは おまかせ iA にはまかせておけない ですがね。


天バン用に

METZ,MECABLITZ 50AF-1 digital

を持っていったが、「 取材 入ります。」的な 気合い入りすぎ になりそうなので、使用せず。
落ち着いた雰囲気の良いお店だったのでね。
セッティングの出ていないカメラでの撮影よりも食事を愉しみました。
お土産の 土鍋の炊き込み御飯のお握りは、家族の胃袋までガッチリ掴みました。
さすがは N さんですねぇ。
K さん デザインの建物も素敵でした。
今度は家族でお世話になります。

---------

レンズは

LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.

を以前から持っていたので、これで標準ズームレンズセットが出来上がった。

---------

見づらい写真で申し訳ないが、革のジャケットを着せている。

純正 本革ボディケース
DMW-CGBX1-K
である。たぶん。


カメラボディを確保した店とは別の店で見つけた。


ジャンク箱の革のボディケースを二つ三つ拾い上げてみたら、

Lumix G

とだけエンボス加工が見えた。
ボディはまだオフィスに置いてあるが、持って歩いてはいない。ボディに着けてみることはできない。
型番はどこにも入っていなかったが、
( ここらへんが Nikon とは違う。Nikon はすべてのアクセサリで型番を確認できる。
ゆえにジャンクになりにくく、値崩れしにくい。)
ボディ右舷のグリップの部分の握り心地は間違いないようだ。

仮に間違えていても、3 ドルならイタくない ^ ^



オフィスに戻って、ボディに装着してみた。ピッタリだった。

DMW-CGBX1-K に間違いないようだ。


ストラップは、オリジナルに似た感じの、社外の黒いものを 2 ドルで見つけた。



バッテリーチャージャーを別途取り寄せて、これで占めて 30 ドル程でおさまって、
ハイビジョンで動画も撮れるとは、世の中どうかしている。
( レンズを除く )

---------

一眼レフを振り回すより、こういうスタイルのカメラをさりげなく首からぶら下げている方が、都市の旅ではイケてる気がする。


相変わらすジャンクのヒキは強いが、そろそろ飽きてきたのか。というより、求めるものがなくなってきたのか。

ショップでも、お宝を発掘する気合いが入らない。
もう あの頃には戻れないのか。はたまたビョーキなのか。
いやいや。進んでも、戻ってもビョーキだ。

ならば、方向を転換してみよう。

では、
せっかく
AVCHD
のカメラを 3 台・・・ あ  5 台だった。。。 いつの間に(-_-;)
所有しているのだから、
そろそろ動画でも はじめてみるとしますか。



HD 対応のレンズが足りない。。。


 
 
 
 

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »