2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« キヤノンの関数電卓にスタックチェンジキーがない理由 本編2 / CASIO fx-260 | トップページ | キヤノンの関数電卓にスタックチェンジキーがない理由 本編4 北米編 2 / hp 35s »

2013年3月 3日 (日)

キヤノンの関数電卓にスタックチェンジキーがない理由 本編3 北米編 / TI-30XA

キヤノンの関数電卓にスタックチェンジキーがない理由 本編3 / TI-30XA


お持ちでない方が多いと思われる機体

TI ( Texas Instruments ) の標準入力タイプの TI-30XA  を示す.


ここから先は【 スタック 】 と 【 レジスタ 】の定義をする.

スタック は縦に積み重ねるイメージ.(ちなみに ネスト は横に重ねるイメージ.)


レジスタは 3段に積まれている.

[ z ] レジスタ
[ y ] レジスタ
[ x ] レジスタ


一番下の [ x ] レジスタが,液晶ディスプレイ. 数値を入力するとここに表示される.


次に 何か [ 演算 ] キーを叩くと,[ x ] レジスタの数値は電卓内部の [ y ] レジスタに上がってゆく.
ケースによって コピー だったり, 切り取って貼り付け だったりする.
【 スタックチェンジ 】キーは,[ x ] レジスタの値と [ y ] レジスタの値を入れ換えるキーだ.



TI-30XA にやらせるのは同じ例題だ.

2√((1/8)^2+(1/12)^2)^-1
(8の逆数の2乗に 12の逆数の2乗を足したものの逆数を開平して2を掛ける.) (例題G1-1)
の最後に [ = ] キーを叩くと返す答えは当然
13.31280471
だが,[ = ] キーを再度叩くと返す数値は?



答え:
13.31280471




こちらもここの処理はカシオと同じである.しかし,ここで スタックチェンジキー を押すとカシオとは違う数値が現れる.


答え:
[ 2 ]


TI-30XA は,[ = ] キーを1度叩くと

これまでの数値を指示通り演算し,レジスタに最後の数値 [ 2 ] を記憶している.
[ = ] キーを2度以上続けて叩いた時にはスタックを再評価しない.


演算は終了しているので どうでもよい事のようだが,見事な処理だ.


キヤノンの関数電卓にスタックチェンジキーがない理由 本編3 / TI-30XA

この TI の電卓は指示するまでは何も行わない.対するカシオは一手先まで配慮している.
良し悪しは別として欧米人と日本人の思考の違いが表れていて面白い.
やはり コンピュータ は欧米人の作り出したものだと再認識する.
現在の PC を基準とするならば,ここの処理は TI-30XA の方が正しい.

TI-30XA の 終止符 に注目していただきたい.上の写真の [ 2 ] の後ろの 終止符 である.表現によるが小数点にもなる [ . ] である.
この電卓は数値を評価または確定すると [ . ] が表れる.(小数点として使われている時には終止符は出現しない.)
私は,以前は電卓の数値の評価を見る時に 小数点以下4桁表示にしていた.
小さいので最近まで気付かなかった.もっと大きくすれば良いのに と思っていたが,全角半角と色々とあるようなので半角 [ . ] を使っているらしい.
彼らも細かく配慮しているのだ.ただ視点や価値観の違いがあるのだろう.

本題に戻る.


TI-30XA は,[ = ] キーが押された後に連続して計算する時に何か演算キーを叩いた時に,
「 [ x ] レジスタの値を [ y ] レジスタに上書きコピーせよ 」
を実行する.このタイミングで問題ないのだ.
カシオ機は演算の数式評価の [ = ] キーを押した時に [ y ] レジスタをクリアしていた.
スタックチェンジキー は,[ y ] レジスタに値が残っていなければ意味がない.
カシオ機は [ y ] レジスタの数値を再利用する場面が少ないと判断したのだろう.
使う頻度は別として,機能は持っていなければ使えない.
カシオの標準入力タイプの関数電卓は,自社の普通の電卓をベースにしている.
定数計算機能を生かすには [ y ] レジスタの値はクリアする道を選ばざるを得なかったともいえる.
逆にいうと 当然 TI-30XA には日本の標準入力タイプの関数電卓にはある定数計算機能はない.



では hp の RPN ではどうか.


次回に続く.



あ そうそう.私は以前にも書いたが,(過去記事)
カシオの標準入力タイプの関数電卓は [ x ] レジスタ と [ y ] レジスタ の定義がそもそもおかしい.
考え方がそもそも間違っていた可能性も高い.と書き添えておく.

  

 

« キヤノンの関数電卓にスタックチェンジキーがない理由 本編2 / CASIO fx-260 | トップページ | キヤノンの関数電卓にスタックチェンジキーがない理由 本編4 北米編 2 / hp 35s »

Calculators」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/49810191

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノンの関数電卓にスタックチェンジキーがない理由 本編3 北米編 / TI-30XA:

« キヤノンの関数電卓にスタックチェンジキーがない理由 本編2 / CASIO fx-260 | トップページ | キヤノンの関数電卓にスタックチェンジキーがない理由 本編4 北米編 2 / hp 35s »