2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 括弧の解釈2 / CASIO fx-915ES | トップページ | セイコー ファイブ ジャパン の品質 / SEIKO FIVE JAPAN »

2013年3月20日 (水)

括弧の解釈 3. 標準入力タイプ編 / TI-30XA,CASIO fx-260A,SHARP EL-501J.


括弧の解釈 3 / TI-30XA

2013年03月20日初出
2013年03月24日リンク作成


私はこの数式,

1E-3^2π/4=7.854E-7

を 標準入力タイプの関数電卓 TI-30XA に


1E-(3^2)π/4

と入力してしまったのだ.


1E-(3^2

までを

[ 1 ] [ EE ] [ (-) ] [ ( ] [ 3 ] [ X^2 ]

と入力したのが冒頭の写真の状態だ.


------------------------------------------

現在の自然表示タイプの関数電卓は指数キーの直後に開き括弧を打つと数式評価でエラーを返すものが多いが,こういう入力を認める電卓もある.
SHARP の電卓がそれで,
写真は上位機種でプログラム電卓の EL-5160S.

括弧の解釈 3 / TI-30XA

ちなみに EL-509J も同様である.とんでもない答えを返してしまう.桁違いは論外だ.これには別記事を起こす.
別記事

-------------------------------------------


本題に戻る.

括弧の解釈 3 / TI-30XA

TI-30XA は開き括弧の入力を認めているのがおわかりだろうか.(向かって右肩に括弧のシンボルが出ている.)


------------------------------------------

たいていの関数電卓は [ EXP ] キーインの直後には (-)キーと整数しか入力できない.
直後に括弧の入力を認めると あの Mathematica ですらオーバーフローしてしまうという
  [ ↑ ] ( タワー.) や G64 ( ← グラハム数のつもりだ.) が求められる事になってしまう.
が,普通の関数電卓に勿論そんな事は到底出来ない.

------------------------------------------


私は例題の Step2.を最後まで一気に打鍵したのだが,返ってきた答えが違う.

この時にはまだ気付いていないが
1E-3
までが ひとくくりの数値なので,入れるとしても開き括弧の位置がそもそも間違っているわけだ.
RPN しか使えない身体になってしまった.などといっても言い訳になっていない.
CASIO fx-260A で打鍵すると同じく間違った答えを返してきた.

なにゆえ と 持っていた自然表示モデルの キヤノン F-789SG で打鍵すると正確を返す.
流石は内部精度18桁.などといっている場合ではない.



何を間違えたのか? と引っ張り出したシャープ EL-501J は正解を返した.

括弧の解釈 1 / SHARP EL-501J

( SHARP EL-501 は,およその立ち回り先に配備してある.)

なぜ SHARP機は正解を返したのか.
SHARPの標準入力タイプ機のコマンドには,

【 指数キーの直後には開き括弧の入力を認めない 】

という事が書かれているようだ.結果として誤入力を弾いて正解に辿り着いた.
標準入力タイプでは唯一の入力支援だ.



現存する国産標準入力タイプ機はすべて
[ 1 ] [ E ] [ 0 ] [ = ] [ 1 ]
[ 1 ] [ E ] [ 1 ] [ = ] [ 10 ]
であり,

[ 1 ] [ E ] [ = ] [ 1 ]
としている.

対する TI-30XA も同様の構文である.

唯一光るのが hp で,RPN のhp 35s は

[ 1 ] [ E ] [ enter ]

に SYNTAX ERROR を返す.




CASIO fx-260A

カシオで見てゆくとわかりやすい.

[ 1 ] [ EXP ] [ (-) ] [ ( ] [ ( ]

と打鍵すると2番目の開き括弧が入力される.

カシオの開き括弧のコマンドは

【 直前の演算記号までの数値をスタックしておき,ここから演算記号の指示に従って数値の評価を開始せよ.】

というものらしい.多重の括弧に対応していながら演算記号以外はご破算にしてしまう.
過去に書いたが,カシオは国産唯一,括弧の中に [ % ] キーを使えない.(こちらは [ % ] キーの仕様のせいだが.)
エラーを出さずに一見演算しているように見えるこの仕様,カシオはナーバスになったようで,現行の自然表示タイプではいまだに
[ 数値 ] [ 1/x ] [x^2]
のキーインを認めていない.このキーインを認めていないのは私の知る限りカシオだけだ.
ソフトウェア共同開発といわれるキヤノンの現行機種も
[ 数値 ] [ 1/x ] [x^2]
を認めている.
(見た目が [ x^-1 2] に見えるのが欠点.最も入力した本人は了解しているし,他人に見せて誤評価を受ける事もないので全く問題ないと思うが.
ここはシャープの括弧の自動挿入が一番良い.
ちなみに TI-36X Pro は逆数を分数にしてしまうどうしようもない仕様になってしまった.せっかくの 4Lines が台無しだ.)

6÷2(1+2)問題のあと,最新の fx-**5ES シリーズに括弧の自動入力を行わせた事も過剰反応だろう.
入力の簡略化によるほころびを嫌う体質は真面目なメーカーの証かもしれないがね。


最後に,

言うまでもないが当然 キヤノン Canon F-502G, F-604 は, シャープ SHARP EL-501 と同じ挙動だ.




参考文献

webページ
関数電卓マニアの部屋

関数電卓マニアの部屋のコラム
CASIOの第3世代自然表示モデルをレビュー



  
 


   

« 括弧の解釈2 / CASIO fx-915ES | トップページ | セイコー ファイブ ジャパン の品質 / SEIKO FIVE JAPAN »

Calculators」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/50804276

この記事へのトラックバック一覧です: 括弧の解釈 3. 標準入力タイプ編 / TI-30XA,CASIO fx-260A,SHARP EL-501J.:

« 括弧の解釈2 / CASIO fx-915ES | トップページ | セイコー ファイブ ジャパン の品質 / SEIKO FIVE JAPAN »