2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« PreAns の使い方 Part.2 / CASIO fx-915ES | トップページ | パイロットの旧いセピアインク その4 »

2013年4月27日 (土)

PreAns の使い方 Part.3 / CASIO fx-915ES

PreAns の使い方 Part.3 / CASIO fx-915ES


私はこんな場面が多かったりするのだが,こんな場面では 慌てず騒がず PreAns を呼び出せば良いのだ.

キーインは以下.
[ ALPHA ] [ PreAns ] [ = ]

で,先ほどの正解を呼び出せる.
( 数値を評価したので,【 PreAns 】は【 Ans 】に書き替わっている事に注意.)

今度は検算を間違えないようにする.代入する時には PreAns ではなく,Ans を利用する.
( この場面では Ans = r = 6.203504909 . PreAns = 1000 . に更新されている. )

検算の答えが 1000 になれば先ほどの r の値は正しいワケだ.



PreAns メモリのおかげで,打鍵ミスがありながらも 得るべき答えである r = 6.203504909 を失ってはいない.

旧機種なら,検算すると当然答え r = 6.203504909 を失ってしまう.

しかし,PreAns 機能を持つこの機種なら ここで再度 PreAns キーを叩くと,
6.203504909
を返す.なかなかに便利だ.



正解については 履歴の閲覧でも良い.

だが方程式なので,チャチャッとやるとラストアンサーが含まれており,再利用は困難だ.


と,まあ こんな使われ方が最も頻度が高いだろう.


これは,hp の関数電卓がずっと昔から持っている機能 【 ラストX 】 の概念に近い.

ラストX は,レジスタを意識的に使う hp の 15c や 35s などの RPN 電卓の4段のレジスタには入っておらず,X レジスタの数値が書き換えられる時に 前の値が内部の一時メモリに保存され,更新される.
アッ と思った時に救われる.

PreAns 機能によって,ようやく Last x や Undo 的な機能を持った事になる.

hp から何年遅れの機能だろう.

 

 
 

« PreAns の使い方 Part.2 / CASIO fx-915ES | トップページ | パイロットの旧いセピアインク その4 »

Calculators」カテゴリの記事

コメント

PreAns = 1000 に更新されている.は間違い.
訂正します.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/51399424

この記事へのトラックバック一覧です: PreAns の使い方 Part.3 / CASIO fx-915ES:

« PreAns の使い方 Part.2 / CASIO fx-915ES | トップページ | パイロットの旧いセピアインク その4 »