2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« Nikon SB-15 / スピードライトの名作 SB-15 | トップページ | Nikon F4 + SB-15 / テスト:ニコン スピードライト SB-15 »

2016年1月27日 (水)

リトルニコン + SB-15 / Nikon EM + SB-15

リトルニコン + SB-15 / Nikon EM + SB-15


Nikon EM + SB-15

レンズは手近にあった E ZOOM 36-72/3.5

---------

スピードライト SB-15 を 銀塩リトルニコン Nikon EM に装着してみました。
なかなかよく似合います。


数多ある中古またはジャンクストロボがそのカメラで使えるか? は、接点を見ればざっくりなら判ります。

接点を全く持たない旧いカメラはここでは除外します。

中央のやや大きい接点:X接点(フラッシュ接点)がシャッターにストロボを同調させます。

ここでは Nikon SB-15 と 銀塩リトルニコン Nikon EM で示します。
SB-15 側のピンは、接続するカメラ側のシューを中心に俯瞰して、
中央にX接点、
1時
5時
7時
の方向に計4つ。


リトルニコン 側の接点は、

X接点を中央に、
5時
7時
の方向に計3つ。

ストロボ側のピンとカメラ側の接点が 1つ合わないので、完全には対応していない事が判ります。

この場合、中央の X接点と、5時、7時 の位置が一致するので、同じメーカー( Nikon - Nikon )なら一部の機能が使える可能性が高いです。


まぁ SB-15 が 外部調光式オートストロボ機能をもっているのは オモテの受光窓から判りますから、X接点を持ったカメラならシンクロコードを持ち出さなくても 何にでも使える事は明らか。


コントロールパネルのモード切替スイッチから、
A
MD
M
TTL
の 4 機能があり、TTL 調光対応なのが判ります。
MD は、モードラ対応でしょうね。


一方の リトルニコン は、TTL 調光機能を持っていませんので、外光式オートストロボとして組み合わせます。

コイツには、専用スピードライト SB-E があり、それを使えばそれなりのオート調光が可能な様ですが、バウンスが出来ないので、私的には興味がありません。
( 名刺などで簡易的なレフ板バウンスができますよ 的なツッコミはここでは無しで。工夫すれば色々出来ますが、なにぶん銀塩なので、現場での調整は場数を踏んだ経験と 賭け ですから。 )



接続して空シャッターで見る限り、外光オートは機能しているようです。

これで、ジャンクで 10 ドル は現時点( 2016 年 )では時価 といったところでしょうか。
程度の良い SB-15 はあまり多くはないですからまぁ お得なお買い物でしょう。
ワイドアダプター SW-6 が欠品ですから、マクロがテストできませんが、こちらはモノが見つかれば問題ないでしょう。


ちなみに、銀塩 Nikon のシューの接点は、

X接点:フラッシュ接点
1時:モニター接点
5時:TTL調光用接点
7時:レディライト用接点
です。


ここまで来ると、ジャンク SB-15 の TTL 調光はどうなんだろう と試してみたくなるのが、人情。

続く。


   
   
   

« Nikon SB-15 / スピードライトの名作 SB-15 | トップページ | Nikon F4 + SB-15 / テスト:ニコン スピードライト SB-15 »

10ドルカメラで遊ぶ」カテゴリの記事

Camera & Lens」カテゴリの記事

Speed Light」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/63662900

この記事へのトラックバック一覧です: リトルニコン + SB-15 / Nikon EM + SB-15:

« Nikon SB-15 / スピードライトの名作 SB-15 | トップページ | Nikon F4 + SB-15 / テスト:ニコン スピードライト SB-15 »