2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月29日 (木)

ニコマート FTn の整備完了 とペンタックス / Nikomat FTn

ニコマート FTn の整備完了 編集中 / Nikomat FTn


ニコマート FTn   Nikomat FTn ( 1967年~ )

巻き上げレバーが金属だけの初期型

アクセサリシューをつけています。あまりかっこ良くはありませんが。屋外で試写したので、室内でストロボつけてバウンスの予定。

軍幹部右側後方に打痕。ペンタ部前面左側に打痕。擦り傷多数。シャッター固着。巻き上げレバー固着。おまけにセルフタイマーも途中でひっかかっています。
誰かがなんとか動かそうとしてチャージしたのでしょう。



完全に不動状態。普通の人は絶対に手を出しません。それがまともな感覚です。

わたしは何度もスルーしていたのですが、いつもの店は価格を一向に下げる気配がありません。
私はこの店の実力を信頼していますので、チャチャッと手を入れれば復活するのでは。
ニコマートもおもしろいかも。
と、思ってしまいました。

中古カメラウィルス感染者は、目の前に購入するカメラが無いと、こんなカメラでもついふらふらと買ってしまいます。このウィルスは脳を侵してしまうようです。


整備がほぼ完了しました。結果として私的にはもっとも困難でした。

戻したセルフタイマーだけは二度と使わないでしょう。ハンザの機械式セルフタイマーがここで生かせますが、

過去記事1
過去記事2

このカメラでセルフタイマーを使う必要もないでしょうから。


------------



このカメラ、堂々と Nikon を名乗る事が出来ない不遇なカメラですが、裏には

ニコマート FTn の整備完了 編集中2 / Nikomat FTn

ちゃんと Nikon JAPAN と打刻があります。一応 親には認知してもらえたようです。


コパル製 縦走りメタルフォーカルプレーンシャッター。ニコンは本気でした。
整備してこのカメラの致命的な欠点が解りました。実はこのコパル製のシャッターが問題です。

定評のあるコパルスクェアのどこが問題なんだ と叱責されそうですが、ニコンの本気がアダとなっています。

ニコマート FTn の整備完了 編集中2 / Nikomat FTn

レンズは Nippon Kogaku NIKKOR - H  Auto  50mm F2 を装着。

Ai 改造してあります。このカメラには必要ありませんが。

非常に良く似合います。

Nikon のカメラとレンズでありながら、Nikomat と Nippon Kogaku の組み合わせが、元アンチニコン派の私にぴったりです。



ニコマート FTn の整備完了 編集中2 / Nikomat FTn

初期型の金属むき出しの巻き上げレバーは無骨ですが、操作感は抜群です。巻き上げ角も最高。
しかし、構えると唯一レリーズする時に必要以上に示指を立てないとレリーズしにくい。
カバーがジャマしており,シャッターレリーズボタンの背の低さが残念。
AR-9 を探しましょうかね。
AR-9 は製造終了しており,後継品AR-11を参考にしてください


軍幹部右側後方に打痕。日本の銀塩一眼レフカメラ史上最重量級のコイツは
ペンタシューを取り付けた状態で、落下事故にあったようです。
推測ですが、頭部から落下。頭の右側後方を強く打ちつけます。へこんで衝撃を吸収しながらも、しかしその衝撃はとても大きく、ペンタシューをも歪めます。ペンタ部直撃だったら不死身のコイツも即死だったかもしれません。
左おでこから2度目の落下。その際におでこにへこみと擦り傷をつけたようです。
おでこの多数の擦り傷が無残。


ペンタシューは、のちに 同じ店の違う籠から発見されました。「歪みあり」の注意書きあり。
購入して取り付けてみると、傷がピタリと一致します。

この時に、ジャンクカメラのパーツはバラバラに販売され、収益を上げる事に寄与している事を理解しました。

ボディよりアクセサリの方が高価だったりして。
ボディは撒き餌なんですね。

--------------

さて,整備に取り掛かる.
まずは手始めに底蓋を外してみる.
ここだけでシャッターが落ちれば良いのだが,そうは簡単ではなかった.

ここから眺める景色は,ニコマートの製品の質の高さを見せつけるものだった.
ニコンは本気であったようだ.


セルフタイマーは機械式時計の応用である.
機械式時計の歴史は古く,使用するパーツの経年変化,耐用年数などはすでに確立した部門である.

機械式クラシックカメラの構造の多くは,( 光学系以外は )機械式時計と共通の概念で結ばれている.
日本の機械式カメラのパーツの多くにセイコーやシチズンなどの機械式時計製造メーカーの製品が多く使われていたのはそのためである.
歯車を使って力を変換させる作業はお手の物である.ただし,力の大きさが随分違うので,苦労は多かったであろう.

機械式カメラはメンテナンスにより,パーツの欠損が無ければ ほぼ半永久的に使用可能である.
パーツの欠損があっても,技術者の手にかかればその再生ですらそれほど難しい事ではない.ただし,引き受けてくれるかどうかは別.



まずは,セルフタイマーのギアを忍耐強く 強制的に回して初期の位置に戻した.
レリーズボタンは固着したままだ.セルフタイマーはレリーズボタンの固着に関与していない.

天蓋を開ける事にする.
先達の案内が役に立つ.感謝だ.
ちなみに私は 「 カニ目回し 」 を持っていない.が手持ちのオーソドックスな道具を工夫すればカニ目などはそれほど難しい障壁ではない.
巻き上げレバーのカニ目が異常に固く,一度目は滑って擦り傷をつけたが,アンダーカバーなので問題なかった.元に戻せば外からは見えない.ちなみにこの時に,使われているパーツが尋常ではない硬度である事を知った.現在の,(どのくらいか知らないが)想定耐用年数ギリギリのチャチなパーツとは設計思想が桁違いだ.
こういったものの積み重ねがニコマートを重量級のカメラに仕立てている.
ニコンは耐久性のテストをニコマートブランドで行ったのだろう.
その後のニコンブランドのカメラはこれらよりも軽量だろう.



巻き止め機構と対面する.
レリーズボタンは巻き止め機構によりロックされている.これは正しい解答だ.
巻き上げが完了するまでシャッターは絶対に下りてはいけない.フイルムのコマ送りがずれるから.

シャッターが下りないと,巻き上げは当然できない.
大抵はどちらか一方の問題だ.


巻き止め機構をよく観察して,軽微に注油しながらマイナスドライバーでシャッターを落とす事に成功する.
レバーでチャージしたパワーを開放しているのはコレなのね.写真は撮ってないです.本業の休憩中に作業しているので余裕がないので.

レリーズボタンは,撮影者の指のパワーをここにシフトさせているだけなのだね.

世の中は変換で成り立っている.


ニコマートのレリーズボタンは背が低く,シャッターを切りにくい.
その理由がここにあるのかもしれない.
背が高いと横方向に力が逃げる.レリーズ感がスポイルされる.
ニコンの初期のカメラは構えてレリーズする時の指の位置がどうもしっくりこない.


巻き上げが成功する.したがってレリーズボタンでシャッターは落ちるはずである.
巻き上げて,今度はレリーズボタンでシャッターを落とす.
成功である.

渋さが残っているので,適度な注油と繰り返しの空シャッターと,保管時の角度(オイルの流れる角度)に配慮して,復活した.

書くと簡単だが,実に苦労した.フロントカバーを外すと大がかりになるので,何としてもトップカバーでとどめておきたかった.
ひるがえして考えると,機械式カメラの多くは,あまり分解しなくても復活させることが可能なのではないだろうか.



ニコマート FTn の整備完了 編集中2 / Nikomat FTn

結果報告:

このニコマート FTn は,巻き止め機構の油膜切れがシャッター不動,巻き上げレバー不動のきっかけとなっていた.



所感:

ニコンのカメラは妥協なき思想の産物である

しかしながら,自社ではかなわぬ性能を他社に求めて寄せ集めた結果,高度なユニット間のインターフェイスが問題を起こすようだ.レリーズの時の指の位置の違和感もここからくるのだろうと想像する.ここも詰め切れなかった問題なのであろう.
ニコマートは不死身のカメラであるが,問題が起きないわけではない.
のちに ニコンは自社シャッターを使った名機を生み出しているとどこかで見た.

比較検体が少ないが,誤解を恐れずに言うならば,ペンタックスのカメラはその意味では完璧である.
ペンタックスのカメラは,天才が一人で設計したカメラである.

( 「 天才 」は 「 天才たち 」、 「 一人 」は 「 異体同心の一群 」 と読み替えてください。 )


ブガッティ という旧い車がある.名車である.ブガッティ とはひとりの天才設計者の名前である.彼は螺子の強度計算を行わずに正確に必要な強度の螺子を指定したという逸話を持っている.

いつものように比喩がむしろわかりにくくて恐縮だが,ペンタックスのカメラは全体がひとつによくまとまっている.破綻するところがない.

ニコマート系  と ペンタックスS系 のどちらが高級か?
と尋ねられれば,多くは ニコマート と答えるだろう.

ではどちらが使いやすいか?
と問われたなら,多くは ペンタックス と答えるだろう.



謝意:

複数のサイトの画像に助けられた.マップとして役立った.内部イメージが容易だった.
結果として,面倒なフロントカバー外しの作業を回避できた.
グッタペルカの張り替えなど,想像しただけでぞっとする.
多くの先達に感謝する.







ニコマート FTn の整備完了 編集中2 / Nikomat FTn




ニコマート FTn   Nikomat FTn ( 1967年~ )        29ドル
アクセサリシュー                                             0.5ドル

   
   
   
   

2015年1月21日 (水)

PENTAX SP / 10ドルカメラで遊ぶ

PENTAX SP / 10ドルカメラで遊ぶ

ペンタックス SP ( 1964年~ )

Super - Takumar 55/1.8 をつけています。


ペンタックス S シリーズ中、最も売れた と聞いています。



私がこれを保護したのは、オリンパス XA を掘り出したあのリサイクルショップ。



棚に積み上げてあった一番上には、先日記念撮影して処分したこの皮革ケースに入った謎のカメラ。
その下にはオリジナルのケースに入ったレンズの一式セットらしきもの。
下のほうに埋もれていたのが オリンパス XA でした。

いきなり私のストライクゾーンに入ってきました。

はやる気持ちを抑えつつ、冷静を装い、
私は女将に許可を得て、カメラをケースから出してみます。


夕刻だったのも手伝って 薄暗い店内の雰囲気では、あの恐ろしいカビにやられている可能性が高いが、どこまで見切れるか。

おそるおそる開いてみると、 ペンタックス SP でした。
時代的には Super - Takumar がついているハズですが、私が所望していたレンズ Super - Multi - Corting Takumar  35mm をつけています。これは期待が持てます。ストライクゾーン ど真ん中です。

パッと見は、まあまあの上モノです。薄暗い店内での目視レベルだけれど。
巻き上げ可能、シャッターは正常に切れます。高速側ではね。
スローシャッターではミラーアップして停止。高速に切り替えてシャッターを切るとミラーダウンします。想定内です。

レンズのピント環、絞り環の動きは問題なし。

クルクルとレンズを外してみたり。


次は オリジナルの革の収納ケースに入っているレンズセットらしきものの確認です。

専用レンズケースに入ったレンズが2本とフラッシュ。ケース入りフィルター。
その一つ目を顔から離して おそるおそる開けて見ます。

黒いつぶつぶが大量にこぼれ落ちます。おそらくこれはカビです。緑のカビも。
絶望的です。。。

ここは冷静にも、女将によく見えるように開封しています。


こちらは Super - Multi - Corting Takumar  50mm です。残念です。

が、几帳面なこのカメラの元オーナーはレンズフロントとリアキャップとフィルタもつけています。
フィルタ内部はセイフティゾーンになっているようにみえます。
わずかな希望が見えます。



実は、店を出てから明るいところで確認するのですが、カビはこのケースで発生しており、フロントとリアキャップとフィルタに守られて、レンズはかなり綺麗な状態でした。
このままでも撮影にはほとんど影響はないでしょう。ジャンクレンズとしては極上。
とはいえ、中古レンズ取引の現場では、カビ玉の注釈付、厳しい店舗ではジャンク品扱いでしょう。


3本目は単焦点 Super - Takumar 135mm にフィルタとオリジナル金属フード付き。こちらはその店内レベルではカビはみられません。


ストロボはケース入りでナショナル製。


これは保護しないワケにはいきません。値段交渉に入りますが、以前に書いた通り、値段の設定が出来ていません。

店の主人は決定権を持っていません。


私のカメラの扱いをみていた女将は、

「 お客さんなら、いくらくらいの値段をつけるの? 」

と聞いてきた。


私は迷った。私はブラックな商売人ではないが、ブラックな私が顔を出そうとする。

まずは オリンパス XA は 10ドルでいかがだろうかとうかがう。専用フラッシュは装着したまま外さないところがポイントだ。
これの程度の良いものが 150 ドルくらいでショーケースにおさまっているのを最近見ている。

「では、これは○○、これは△△、・・・・・・・。」

とテキパキとやってみた。妥当なところだろう。動作確認ができない旧いフイルムカメラの価格である。

たまたま立ち寄ったら面白そうなモノがあったので、お小遣い程度なら購入しようという場面を演出してみた。
売る気がないならこちらは別に構わないが 的な感じに私はシフトしている。

女将はこの機会に売ってしまいたいようだった。


私は、カメラ本体がスローシャッターでミラーアップしているので調整が必要である点
レンズはご覧の通りカビにやられているので、やはりクリーニングが必要である点
をご指摘した。

ペンタックス SPは10ドル、レンズはそれぞれ5ドルでどうかと伺ってみた。


これはその後に入手したペンタシュー と

PENTAX SP / 10ドルカメラで遊ぶ

バッテリーは LR41
水道管用のゴムパッキンでサイズを調整して、露出計の動作確認。



このカメラは本当に頑丈である。こういうカメラを本当の名機というのではないだろうか。

ちなみにスローシャッターのミラーアップは、空シャッターの繰り返しで現在は元気に完全に動作している。ジャンクカメラではあるだろうが、私はネジ1本も外してはいない。

これで、ペンタックスSシリーズの
露出計なし → 絞り込み測光 → 開放測光
の歴史をすべて体験できる。




オリンパス XA
専用Electronic Flash A11

ペンタックス SP
Super - Multi - Corting Takumar  55mm
Super - Multi - Corting Takumar  35mm
Super - Takumar   135mm
社外フィルタ×3
オリジナル金属フード×2
オリジナルレンズフロント+リアキャップ×2セット
ストロボ ( ナショナル製 )

全部まとめて                                       30ドル

   
   
   

2015年1月18日 (日)

ヤシカ エレクトロ35 GX / 10ドルカメラで遊ぶ

編集中 / エレクトロ35 GX

ヤシカ エレクトロ 35 GX ブラックボディ    YASHICA ELECTRO 35 GX ( 1975年~ )

絞り優先AEカメラ。レンジファインダー機です。プロカメラマン気取りのできるカメラです。


ジャンク籠から保護してきました。


レンズは COLOR-YASHINON DX 40mm 1:1.7

やや広角寄り 40mm の、解放F値が 1.7 という明るいレンズです。明るいレンズは好みです。

この記事のコメントにあるように大上段に振り上げた刀の落としどころがこういう結果に。


あくまで自己判断ですが、中古カメラウィルス感染症初期の急性期のごく当たり前の症状のようです。

---------------

かつて、ヤシカのTVCMにこういうのがありました。

シーンは夏のビーチ。水着の美女。
チェアに寝そべっている男の頭に椰子の実が落ちてきます。

ポカっ。


見上げる男のセリフは、

「 ヤシ  か。。。」


・ ・ ・ みごとにダジャレで決めます。


「ヤシカ」ブランドのイメージはこのTVCMがよくあらわしています。ダサいです。


とはいえ、演じる俳優は 杉浦直樹 氏
悪役、2枚目、天性の明るさと優しさから 2枚目半 まで広く演じた一流どころです。

ビーチの水着ガールは なんと 麻田奈美 嬢 でありました。
( ここで反応した者は、あとで職員室に来なさい。 )



さて、エレクトロ 35 GX
先行している ミノルタ ハイマチック に負けないスペックを誇ります。

編集中 / エレクトロ35 GX

焦点距離 40 mm
開放F値 1.7

絞りを自分で決めて、ピントを合わせてシャッターを切ります。
素晴らしいです。試写が楽しみです。モルトが傷んでいるので、張り替えてからです。


持ち帰ってさっそくバッテリーを入れてみます。保護する時に、バッテリーケースの蓋を見てピンときました。アレとそっくりです。
開けてみると使用バッテリが何だか判ります。もうそんな身体になっていました。
水銀電池 HM-N(NR52) × 2 仕様なので、代替えに LR44 × 2 を使用します。
ミノルタ HI-MATIC E ( 実は持っています。 )で体験済なので簡単です。
LR44 はサイズが約半分なので、一方は通電さえしていれば良いのです。
アルミフォイルで隙間をフォローします。死亡個体かもしれないので、この段階ではテキトーです。
実際にやってみるとやや接触が怪しいです。
この個体しか知りませんが、バッテリーケースの精度は ミノルタ ハイマチック E の方が造作精度が高いようです。
若干の液漏れ痕が確認されます。面倒な事にならなければ良いのですが。

導通確認しました。生きていました。

スローシャッターと露出オーバー警告のランプが暗いくやや不安定です。
バッテリーチェッカーランプは2~3度点灯確認できましたが、その後は点きません。切れてしまったかもしれません。
年代物なので、LEDではなく、当然ムギ球です。

バッテリはテキトーに導通させていますが、露出計は確実に作動しているようです。
シャッタースピードは確実に反応しています。



この エレクトロ 35 GX には4つの特徴があります。

開放F値 1.7 の明るいレンズ(前記)
光センサー
ノーファインダー撮影可能
COPAL シャッターの信頼性


では、センサー。

エレクトロ35 センサー

ここがセンサー。
物事の順位が逆ですが、一眼レフのようにTTL測光ではありません。
時代的には CDS ではなく、SBC(シリコン受光素子)センサーでしょう。
タコの目のようにみえます。
これは絞り解放時。絞り環を回すとセンサ前のアパチャーの広さが変わります。
絞っていくと、タコの目が徐々に細くなり、ピンホールに変化していきます。
何度も実験で検証していくさまが目に浮かびます。
これで確実に測光しています。
ここがウリだったようです。

一つ目小僧みたいであまり好みではなかったのですが、最近、
マクロ撮影時に受光素子をレンズ付近にクリップする高性能なオートストロボを入手したので、この位置の受光素子に寛容になりました。

バッテリからの導通はやや不安定ですが、露出は確実なようです。

スローシャッター時に、シャッターを閉じる前に、「 キュィーン 」 という ストロボのチャージ音に似た音を出すのが可愛いです。

今は 動作確認の空シャッターを切りながら、どのようなシーケンスなのかを感じ取る作業中。この工程がまた愉しい。



エレクトロ35 ノーファインダー

GX のロゴの下、ホットシューの右側に2つの丸い穴が。
上段の左矢印がスローシャッター警告。絞りを左に回せ という指示を兼ねています。
下段の右矢印が露出オーバー警告。絞りを右に回せ という指示を兼ねています。

距離目測で露出計のフォローでノーファインダー撮影が可能です。
実にプロっぽい。


プロカメラマンの特徴の1つに、

ファインダーを覗いた瞬間にシャッターを切る

というのがあります。
ファインダーを覗きながら長々と露出やピント調節をしていると、アマチュア丸出しに見えるワケです。

この エレクトロ35 GX は、軍幹部を上から見ながら設定して、
ファインダーを覗いた刹那にシャッターを切る というプロっぽい仕草が可能なカメラです。

なかなか洒落てます。



ライバル機 ミノルタ ハイマチック E に対抗してか、シャッターはコパル製。
分解しなくても解ります。レンズ鏡胴下方に刻んであります。
( 写真を撮り忘れました。 )


実際に手にしてみるとなかなか良いカメラに思えます。





YASHICA ELECTRO 35 GX ( 1975年~ )  10ドル


   
   
   

 

2015年1月14日 (水)

ペリカン スーベレーン M400 ボルドー軸 / Pelikan Souveran M400 Fountain Pen - Red Striated


ペリカン

引き出して開けると、取扱説明書

天環の写真がシルバーに見えますが、実際には上品なゴールドです。





ペリカン

取説の下には Pelikan のロゴ入りペンケース。



その中身は、




ペリカン

M400 ボルドー軸

Pelikan Souveran M400 Fountain Pen - Red Striated


天環はゴールドに変更されています。私の緑軸は黒ベースが入っていますが。

ヒナは1羽。



そしてそのペン先は、

ペリカン

中字  Medium

バイカラーです。見慣れた景色です。安定感がありますね。



ペリカン


スーベレーン M400 中字 が2本揃いました。



今回は遅れ馳せながら私の同志であり相棒である細君の万年筆。

本当は、彼女にスーベレーンの緑軸を勧めたのは私で、彼女が先に緑軸を購入するはずでした。
行きがかり上、私が先に緑軸オーナーになってしまいましたが、長年の念願をついに果たしました。お揃いです。



購入したのは、5年前に私が1時間半もかけて緑軸を購入した同じあのお店です。

購入の顛末はこちら ↓
http://hagy-box.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-a8ec.html


たびたび訪れるそのお店には、今回も一緒に行きましたよ。



光栄にも初回のインク吸入を仰せつかったので、筆おろしをさせてもらいました。
ペン先の滑らかさはさすがのスーベレーンですが、意外な事に これがなんとも書き難い。

まぁ 初めはこんなものかと思っていたのですが、細君は 「 すごく書きやすい!!」 との事。
見事に美しい 線 を紡ぎだしてみせました。 うむむ。私に才能が無いのかも。
ためしに、私が5年間育てた愛用の緑軸で書いてもらったら、とても書き難いそうです。


いやはや 万年筆は難しい。。。


そして愉しい。


 
   
   
   

2015年1月13日 (火)

ペリカンを久しぶりに その2

ペリカンを久しぶりに

箱です。


なかなか素敵なデザインに変わっています。


   
   
   

2015年1月12日 (月)

ペリカンを久しぶりに

ペリカンを久しぶりに

久しぶりのペリカンです。

まずは外箱から。



   
   
    
   

2015年1月 9日 (金)

Canon EOS 55 / 10ドルカメラで遊ぶ

Canon EOS 55 / 10ドルカメラで遊ぶ

銀塩の EOS 55 ( 1995年~ )

バッテリーパックを装着。
これで縦位置シャッターも使えて、周囲を威圧する雰囲気を醸し出せます。


キヤノンのレンズを持っていなかったので、近くに転がっていた タムロンをつけています

ニコンのみならず、アンチキヤノンでもありまして。

---------

この 銀塩の EOS 55 ブラックを、デザインも含めて非常に気に入っています。


ジャンク棚に置かれていた時にはバッテリーの 2CR5 が入っていたのですが、不動でした。


私は、全体の雰囲気と、裏蓋を開けたらとても綺麗だったので、完動品である方に賭けました。
( たかだか 5 ドルでしたが。 )


バッテリーの 2CR5 の方が高価だし、もしも賭けに破れればバッテリーも他に使い道がないので、全てがムダになります。


後日、同じ店にバッテリーパックを探しに行きました。別の籠で見た気が。
それがあれば、有りものの単3乾電池4本で動きます。



ジャンクカメラは、機体が安価なのですが、付属のアクセサリーをバラバラにして販売している事が多く、キャップやらなにやらを寄せ集めると、トータルでは結構なお値段になります。
(といっても、当時の何十分の1でしょうか。)



キヤノンの銀塩は、これ一台で充分な気がしています。かなりの美品です。


もっとも、当然、銀塩の EOS Kiss もすでに持っていますが。



比較検証のためか、はたまた、中古カメラウィルス感染症か?





Canon EOS 55          5 ドル
バッテリーパック        5 ドル
取説                      1 ドル
タムロン 177D        10  ドル

   
   
   
   

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »