2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

無料ブログはココログ

« HANIMEX AUTOMATIC 135 / 2.8 その1 | トップページ | 翔べ!ガンダム / RX-78-2 »

2016年6月 5日 (日)

HANIMEX AUTOMATIC 135 / 2.8 その2

HANIMEX AUTOMATIC 135 / 2.8   その2

2016年06月05日初出
2016年06月08日訂正

ハニメックス オートマチック 135 mm  F 2.8
HANIMEX AUTOMATIC 135 mm  1: 2.8

M42 マウント


以前にも書きましたが、私はなぜだか オートマチック という語感に強く惹かれてしまうのです。

---------

ハニメックス オートマチック 135 / 2.8

M42 マウントです。

ハニメックスはリコーの傘下でしたが 2004 年に富士写真フイルムに売却されたようです。豪州の商社だそうで、日本ならさしずめ かつての OSAWA ( 大沢商会 )といったところでしょうか。
そういえば、OSAWA ブランドのズームレンズを1本持っていたハズですが、まだ試写もしないまま 保管庫の下の方に埋まってしまっています。MDマウントだったかな。


REVUENON なんかも近いパターンで、REVUENON といえば富岡ですね。

REVUE → CHINON → 富岡光学
という図式が成り立ちます。



このレンズの第一印象は、初めて見た感じではなく やや懐かしい感じ。

F 値 2.8 だけあって、135 mm 単焦点では一般的な 135 / 3.5 クラスと違って 口径が大きく 魅力的。キヤノン FD 135 / 2.5 を御存じならば、そのプロポーションがわかるかも。( と、例によってわかりにくい喩えだ。)

でも、135 mm は 要らないかなぁ と思って、一度はその場を離れたのですが、どうにも気になる。

鏡胴の肌質
橙色の使い方と色み。
意匠はヤシカ/コンタックスの ML や ヤシコン プラナー に連なっています。現物を見れば明らかです。
そして右開放右インフ とくれば、これはもう富岡光学製である と。
入手しておいて損はない と。

そこにあった ペンタックス に装着してファインダーを覗く。うーん 良い感じだ。


富岡と確定させるには、分解して内部構造まで検証するのがスジなのでしょうが、抜群のコンディションの健康体の分解は避けたい。

まぁ 富岡光学製で間違いない とここで断言してしまいます。


試写はこれからですが、とても楽しみですね。富岡なら、どのレンジでも破綻なく安心な画像を吐き出してくれるでしょう。


その前に、ヤシカ ML 3.5  35 / 2.8 の試写結果をアップしなくては。


つづく


   
   
   

« HANIMEX AUTOMATIC 135 / 2.8 その1 | トップページ | 翔べ!ガンダム / RX-78-2 »

10ドルカメラで遊ぶ」カテゴリの記事

Lens」カテゴリの記事

俺様の名レンズ,無差別級編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/65852630

この記事へのトラックバック一覧です: HANIMEX AUTOMATIC 135 / 2.8 その2:

« HANIMEX AUTOMATIC 135 / 2.8 その1 | トップページ | 翔べ!ガンダム / RX-78-2 »