2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月25日 (日)

ヒカリビキ? / 世界一わかりやすい カメラ ミエ講座 第9回

ヒカリビキ?  / 世界一わかりやすい カメラ ミエ講座 第9回


とあるカメラ店。

客の 稔田さん と若き女性店員 千代田嬢 との会話。


試写したフィルムを現像に出す 稔田さん。 敢えて日差しの強い日を選んでフィルム1本を試写していた。


稔田さん
  「中古のボディを手に入れたので試写したんです。同時プリントで、補正はかけないでお願いします。」

店員の千代田嬢
  「わかりました。CD に焼きますか? 今なら無料キャンペーン中ですが。」

稔田
  「試写だから要らないです。」


というわけで、預けると当日に仕上がる。  今どきは速いねぇ。

受け取りに行き、出来上がりを自宅でじっくりと見るのが楽しみな稔田さん。
自分のネガと写真に間違いないかは一瞥すればわかるが、出来上がりが気になり その場で数枚ペラペラと見てみる。
数枚に何やら変色したかのように色の薄いところがあるではないか。


稔田
  「これは なんでしょうか?」

千代田嬢
  「拝見します。・・・これは ヒカリビキ ではないでしょうか。」

稔田
  「ヒカリビキ?」


まだ20代であろうと思われる女性店員さん。ずいぶんと旧い言い回しでは。

ヒカリビキ、光線引き、ひかり漏れ、光線漏れ。
と列挙するとおわかりになるだろうか。
フィルムに何らかの光が当たって一部が露光してしまう状態を指す。



千代田嬢
  「失礼ですが、フイルムを拝借できますか。」

と 千代田嬢。受けとったフィルムを光源にかざしてみる。


千代田
  「・・・・これは、フイルムを装填するときに光が入ったのではないでしょうか。」

稔田
  「パトローネから光が入った と?」

千代田嬢
  「フイルムを拝見する限りでは そのように見受けられます。」

稔田
「室内だったんだけどなぁ・・」



稔田さん、明るく振る舞いながらも動揺を隠せない。少し落ち着きを取り戻しながらの帰路にて自問自答。


そんな初歩的なミスを・・・・。

いやいや。X-700 の光線漏れよりはマシだ。

光線漏れだったらモルト張り替えか。

折角のローコスト作戦だ。自分でやってみっか。

今どきはネットに情報があるハズだ。

流石のあの店でも張り替え用のモルトは見かけなかったしなぁ。

いやいや、聞いてみたらあったかもしれない。。。

でも まぁ 原因を究明してからでも遅くないし。。。



自宅に戻った 稔田さん。気を静めてフィルムを光にかざしてみる。

・露光部位は右から左に流れている。
・右端 1/5 から起こっている。
・露光は右端がシャープな縦ライン。
・左にゆくほど、甘くなっている。
・数枚おきに起こっている。
・ほとんど同じ位置で起こっている。
・撮影枚数が進むほど光漏れの露光は少なくなっている。
・撮影状況から、必ずしも光の強い条件と一致していないようだ。が、光の角度までは記憶していない。

ミノルタ X-700 の裏蓋を開けてみる。

モルトは一部が崩れてはいるが、場所が一致しない。


光漏れは撮影時に起こるとは限らない。

続く。


  
  
  

2013年8月22日 (木)

ミノルタ 単焦点レンズ / Minolta MC W.ROKKOR-SG 1:3.5 f=28mm

ミノルタ 単焦点レンズ / Minolta MC W.ROKKOR-SG 1:3.5 f=28mm
ミノルタ 単焦点レンズ / Minolta MC W.ROKKOR-SG 1:3.5 f=28mm


チャームポイントのピントリングがよくわからないダメダメな写真ですが。


ミノルタ 単焦点レンズ

MC W.ROKKOR-SG  1 : 3.5   f=28mm   Φ55


標記が独特ですね。


F値が 3.5 と、やや暗めです。

「SG」からレンズ構成が 7群7枚 とわかります。

これはフィルタ径 55mm の第2世代。



またしてもジャンク品扱い。

といっても、過日 スーパーバイザー様からご指摘があったように、ショップでは もはやハケない商品をジャンク扱いにしている模様。

なので程度は悪くなさそう。


保存状態にもよりますが、レンズに施してあるコーティングがそろそろ限界に近付いている世代。
あと何年くらいでしょう。


まぁ コーティングがダメになってきても、それはそういう写真ですから、個人的には全く問題ないですが。


詳細はまだ見ていないですが、目視では全く問題ない感じです。
試写もまだこれから。




ピントリングが金属製で、デザインもオールドレンズらしい格好の良さです。


持ってないけど ミノルタ SRT-101 に着けたい。


SRT-101 って、web でみるより実物をみたほうが数段格好良いのですよ。



さて このレンズ。28mm と広角ですが、最短0.6m なのであまり寄れません。

前にも書きましたが、広角レンズの特徴を生かすなら「寄ってナンボ」の世界ですが、当時の技術的なモノもあったりで。

レンズの使い方は自由ですが。


そんな感じなので、35mm フイルムカメラの Minolta X-700 ならスナップ用に。

マイクロフォーサーズのミラーレス一眼の Panasonic G2 なら焦点距離は2倍ですから、標準画角のレンズとして活躍してもらう予定。
面白さではこちらかな。



特段珍しいレンズではなく、タマ数が多いようで、web でよく見かけます。



一番問題なのは、レンズの前玉を伏せて置いてあったのでマウントしか見えないワケですが、間違いなくミノルタ SR マウントだと判ってしまうような身体になってしまった私自身  でしょうか。


   
   
   

2013年8月 4日 (日)

Panasonic Lumix G2 インプレッション

Panasonic Lumix G2 インプレッション

2013年08月04日初出
2014年08月27日訂正


京都の地ビールと Lumix G2


・・・見てくれは やはり NMD 28mm を着けている方が良いねぇ。

-------------------------

Lumix G2 のインプレッションなどいまさらな感じですが、思いつくままに列挙。

-------------------------


今回は旅のお伴に連れていくので、標準ズームレンズ 鏡胴の短い電動ズームレンズを用意した。

「 写真旅行 」ではないので、レンズはこの一本だけにした。
ちなみにこのレンズを使用するのは今回が初めてだ。
今回の一連のカメラとレンズのなかで、これが最も高価な買い物となった。



● 起動は充分に速い。

いかにも観光っぽく くびからぶら下げておいて、電源オン で ファインダー越しに構えて そのままシャッターを切れる。
全く問題ない。



● レンズのF値は3.5だがなかなかに良く写る。

私は室内でも極力ストロボは炊かない。シャッタースピードは当然遅くなるので、O.I.S (手ブレ補正)のサポートも効いているようだ。



● 露出は iA モードだけでなく、カメラ任せで大丈夫だ。



● バッテリーのモチは私には充分だ。

今回は100枚 / 1日 位。全てファインダー EVF のみで、ライブビューファインダー LVF は撮影時はほとんど使わなかった。
バッテリーのシンボルは1日では少しも減らなかった。

とはいえ、予備のバッテリは必須であろう。純正で用意しておこう。



今回の基本設定は、

● 咄嗟の一枚のために、おまかせ iA ボタンを オン にしておく。
・・・このボタンを独立させたのは Panasonic の賢明な判断だと思う。

● 測光切換ダイアルは 顔認識 にしておく。
・・・軍艦部 左舷に
AF (オートフォーカス) MF (マニュアルフォーカス)切換 と
測光切換ダイアル が集中しているのも判りやすく使いやすい。
ちなみに今回はほとんどの場面で 敢えて 測光ダイアルを 顔認識 のままで使用した。
難しい条件下でなければオートフォーカスは狙いをあまり外さない。
全く使い物にならない写真は一枚もなかった。

● フォーカスダイアルは AFS (オートフォーカスシングル. 連写の時に一枚目にピントを固定する)にしておく。

結局、今回は連写は使わなかった。


-------------------------



G2 の オートフォーカス.コントラストAF だが驚くべき速さだ。
充分だね。


今なら現行モデルは G6 まで進化しており、派生モデル(といっても こちらが上位モデル。)も進化している。おそらくもっと速いのだろう。



このクラスのこの価格では充分な性能だろう。むしろ安過ぎるといっても良いくらいだ。


フルサイズ機まで見上げたなら、その価格は現行 G6 の10倍以上にもなる。

フルサイズ機の画質が必要なら 35mm フィルムの ミノルタ X-700 で充分に対抗できる。



ちなみに マイクロフォーサーズ規格の G2 だが、APS 規格などにガタガタ言われる筋合いはない。

クラス違いで性能云々など滑稽で馬鹿げたハナシだ。



EVF (電子ビューファインダー.本機では LCD と呼ぶらしい )は光学式と比べてどうのこうのという御仁がいるが、こちらもお門違いだ。

ピント拡大機能は大きなメリットだし、画像素子がレンズ越しに光をどのようにとらえているかを良く伝えている。
シャッターチャンスを逃しているのはユーザーの責任転嫁であろう。
そもそも、一眼レフは決定的瞬間を見ているハズがない。

開発者はもとより、EVF を早い段階で高く評価した人に賛辞を送りたい。



このくらいコンパクトになると、収納時にファインダーの後方への出っぱりが少々気になるが、非常に出来の良いカメラだ。


  
   
   

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »