2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月30日 (木)

世界一わかりやすい カメラ ミエ講座 第3回 / X-700 初期型

世界一わかりやすい カメラ ミエ講座 第3回 / X-700 初期型

ミノルタの 35mm フィルムカメラ

X-700  初期型。  日本製。


X-700 後期型の途中から生産拠点は日本ではなくなったしい。

-------------------------

前回はレンズ構成を中心に考えましたが、好きなボディを中心に据える というのも良いでしょう。

好きなデザインのものでないとモチベーションが上がらないものです。


最近のグニャグニャした曲線を多用したデザインがお好きなら キヤノン イオス系統でしょうか。イオス にもフィルムカメラがあったのですよ。


私的には フィルムカメラである事をそれとなく主張する直線的で武骨なデザインのものをおすススメします。

キヤノンファンなら なんといっても AE-1 でしょう。

光学系一筋のペンタックス の MX もおススメできます。
ペンタックスはマウントの苦労がありませんしね。

ただこのあたりは、マニュアル操作の知識がないと使い方に苦労するので、次の段階に入ると決めた時のセカンドステップ用ではないかと私は考えます。

見た目も恰好良いのでこのあたりを使いたいと思われた方は、まずはフィジカルトレーニングで シュワちゃん や スタちゃん のようなナイスな三角筋,上腕二頭筋 三頭筋,総指伸筋,ひいては強靭な体幹をも獲得しておかなければなりません。
まさに金属の塊のようなヘビーなカメラは、ナイスな肉体とそれを維持するタフな精神力が必要です。
実機を持ち上げてみれば、これらの時代のカメラマン達がいかにタフであったかの一端がうかがえます。


では ニコン はどうでしょう。
あの 天才 ジョルジェット・ジウジアーロ が手掛けた Nikon F3(にこん えふ さん)
などは、フィルムカメラの最後期の最高傑作のひとつといえるでしょう。

ただし、コイツを持って見栄を張るにはそれなりの知識と技術が必要です。
今は
「オレは報道カメラマンじゃないからね。」
とうそぶいておきましょう。


----------------------------

今日のセリフ
【 報道カメラマンじゃねーし。 】

使い方
ニコンのフィルムカメラを持ちたいが資金と実力がともなわない時の捨て台詞。

----------------------------


あなたがカメラ女子なら どんなカメラも似合う事でしょう。出来が良いのに不当に安価な クラシック キヤノン などは如何でしょうか。格好良くキマるでしょう。

フォクトレンダー なども素敵なあなたをさらに引き立てる事でしょう。

ただ こちらはレンジファインダー機なので、本講座のカテゴリからはハズレてしまいますがね。

だって デジタルへのつながりが困難ですし、わかりやすく説明できるはずはありませんから。


CONTAX Aria ( コンタックス アリア )などは女子にも人気がありますが、いかにもデキるように見えるので、初心者のあなたにはおススメできません。
もう少し実力をつけてからのほうが良いでしょう。こちらの価格もそれなりにデキる価格となります。
ただし、愛車が メルツェデス や ジャグァー だったりする御令嬢の場合はその限りではありません。



ここまであげてみたボディのジャンク品よりも安価に入手できる 高性能にして不当に安価なボディ。
それが ミノルタのボディです。

AF化( えいえふか。オートフォーカス化。対して MF はマニュアルフォーカス。MF機ではピントは自分で合わせます。そこがイイんです。 )の時にマウントが変更になったために 将来性がなくなり、
コニカの傘下に入り、カメラ部門が廃止となり・・・ で現在では Kenko のフォローで生き延びているミノルタ。

------------------------

【 ミノルタ豆知識 】

マウント編

ちなみに
本講座の推奨する ロッコール等のMF(マニュアルフォーカス)レンズのマウントを SRマウント
AF化した方のマウントは ミノルタAマウント または MAマウント と呼ぶ。ソニー側ではαマウント と呼ぶ。という事は現行αシリーズと互換性がある。

現時点では、αマウントのボディを選んだら、αマウントのレンズを選びましょう。

-----------------------


このように書いてしまうと 「 ミノルタ ダメじゃん。 」 と思われてしまいますが、そうではありません。例えば、
日本ではハイブランドっぽいイメージと価格を維持していますが、親会社が米国企業だった頃から北米ではwalmart で大量に取り扱われていて その後に親会社がトルコの会社になったがイメージ戦略もあるのでユーロ圏の国名を残しているあの会社や、
やはり、の親会社がシンガポールの会社となっている現在では 最早ブランドイメージを引き上げる事に汲々としているユーロ圏のあのブランド(と 書いているうちにもう過去の話となってしまうくらい目覚ましい変化の時代ですね。)などのように、
多国籍企業だか外資系だか何だかわからない複雑な現在では むしろ、
他社のサポートを受けても延々と生かされ続けているのはそれだけの価値のあるブランド
といえましょう。

本講座では 初級から中級機として そんな ミノルタのボディをおススメします。


世界一わかりやすい カメラ ミエ講座 第3回 / X-700 初期型

私的に確保した個体が X-700 でした。

あのカメラ店のショーケースに入っているものなら絶対に大丈夫です。


金属の塊のようなヘビーな MCレンズを使うにも、樹脂で適度に軽量化されたボディは最適です。

あまりこだわらずに、身近にある個体を一台確保してみましょう。どうせいつかは壊れます。ただ少しだけ早いか遅いかの違いだけです。


繰り返しますが、現時点では レンズとボディはメーカーを統一しておきましょう。余計な出費はおさえておきたいところです。
だって、一度手を出したら必ず次々と欲しいものが出てきますから。


私のように、Pモード ( プログラムモード。Aモード というのもある。Pモードは現在のコンデジではフルオート的な事だったりするので注意。)
で撮影できる機種を選んでおけば、とっさの時に便利です。

持っているカメラはソレっぽいが結局一枚もまともに撮れなかった。 という恥ずかしい事態 を回避できます。

Pモードで撮影していても マニュアル操作しているフリ をしておけば充分でしょう。
不慣れゆえに一発で決まらないフォーカス操作だけで周囲からはそのように見える事は間違いありません。

フィルム写真の世界では連写すら邪道です。1枚に魂を込めますので、念のためにあと1枚までが許容範囲です。

Pモードでサクッと1枚 でキメておきましょう。あくまでサクッとサラりと軽い感じの演出が必要です。


電子シャッターは・・・などとこだわってはいけません。機械式シャッターの修理が永遠に可能とは言い切れません。


ただ、私的には分割巻き上げができたらうれしいのですが。

何事もほどほどの妥協が必要です。


X-700 は、光が足りないと手ブレ警告音が出るようにセットできます。室内ではむしろ警告音を発しながらの撮影も可能です。
どうせオートフォーカスの音と区別できる人はいません。
(ただし、40代後半以上の紳士には常に注意が必要です。)

冷ややかな視線を感じた時にはすかさず

「このくらいなら 僕なら手ブレはしないから大丈夫。」

と、ひきつった笑顔でいきがっておいて、素早くその場を立ち去りましょう。


対応するストロボを入手するのは少しばかりの忍耐と努力と運が必要でしょう。

せっかくの大口径レンズ狙いですから、自然光にはこだわっておきたいところです。


--------------------------------


フィルム時代のレンズは大変な高級品で、もはや使い捨て?となってしまったデジタルカメラ対応のレンズとはいろんな意味で一味違います。が、
ヘリコイドは何とかなっても、悲しい事にレンズのコーティングの賞味期限が確実に近付いてきています。

いよいよの時には 「それも味だ。」と言い切りましょう


中古レンズには「カビ」とか書いてありますが、よほどのバッドコンディションでない限り
はた目にはわかりっこありません。

バッドコンディションか否かは個体をいくつか見ていればそのうち誰でもわかります。

今は貴重になったフィルムカメラを経験する事で、より上質なデジタルライフをも満喫する のが本講座の狙いです。

フィルムカメラにどっぷりとハマるのもよし。今のうちです。

ここ数年が最後のチャンスといえるでしょう。



長くなったので今日はここまで。


次回までの宿題
ヘリコイドの意味を調べておくこと。


   
   
   

2013年5月27日 (月)

ちょっと寄り道,フジカラー と ユル・ブリンナー / カメラ毎日


ちょっと寄り道です。

関係資料として、古書店にて入手した 月刊写真誌 「カメラ毎日」。 1976年版。

ザックリとですが、だいたい ミノルタ の レンズ,MD ロッコール レンズ が New MD に替わっているころ。 裏表紙は、

フジカラー FⅡ 400 ( ← フィルム )

の広告です。

「新発売。世界初のASA 400 超高感度微粒子ネガカラー。」

と あります。


ちょっと寄り道,フジカラー と ユル・ブリンナー / カメラ毎日

「4倍敏感 」

というのが泣かせます。

これでストロボなしの手持ちで 室内写真が撮れるようになるワケです。



ちょっと寄り道,フジカラー と ユル・ブリンナー / カメラ毎日

起用されたのが あの ユル・ブリンナー です。

( トニー賞も アカデミー賞も受賞している世界レベルの超大物俳優です。 )



もんのすごく説得力がありますね。



まだ、肝心の中身を見てないので、役立つかどうかは不明ですが。

( 肖像権等の問題があったら削除します。 )


   
   

  

2013年5月22日 (水)

世界一わかりやすい カメラ ミエ講座 第2回 / ミノルタ 単焦点 標準レンズ,MD ロッコール 50mm F 1.4

世界一わかりやすい カメラ 見栄講座 第2回 / ミノルタ 単焦点 標準レンズ,MD ロッコール 50mm F 1.4

2013年05月22日初出
2013年05月26日修正


↑ ミノルタ の標準レンズの1本

MD ロッコール 50mm F 1.4 後期型(フィルタΦ49mm)
単焦点レンズ

-------------------------

まずはレンズです。

初心者のあなたが最初に覚える数値は 1.450mm だけです。簡単ですね。
実はメーカーによって表示法に若干の違いがあるので、見慣れないと現物を見ても何が何だかわかりません。
「○○○○の50mm の 1.4 が欲しいのですが。」
とだけ言えばよいのです。簡単ですね。

-------------------------

当講座は、初心者のあなたには 中古品扱いありの実店舗での購入を推奨しています。
プロのアドバイスほど役に立つものはありません。
店舗のガラスのショーケースに陳列されている中古品は店のコケンに係わるので安心です。信頼できるお店でなら粗悪品をつかまされるというような事はまずない といえましょう。
ただし少々旧いので突然天寿を全うするリスクは常にあります。
程度ランクは下げてもBクラスまで。とし、初心者のあなたはCクラス(やや難あり) は避けましょう。
信頼できる店舗と親しくなる事が重要です。
大事なのは人と人とのつながりです。

クルマも同じですが、レンズやカメラの中古品は同じ品物が並んでいる場合は、価格の高い方を選ぶのが賢明です。安い方に差額をあとから加えても高い方の品質にはなりません。
といっても、当講座では大した差額にはならないハズです。

-------------------------


当講座のコンセプトに 「こだわらない。」 というのがありますが、この段階では 3種類揃えるレンズのメーカーは統一しましょう。


一眼レフカメラのレンズはご存知のように、”マウント” を介して取り付け 取り外しが出来るようになっています。

マウントが違うと、言い換えればメーカーが違うと、余計なコストがかかります。


セレクトするのは、実力がありながら不当に安価なレンズ群から選びましょう。( 中古市場ね。)

それが ミノルタ のレンズ群。
ニコンやキヤノンのレンズ1本分で、レンズ3本とボディまで揃えられる。
それでいて、実力は折り紙つき。一部はカメラ界の頂点に立ち続けるハイブランドのあの ライカ のレベルです。
ここで間違えても現行のデジタルの α系統のレンズを選んではいけません。価格の桁が違うので気付くでしょうが。

3種類のレンズのいずれかひとつだけには ミノルタ伝統のレンズのブランドの ROKKORロッコール )と入ったものを入れておきましょう。
くれぐれも、似ているからといって ニッコール と間違えないように。

-------------------------

ミノルタのレンズ豆知識


『レンズの系譜』(の一部)

MC 以前( 俗にSR )→ MCMDROKKOR 刻印有り)
ここらへんまでがロッコールブランド

次いで
MD(ROKKOR 刻印有り) →  NEW MD(ROKKOR 刻印無し、MD とだけ表示) と移行します。

ミノルタのイニシャルM  と、 C→D へ移行するので簡単ですね。

俗に MC,MD,NMD.(エムシー,エムディー,ニューエムディー) と区別されます。どれでもほとんどの機能は問題なく使えます。
少なくともマウントは同じなので装着してマニュアルで問題なく撮影できます。

-------------------------

本講座はマニュアルで撮影できるスキルを目指します。フィルムのマニュアル機を使えれば恐いものなし。デジタルまでのスムースな移行を応援します。(PCのスキルあり が前提です。)
先人がもうとっくに紹介していますがね。

-------------------------

今回のセリフ
【 明るいレンズが好きなんだよね。 】

F値が小さい方が明るくて偉い。
の意。

解説
カメラ業界はとにかくユーザーの幅が広い。
「ここのノイズが・・・」とか言い出す顧客の話を辛抱強く聞いている店員さんは非常に粘り強い。
「そこだけ拡大して現像でもするんかいっ」と内心では思っていても決して口には出さない。
出すのは あいづち と 笑顔。

・・・そういえばクレーム処理が巷で有名になったあの本の著者は某カメラメーカーに勤務されていたのではなかったか。


知識、薀蓄、経験、薀蓄、技術論、薀蓄 と そして 感性 が入り乱れる世界を上手に切り抜けるにはこのワードを身につけましょう。

「○○が好き。」


このキーワードはこれから長い旅に出かけるあなたを あらゆる攻撃から守ってくれるでしょう。
”LOVE” は世界共通の最強のコミュニケーションツールといえましょう。


-------------------------

レンズの F値 は、面倒なので  ”1.4” と覚えておけば充分でしょう。数値は小さい方が明るいレンズです。これより明るいレンズ(数値が小さいレンズ)は急にケタが上がるので間違う事はないでしょう。
えふ いってんよん と読みます。
(ここでカンの良いあなたはお気づきですね。そう F値はレンズの明るさを表す絶対値ではありません。という事をご承知おきいただければ今は充分です。下手に勉強しようとすると 深い沼 があなたを待ち受けているでしょう。近づかないほうが賢明です。)

F 1.4 が入手出来なかったら F 1.7 (えふ いってんなな) あたりもおすすめできます。このラインはタマ数が多いので月々のお小遣い程度で入手できるでしょう。 F値は 2.8 より小さい数値であればなんでも大丈夫。
あとで他人にさりげなく見せる時のセリフは、
「明るすぎないこのレンズが好きなので・・・。」とやれば大丈夫。

-------------------------


揃えるべき3種類のレンズは

広角

標準

望遠


の3本で充分です。


カメラの基準はデジタル化された現在も 35mm フィルム のサイズが基本です。


大体の数値はこれです。

広角28mm,35mm

標準50mm

望遠100mm,135mm





繰り返します。

標準レンズは 50mm 。


それより数字が 小さい広角,

数字が 大きい望遠。


と覚えておきましょう。

望遠とズームは違います。ここでは 広角, 標準, 望遠 .とだけ覚えましょう。


疲れたので、今回はここまで。


-------------------------

今回の用語

標準レンズ 50mm
F値 1.4
マウント
MD ロッコール レンズ

  
  
  

2013年5月19日 (日)

世界一わかりやすい カメラ ミエ講座 第1回 / efiniti 35mm フィルム

世界一わかりやすい カメラ 見栄講座 第1回 / efiniti 35mm フィルム

( ↑ これは 日本製のフィルムなのです。知らなかった。驚きの低価格。)

-------------------------

コンデジ(コンパクト デジカメ)で、誰でも記録写真くらいは撮れる。
しかし私のイメージ通りの写真にはならない。

高価な機材を使えば誰でもそれなりの記録写真くらいは撮れる。
だがそこまで投資する価値が本当にあるのだろうか。

-------------------------

今回のセリフ
【 デジタルはフイルムを越えてないよね。 】

デジタルフルサイズ機は 35mm フィルムのキャパシティをいまだ越えてはいない 。
の意。

解説
デジタルフルサイズ機(ざっくりいってプロ用のデカい一眼レフカメラ。当然 価格もプロ並みだ。)ですら、35mm フィルム(世界に広く流通している普通サイズのフィルム)のキャパシティを越えていない。
今や天体写真だけは完全にデジタルの勝ちだが、ましてやコンデジでは 35mm フィルムには勝てない。
デジタルではほとんどの部分で完全勝利はまだ成し得てはいないのだ。

-------------------------

今しかできないかもしれない事をやっておいた方が得だ。得るものも多いだろう。
と書いて、先日 カメラ店を覗いたら、フジフイルム製の最後かもしれない現行フィルムカメラが1機種を残して製造終了になっていた事に気付いた。
終わりの日が近づいているのか。

-------------------------

以前にストロボを焚けない( ← 旧い 言い回しだ。 )室内で、国産A社とB社のコンデジ(コンパクト デジカメ)で写真を撮った。
圧倒的にA社のコンデジの勝ちであった。
どちらも私有のものだが、それまできちんと見ていなかったのだ。
室内で撮り比べなくてもレンズ周りの数値を見れば一目瞭然だったのだ。デジタルの画像エンジンの差を語るまでもない。
そんな事すら見ない自分になっていた。

世界一わかりやすい カメラ見栄講座 のコンセプトは

・実戦。
・低予算。
・こだわらない。
・クオリティは一流。

書きかけの記事がたくさんあるが、

始めるとしよう。

-------------------------

今回の用語
35mm フィルム

 

 

 

筆者注:馬場氏に叱られるといけないので、タイトル変更しました。2013/05/22

2013年5月15日 (水)

パイロットの旧いセピアインク その5. ボトル編。

パイロットセピアインク

上から見たところ。





正面。テカってしまいました。



パイロットセピアインク

このアングルが最も見やすい写真かな。



肝心な 中身のインクはまだ生きています。

キャップが一度も開けられていないからでしょう。

やや重くなっているでしょうが、見た感じでは 十中ハ九 筆記可能でしょう。

気が向いたら筆記してインプレッションしてみます。

パイロットのカートリッジのセピア系を過去に使った事があり、色味の想像はつきますので。



表のステッカーの 向かって左下が少し破損しているのは、
店のおかみさんが実に無造作に箱を開けてボトルを出し入れしたから。(涙)
キャップをも開けてしまう勢いでした。(汗)
私が止めましたが。



このボトル。 自宅のオブジェに良さげ。



実物の箱はあまりきれいではないので捨ててしまいましょう。



・・・箱の歴史的な価値?

あの店にはまだ半ダースほど残っていましたから、いづれ全てを捕獲予定なので。


   
   


2013年5月 2日 (木)

パイロットの旧いセピアインク その4

パイロットの旧いセピアインク その4
パイロットの旧いセピアインク その4

ブタを開けると、パイロット スーパー ( と いう名の万年筆 )のイラストが入っています。

という事は、この セピアインクは最も旧いと 1955年製造 という事になります。
推測ですが、実際のところ 1960年代中頃の製造ではないか と思います。

中身のボトルは次回。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »