2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月27日 (木)

発見、救出 / MD ROKKOR 単焦点レンズ 50mm F1.7

2013年06月27日初出
2013年06月30日訂正(タイトルと本文)と写真サイズ変更


発見、救出 / MD ROKKOR 単焦点レンズ 50mm F-1.7


ミノルタの単焦点レンズ

MD ROKKOR 50mm F-1.7 F1.7

どうやら前期型のようです。

大口径レンズは良いですね。

-------------------------

とある カメラ店のジャンクコーナーで発見し、救出しました。

タマ数が多かったとはいえ、今では貴重なレンズでしょう。

特に探し求めていたわけではありませんが、あまりに不憫でそのまま捨て置く事はできませんでした。





つまみ上げて我が目を疑いました。
使用感はあるものの、特に問題点が見当たりません。

・・・・まさか、あのカメラ店がこれを見落とすとは。
ショーケースに入れればもっと高く売れたものを。


こういう嬉しい誤算は大歓迎だ。


持ち帰ってよく調べてみます。


   
   
   

2013年6月25日 (火)

世界一わかりやすい カメラ ミエ講座 第6回【絞り開放】.50mm F 1.4 の絞り値 / minolta MD 50/1.4

2013年06月25日初出
2013年06月30日リンク作成


世界一わかりやすい カメラ ミエ講座 第6回【絞り開放】.50mm F 1.4 の絞り値 / minolta MD 50/1.4

ミノルタ 単焦点レンズ

MD ROKKOR 50mm F 1.4 後期型

-------------------------


カメラのマニュアル操作のもっとも地味でもっとも肝心な部分  それが 絞り。

絞り値。というだけで避けて通っているとせっかくの一眼レフカメラで見栄を張れません。


一番手前の 絞りリングに刻んである数値の列がそれです。

ミノルタのレンズは 左から右に数値が大きくなります。これはメーカーによって右回りだったり 左回りだったりと統一されていません。
こういうところを巧みに利用しない手はありません。

操作に戸惑ったら、「絞りリングがいつもと逆なのでね。」
と周囲に聞こえるようにつぶやきましょう。


-------------------------


この F 1.4 のレンズが 絞り値の数値としては理論的にもっとも理解しやすい並び方で 基本型です。


・理解を深めたい方

過去記事の 番外編 を参照してください。番外編リンク



・マニュアル操作はできるようになりたいけど面倒だ と思われる方

下の数値を丸暗記しましょう。
ま、そのうち慣れますが。


下の2列を交互に進みます。それぞれの列は左の数値の 2倍 になっています。

絞り値は【 比 】なので、単位はありません。

読みは「一段(いちだん)絞る。」「一段開ける。」などと読むのが一般的かと思われます。

1.4 → 2.8 → 5.6 → 11
( 1 ) → 2 → 4 → 8 → 16

ちなみに,真ん中は 5.6 というのがお約束。


書き換えると,

開放,開く,明るい ← → 暗い,絞る.
1.4 → 2 → 2.8 → 4 → 5.6 → 8 → 11 → 16

と なります。

【 絞り開放 】:
1番小さな数値
であり
1番明るい状態

 

と なります。


-------------------------


今回の台詞

「このレンズは、絞り開放より 1段絞った方がコントラストが良いね。」

という風に言い放ちます。

どうせ L版以上の大きさにプリントしなければ誰にも判りっこありません。
フィルムカメラは即時画像をチェックできませんから、こういう時には便利です。


-------------------------


今日の予習

絞りを一段絞ったら、シャッタースピードを一段遅くする。


   


   


    

2013年6月22日 (土)

tan ( 355 / 226 ) 考 その2 / 関数電卓で tan ( 355 / 226 ) を考える

tan ( 355 / 226 ) 考 その2 / 関数電卓で tan ( 355 / 226 ) を考える

Canon F-720i

sin ( 355 / 226 ) と打つと,このように返す.

-------------------------

この関数電卓

sin ( 355 / 226 ) (← 分数入力)

と打つと 帯分数で 0と1分の1

つまり 1 を変な型式で返す.

バグっちゃ バグなのだろう.

ちなみに,同じように分数で入力しようとすると内部では整数でしか保持出来ない.
普通に入力しても上記写真のような帯分数とはならないのだ.

面白い事にサイエンスモード SCI で演算させても,E型式にならないのだ.帯分数のままである.
もっともこれはそういう仕様のようだが,こういう演算の答えを変な分数で返すのはバグであろう.

現行モデルの F-789SG もサイエンスモードで分数で保持し,分数で表示する体質だが,(数値にもよるが.)上記の演算の答えは当然 1 を返す.

一応 F-720i の答えは合っているので バグなどどうでもよいのだが,この電卓は,過去に書いたようにえらく精度が高いのだ.
素直に 1 を返さなかったので,もしやと思い PC に登場願った次第だ.

PC の関数電卓は,

0.999 999 999 999 991・・・

と 9 が 14桁になるが,循環少数ではない.

続く.


   
   
   

2013年6月21日 (金)

ジェットストリームからスタイルフィットに

ジェットストリームからスタイルフィットに

左は、年度変わりであれこれ変わったので 今まで愛用していたボールペンが合わなくなってしまい 先日 引っ張り出した
ユニ ジェットストリーム uni Jet Stream 4+1



駆体の重量があるのでチカラ要らずの筆記が快適なのだが、ラバーグリップがどうにも残念。

ポケットにスルリと入らない。手帳との抱き合わせは悪い。当然 引き出す時もラバーが抵抗する。
(もっとも 手帳用には別のペンを使っていますがね。)



で、スタイルフィット STYLE FIT にしてみた。


以前の円柱の スタイルフィット 4+1(だったと思う。) は、パーツのクリアランスが大き過ぎて堪えられずに早い段階で脱落した。

今回の スタイルフィット 4+1 は(といっても既に発売から相当の日数が経過しているはずだが)、
本来 女子仕様と思われるが、このデザインのものだけはメンズでも大丈夫そうだ。

こちらも駆体は円柱だが、エンタシスとなっており、先端とエンドがスッキリしている。

シャープペンシルのノックボタンを兼ねたシルバーのスッキリしたクリップは好みだ。

一見、普通のマルチペンだ。

駆体(この場合 軸の事だが,uni では ホルダー と呼んでいる.この呼び方は正しい.)の艶消しブラックのカッチリとした表面処理と樹脂素材の強度は抜群である。
パーツのクリアランスも申し分ない。
どうやら uni は本気らしい。

艶消しの黒 しか選択肢がなかったが、ゴージャスなブロンズ縁取りのシールを剥がせば問題あるまい。
そのままでも全然問題ない気もする。



なんといっても uni スタイルフィット を選択する最大の理由は、ユニ シグノ の ゲルインク ブラウンブラック を使える事だ。

私はこの色が好きで、ユニ シグノ の ブラウンブラック(キャップ式)を常備している。
(キャップ式のゲルインクボールペンは仕事では使わない。)

この ブラウンブラック は結構な人気色らしく、某社にはこの色の万年筆インクのレシピがあると聞く。

ユニ シグノ の ブラウンブラック は耐水性 耐光性のある顔料インクなのである意味 現代の主流の水性万年筆インクを超えている。

室内の壁面に数年に渡り貼り付けているカナリアイエローの覚書の文字はほとんど褪色していない。
一方の 油性ボールペンの文字はとうのむかしに色褪せている。



今回の スタイルフィットには

・シャープペンシルユニット

・シグノ
  ブラウンブラック

・ジェットストリーム
  ブラック
・ジェットストリーム
  レッド

・シグノ
  グリーン

を入れた。グリーンは蛍光ペン的な使い方で。


今のところ非常に快適だ。


4+1 軸を選んでおきながらなんだが、これで軸があと数mm 細かったら 言うことなしだ。

   
   
   

2013年6月17日 (月)

tan ( 355 / 226 ) 考 その1 / 関数電卓で tan ( 355 / 226 ) を考える

tan ( 355 / 226 ) 考 その1 / 関数電卓で tan ( 355 / 226 ) を考える

関数電卓の精度を試す有名な例題に

tan ( 355 / 226 )

というのがある.

既に広く周知の事 と認識しているが,写真は

キヤノン F-789SG が返した答え.
もちろん10桁で正解.

答え:
- 7497258.185

なにゆえ ( 355 / 226 ) という数値なのか.

ここでは,アルゴリズムを考えずに考察する.

-------------------------

【 tan は sin を cos で割ったもの 】

というのを思い出した.

基準機として,内部精度 18桁を誇る Canon F-789SG を使う.



この問題は,ラジアン RAD で計算する.いろいろやらせてみた.

Ⅰ. tan (  355 / 226 )
( 例題 R-1 )

答え:
- 7497285.185 ( 正解 )


Ⅱ. sin ( 355 / 226 )

( 例題 R-2 )

答え:
1

という事は,

Ⅲ. cos ( 355 / 226 )
( 例題 R-3 )
の答え:
-1.333820945e-7
を利用して,


Ⅳ. ( cos ( 355 / 226 ))^-1

( 例題 R-4 )

答え:
- 7497258.185

と 正解 を返す.


当然,

Ⅴ. sin θ / tan θ ( 例題 R-5 ) も正解を返す.



次に,普通はやらないが,DEG モードで演算すると精度ギリギリの関数電卓だと若干精度が落ちるのだが,

tan ( ( 355 / 226 ) × ( 180 / π ) ) 
sin ( ( 355 / 226 ) × ( 180 / π ) )
cos ( ( 355 / 226 ) × ( 180 / π ) )
( cos ( ( 355 / 226 ) × ( 180 / π ) ) )^-1

のいずれも上記の RAD モードと同じく それぞれの正解を返す.

現行モデルで唯一無二の存在.薄型で,なにより見やすいサーフェスに好感が持てる.

-------------------------

ここで立ち止まって,sin ( 355 / 226 ) の答えが本当に 1 なのだろうか と考える.

理由は後述するが,ここで PC に登場願った.といってもこの程度なら win XP 標準装備の関数電卓で充分.数値解析ソフトではない.

以下は, ( 355 / 226 ) をそれぞれに代入して吐き出させた数値.
面倒なので末尾は適宜省略している.

tan :
- 7 497 258.185 325 587 112

sin :
9.999 999 999 999 911 046 e-1

cos:
- 1.333 820 945 312 107 606 e-7

cos の逆数:
- 7 497 258.185 325 653 803

となる.

-------------------------

標題に関数電卓で考える.と書いておいて, PC を使ったのにはワケがある.
sin ( 355 / 226 ) と叩くと、  面白い答えを返す関数電卓があったからだ.

続く.


  
  
  

2013年6月13日 (木)

世界一わかりやすい カメラ ミエ講座 番外編 / F値と絞り値

2013年06月13日初出
2013年06月30日写真追加と改行,本文に追記,一部太字に変更


世界一わかりやすい カメラ 見栄講座 第2回 / ミノルタ 単焦点 標準レンズ,MD ロッコール 50mm F 1.4

F値と絞り値の理解

ここを正確に理解している人は少ないようだ.かくいう私も自信がないのでまとめてみる.

------------------------------------------

【 口径比 と F値 の違いを理解しよう 】

ここには2つの式を列挙しておく.

口径比 = 直径( D ) /  焦点距離 ( f )

F値 = 焦点距離 ( f ) / 直径( D )


・何故か逆である事をふまえておく.

・口径比の方は普通はお目にかからない.

・焦点距離も普通はお目にかからない.

-------------------------------------------

結論からいうと,

・F値と絞り値は曖昧な関係である場面が多い.

・入射光が 半分 になってゆくとき,その事を表す数値すなわち 絞り値は,
 1.4倍で大きくなってゆく.

・入射光が 半分 になってゆくとき,それを「一段絞る」と呼ぶ.

・ちなみに,シャッタースピードはこれに同調するように「一段」づつ変化するお約束である.

・絞り値はレンズの鏡胴に 2桁 1~2桁の数値で刻まれている.

・レンズの F値によって絞り値の最初の数値がいくつか違うが,(これが 絞り値 を難解にしている.)

この数値はお約束事なので小さい事にはこだわらない方がトクである.

-------------------------------------------


【 レンズの明るさは 口径比の2乗に比例する?】

はじめに登場した(実はこのために はじめに登場させたのだが),

世界一わかりやすい カメラ 見栄講座 第2回 / ミノルタ 単焦点 標準レンズ,MD ロッコール 50mm F 1.4

ミノルタ MD ROKKOR 50mm F1.4 で考えてみよう.



50mm F1.4 ならば( 理解を早める為に焦点距離を 70mm と前提する.)

F値は 1.4 なのだが,表示は 1:1.4 である.

F値 = 焦点距離 ( f ) / 直径( D )

なのだが,なぜだか有効口径(直径 D )との対比で表示されている.



・・・なんだかハッキリしない

スッキリしないが,これは有効口径を1としたときに焦点距離が何倍になるか

という事をあらわしている.



これだとさっぱりわからない.

ので,実際にやってみよう.



50mm F1.4 ならば( 焦点距離は70mm と前提している.),

F値 は,1:1.4
と表現されている(場合が多い).
これは
50対70 = 1 対 1.4 = 1:1.4
ですね.

F値 = 焦点距離 ( f ) / 直径( D )
F値 = 70 / 50 = 1.4
ですね.

これを口径比で表すと
口径比 = 直径( D ) /  焦点距離 ( f )
だから
50 / 70 = 0.71428・・・・
となります.小数点がでた.



50mm F1.7 ならば,(理解を早める為に 焦点距離を 85mm と前提します.)

F値 = 焦点距離 ( f ) / 直径( D )
F値 = 85 / 50 = 1.7

口径比 = 直径( D ) /  焦点距離 ( f )
50 / 85 = 0.58823・・・
小数点がでた.



50mm F1.2
は(理解を早める為に 焦点距離を 60mm と前提します.)

F値 = 焦点距離 ( f ) / 直径( D )
F値 = 60 / 50 = 1.2

口径比 = 直径( D ) /  焦点距離 ( f )
50 / 60 = 0.83333・・・
小数点がでた.



このくらい違うと少し違いがわかるが,同じ口径の
50mm F3.5 になると(理解を早める為に 焦点距離は 175mm と前提する.)

F値は,
50 対 175 = 1 対 3.5 = 1:3.5
口径比 = 直径( D ) /  焦点距離 ( f )
50 / 175 = 0.28571・・・



小数点ではわかりにくいのでひっくり返してしまおう.

という事をいとも簡単にやってのけるワケです.数字に強い人達は.
(レンズの世界は光学系.数字の世界ですね.)
そして これを
F値 ( F-number )としよう
と決めるわけです.
おそらくこんな風にして生まれたのが F値 です.

誰が提唱したかは知りませんが,(個人ではないかもしれませんがおそらくはドイツ人?)
その後も都合が良いので慣例的に使っているわけです.



-------------------------------

面倒なので覚えてしまいましょう.



F値は小さいほど明るいレンズ.


口径は大きいほど明るいレンズ.


------------------------------



【 そして絞り値へ 】


絞り値の区切りは光の面積を半分づつという事にしよう.

と,また誰かが言ったわけです.その方が都合が良いから.(勿論いろんな分け方があったワケです.)

レンズによってできる像の明るさは,口径比の2乗に比例する.
言い換えれば面積に比例するので,

絞り値は√2の 等比級数 等比数列 となります.

・・・なるんです.



世界一わかりやすい カメラ 見栄講座 第2回 / ミノルタ 単焦点 標準レンズ,MD ロッコール 50mm F 1.4

したがって,
F1.4 の絞り値は以下の数値となります.




(配列F1.4):
(1),1.4,2,2.8,4,5.6,8,11,16,22,32,45,(上の写真では 16 までです。)

前の数を 1.4倍しています.(近似値なのでこだわらない事.)

言い換えると下の配列.(この方が直観的な方が多いかも.)
上段は1の倍数.
下段は1.4の倍数(の近似値).交互に配列されているのがおわかりだろうか.
(1),    2,    4,    8,    16,    32,
1.4,    2.8,    5.6,    11,    22,    45,

一個飛びで倍になっている.
1 → 2 → 4 → 8
1.4 → 2.8 → 5.6 → 11 → 22,

で,こうなる.先ほどの配列
(配列F1.4)
(1),1.4,2,2.8,4,5.6,8,11,16,22,32,45,


ちなみに真ん中は 5.6 というのがお約束.



F1.7
(1),    (2),    4,    8,    16,
1.7,    2.8,    5.6,    11,    22,

1.7 のときには,次に 2 では近いので省略されています.
あとは ほぼ 1.4倍です.



F1.2

(1),    2,    4,    8,    16,
1.2,    2.8,    5.6,    11,    22,

1.4に近いのでそのままです.



光学系はもともと天文学的に数字にこだわる学問ですが,ある程度規格化しようぜw

という柔軟性も持ち合わせているようです.


  
   

2013年6月 7日 (金)

世界一わかりやすい カメラ ミエ講座 第5回 / 同時プリント

世界一わかりやすい カメラ ミエ講座 第5回 / 同時プリント

↑ 携帯するのは こんな感じの縦開きのリングノートが便利です。

合わせる筆記具は 短くなった鉛筆 が一番格好良い かな。

ステッドラーの芯ホルダ  788 も雰囲気 でしょうか。芯は あえて少し長めに出して使うと そっちのプロっぽく見えます。

私有の 788 は黒軸。カメラのボディからメモ帳まで真っ黒ばかりでいただけません。
ステッドラーブルーの軸をおススメします。
クリップは外して、リングノートと一緒に無造作にポケットにでも挿しておきましょう。
( タフな マルステクニコ 780C はローレットがボディやレンズを傷つけるといけないので 避けた方が無難です。)

ちなみに左のリング状のものは、レンズフィルターです。一応 ミノルタのロゴが入っています。
一番表側のレンズをキズや汚れから守ってくれます。
(一眼レフのレンズは複数枚で構成されています。5群7枚。とか 6群7枚。とか。あなたの想像よりたぶん枚数が多いですね。)

充分に試写して、レンズの特徴を身体が覚えたら、レンズ保護フィルターを着けておくと良いでしょう。

-------------------------

今日のセリフ
【 試写してるから 補正 無し で 】

解説
今どきのフィルム現像はフジのフロンティアがほとんどでしょう。
何も言わないと、フジのフィルムに最適化された自動補正をかけます。
(ショップによってはフィルムのメーカー毎のデータを持っており、それぞれに最適化した補正をかける といわれています。)

今でいうフルオート的な 【 プログラムモード 】で全て撮影したものなら補正をかけても良いかと思います。

しかし、この時期にあえてのフィルムカメラに手を出したあなたが試写の時にアレコレやっているのは間違いありません。

冒頭の様な( 別に何でもかまいませんが…  )メモ帳に撮影データを記録する事をおススメします。

露出補正をプラス一段 とか、絞りを一段絞り込んで シャッタースピードを一段遅くしたり、とか。
それらの違いは補正をかけてしまうと判りづらくなります。

プリントに出す時には
【 試写してるから 補正は 無しで。 】
と サラリと言い放ちましょう。ソレっぽい雰囲気が演出できます。
多少の失敗作も あえてやってみた感が演出できます。

ただし、ピンボケだけは絶対に言い逃れはできませんので注意が必要です。

もし、ピンボケ写真があった場合には 使用機種さえバレていなければ、AF ( オートフォーカス )のせいにしておきましょう。
(本講座は MF のフイルム一眼レフカメラを対象にしています。AF はあくまで自己責任でお願いします。)

どんなに見栄を張っても、プロのプリンターなら一目ですべてお見通しです。

なので、始めに自分は 【 初心者 】である事を告げておく方が後々のためには懸命な選択です。
この時、【 素人 】という言葉を使ってはいけません。
かくいう私は カメラ店で「素人なので。」といってしまったばっかりに、プロのカメラマンではない ハイアマチュアと間違われてしまった恥ずかしい経験があります。

ここで注意しなければならない事は、最愛の彼女のポートレートの場合は補正をかけてもらう事を忘れない事です。

-------------------------

2013年6月 2日 (日)

世界一わかりやすい カメラ ミエ講座 第4回 / 試写

世界一わかりやすい カメラ ミエ講座 第4回 / 試写

早速、試写してみましょう。

まず始めにあなたがマスターする最も重要な基本動作は撮影技術関連ではありません。
【 ためらわず 迷わず裏蓋を開ける動作 】 です。
もちろんフィルムが入っていても、
せっかくの一巻撮影終了間近でも、
ためらわない勇気と強い精神力を鍛練しておきます。

-------------------------

本当は 広角、望遠のレンズ2本のレポしてから と思ったのですが、何はともあれ最低限のセットができたら試写に行きましょう。実戦あるのみです。

その前に、入手できた標準レンズ( 50mm の方ですね。 )を、
標準レンズが入手できなかったら広角レンズ( 28mm や 35mm の方ですね。 )をボディに装着して(いきなりの望遠レンズはおススメしません。)雨ではない日に出かけましょう。

フィルム感度は ASA 100 から始めましょう。ストロボなしの室内撮影がいかに困難か学ぶためです。

まずは 同じフィルムを少なくとも5本、いや4本用意します。
1本目は安いフィルムで充分です。フィルムを正しく装填できずに無駄にするでしょうから。
運良くここをクリアできても、撮影終了してフィルムを巻き取るのも困難を極めるでしょう。なにせ、旧い中古のカメラですから、マニュアルが無いのが普通です。
購入する時に、店員さんに基本操作を教えてもらいましょう。そのための人間関係です。

フィルム巻き取り時には、底部のポッチを押してから巻き取ります。たいていのフィルムカメラは同じです。
ミノルタなら Web にマニュアルがあったりしますので、役立つでしょう。

さらに出撃の前に。

最近は何かと何なので、注意(配慮)が必要です。
フィルムを装填したカメラと、必ず予備のフィルムを1本は持っていく事をおススメします。

最大限に注意を払ったつもりでも、もし 万が一、あなたがプライバシーの侵害等のトラブルに巻き込まれそうになったら、
なるべく早い段階で、裏蓋をあけて、フィルムを引っ張り出し、悪意のない事をアピールしましょう。

あなたの決断力が命運を分けます。ヘタをすると、一生を台無しにする事になりかねません。

予備のフィルムは あなたの決断力を後押ししてくれる力強い味方です。

では、気を付けていってらっしゃいませ。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »