2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« リトル ニコン その3レンズ編 / Nikon E ZOOM 36-72/3.5 | トップページ | Panasonic PE-28S / 外部調光式オートストロボ »

2015年12月30日 (水)

リトル ニコン その4, ズームレンズお気楽セット / Nikon EM

リトル ニコン その4,  ズームレンズお気楽セット / Nikon EM


Nikon EM ( リトル ニコン )

1979年05月~

バッテリー:SR44 × 2 , LR44 × 2

---------

銀塩 リトル ニコン ズームレンズお気楽セット 完成です。

なかなか良い感じです。

こういった小型のカメラはお気に入りです。

気軽に持ち歩いて、サクサク撮るには 露出オートがお気楽で良いです。


カメラ女子にもお薦めできます。このカメラ自身も帰国子女の風情がありますから。

1979年海外発売
1980年国内発売
あの G.ジウジアーロ デザイン。
北米マーケット好みの仕様。よく売れたはずです。

ただ、初心者レベルを卒業した方にお薦めします。

露出オートは露出の勉強にはなりませんから。

判った上で、敢えての露出オート。敢えての 銀塩リトル ニコン という選択がカッコ良いと思います。


もっとも、ファインダー内に シャッタースピードが表示されるので、シャッタースピード優先で撮る事もできるのが この EM の強みです。
被写体を止めるのか、ブラすのか?
自由に選択できます。
さりげなく こういう事ができるのが、リトル ニコン の強みです。


まぁ カメラ女子って、そもそもカッコ良いですけどね。



レンズは 解像度より、たった2倍とはいえズームの利便性が時に勝ったりします。

パンケーキレンズの方が携帯には良いのでしょうが、単焦点レンズは人気があるようで、お気楽価格のものが見つかりませんでした。


オールドレンズは、特に単焦点レンズは 今後も需要は上がっていく気配ですね。( 2015年現在 )
タマ数制限がある上に、寿命を迎えたモノも多くなってきましたから。

---------

そうそう、これをカバンに放り込んで持ち歩くときは、ダイアルを M90 にしておくのが良いです。
ロック好きのニコンにしては珍しくロックが掛かりません。
巻き上げていなくても、大きめのレリーズボタンが押されると電源が入ってしまいます。

まぁ デキるカメラ女子は、予備のバッテリーを持ち歩いているハズですがね。

いやいや。M90 で事もなげに撮りきるかな。


試写編は次回。

それでは また。


   
   
   

« リトル ニコン その3レンズ編 / Nikon E ZOOM 36-72/3.5 | トップページ | Panasonic PE-28S / 外部調光式オートストロボ »

10ドルカメラで遊ぶ」カテゴリの記事

Camera & Lens」カテゴリの記事

コメント

新年おめでとうございます。

EMですか~。
メーターが指針式でしたっけ?
従妹が使っていたのを思い出します。
当時はズームは少々高くて、定番の50ミリ1.8を付けていましたねぇ。
マミヤ製?記憶が定かではありませんが・・・

明けましておめでとうございます。
コメント ありがとうございます。

そうなんです。メーターは FE と同じような指針式です。これがまた いいんですね。

当時はズームレンズの方が高価だったのですね。ご存知でしょうが、現在のジャンクカメラ界では単焦点の方が高価です。( 2016年現在 )
と いっても、私の立ち回り先では、一葉さん程度、あるいはプラス英世さん'S で収まりますから、お小遣い程度で気軽に楽しめます。
良い時代だ といって手放しに喜んでいられない気がします。

私は 35mm か 50/1.8 を探していますがね。

>マミヤ製
興味深いですねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/63219195

この記事へのトラックバック一覧です: リトル ニコン その4, ズームレンズお気楽セット / Nikon EM:

« リトル ニコン その3レンズ編 / Nikon E ZOOM 36-72/3.5 | トップページ | Panasonic PE-28S / 外部調光式オートストロボ »