2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月29日 (木)

リハビリ中。/ Canon T90 ジャンク品

リハビリ中。/ Canon T90 ジャンク品


なにやら オドロオドロしい画像ですが。。。

銀塩 キヤノン T90 です。


見捨てられた キヤノン FD マウントの最後の最高級品です。

さらに、なかなかに危険な、かなりの美品です。

エラーコード EEE を発している御老体に鞭打って、まだ働いてもらおう と、友人の処置室を借りてのリハビリ中です。

レリーズボタンにミラーは反応するのですが、縦走りメタルフォーカルプレーンシャッター膜が開きません。
ピクリとは反応しているので、完全死亡個体ではないようなのですが。

シャッターの単純なオイルの固着と判定して(願って?)、赤外線で暖めてのリハビリ。


調べてみると、Web にも暖めて完治したケースがあり、私の目論みも間違ってはいないか と。

しかし著変なし。

そうこうしているうちに、ミラーも動かなくなったりして、ますますジャンク度高し。
バイタルサインが危険なレベル。

外科手術はめんどうなので、なんとか整形外科レベルでなんとかしたい。

荒療治。2470 MHz の Micro wave 照射。

AF 補助光が光ったり、電磁レリーズが勝手に動いたり のショック療法。

まだ、よみがえらない。専用スピードライトは万全な状態で別室で待っているぞ!!

とはいえ、AED を使うと、本当に死亡してしまうし、モラルがそれを許しはしない。

液晶パネルは焼けやすいので、角度とパワーと時間に注意を払う。

全身で痙攣しながらも、バイタルサインが安定してきた。

再度、赤外線照射と、シャッターレリーズとバッテリーの脱着を執念で繰り返す。


安定してミラーが正しく反応し、シャッター膜はピクリとしか動かないところまで戻ってきた。



所詮はジャンクである。時間の無駄かもしれない。

暫く入院してもらう事にする。


   
   
   

2015年10月 6日 (火)

Nikon F4 のファインダー

Nikon F4 のファインダー

ファインダーです。

ニコンの銀塩フラッグシップ、 F4 のモノです。



折り合いのつくファインダーを見つけたので、拾ってきました。

今 持っているファインダーは小さな打痕あり、視度補整ダイアルに割れあり、液晶漏れ少々あり、というシロモノ。
とはいえ、使用には全く問題ないレベルですが、コレが着いていたので、ボディまるごと格安だったもよう。



やはり旗艦は素晴らしい。

ずっと F3 派だったのですが、F4 の機能とデザインにやられてしまいました。

F4 の現役当時のサブ機は F801 , F801s と聞いていましたが、両機を使ってみるに、この情報が正しくなかったと思うように。

F4 って、アシスタントがフイルムチェンジしながら、3~4台くらいを回して使うのが正しい使い方だったと思われます。
F4 のサブ機は F4 。

携帯に制限のあるときにはサブ機は F801  や F801s を選択するかもしれないけど、
でも、どちらも異常に重いです。

まぁ ケースバイケースでしょうけど。


ボディも転がっていたけど、やめときました。


 
   
   

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »