2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

« セイコー ファイブ ジャパン の品質 / SEIKO FIVE JAPAN | トップページ | 訂正版・括弧の解釈4. シャープ自然表示タイプの関数電卓の問題点からカシオの括弧の自動挿入まで »

2013年3月24日 (日)

括弧の解釈4 シャープ自然表示タイプの関数電卓の問題点編 / SHARP EL-509J,SHARP EL-5160S.

2013年03月24日初出
2013年03月27日訂正

※注
コメント欄にあるように ある方にフォローしていただきました.この記事はこのまま残して次の記事として訂正版を書きます.
ここでカシオの新世代 fx-**5ES シリーズの括弧へとつながります.


自然表示タイプの関数電卓は指数キーの直後に開き括弧を打つとエラーを返すものが多いが,こういう入力を認める電卓もある.
SHARP の電卓がそれで,
写真は上位機種でプログラム電卓の EL-5160S.

括弧の解釈 3 / TI-30XA

(括弧を認めるなら正解を返してほしものだが・・・)



ちなみに EL-509J も同様である.SHARP機は他のメーカー同様の,

[ 1 ] [ E ] [ 0 ] [ = ] [ 1 ]
[ 1 ] [ E ] [ 10 ] [ = ] [ 10 ]

の他に

[ 1 ] [ E ] [ = ] [ 1 ]

を認めている.


しかし,シャープ機は  [ - ] ( ← 演算マイナス記号 )と  [ (-) ] ( ← プラスマイナスエクスチェンジキー )を区別しているので,

[ 1 ] [ E ] [ (-) ] [ ( ] [ 3] [ X^2 ] [ ) ] [ = ]

には  0.000000001 を返してほしいところだ.


[ 1 ] [ E ] [ - ] [ ( ] [ 3] [ X^2 ] [ ) ] [ = ]

には [ -8 ] を返して,


[ 1 ] [ E ] [ (-) ] [ ( ] [ 3] [ X^2 ] [ ) ] [ = ]

には [ 9 ] を返して良いワケはない.


以前に書いたように ( 過去記事 ) シャープ は標準入力タイプの関数電卓の名機 EL-501E で正解を返しているのだが,これはどうしたことだろう.

シャープの開き括弧のコマンドにはカシオと同様
【 直前の演算記号までの数値をスタックしておき,ここから演算記号の指示に従って数値の評価を開始せよ.】
と書かれているようだ.
しかしこの例示の場合は開き括弧の直前に (-) キーがある.
シャープは 演算キー [ - ]と プラスマイナスエクスチェンジキー [ (-) ] を区別している.
この場合,エラーを返すか,指数キーとの優先順位を明確にせねばなるまい.
桁違いの答えをまるで正解のように返すのは言語道断だ.
経験者には問題なかろうが,初学者には勧められない.(痛い思いをして成長が期待できるが.)

そのほかに,シャープ機は指数キーの直後に [ RCL ] の値の入力を認めている.
便利な機能なのだが,整数以外の値の場合に同様の事が起こる.
返す答えを見てみると,開き括弧の直前に演算キー以外のものが置かれていると評価しないらしい.
ここから推測するに,シャープの自然表示 W-VIEW は,
カシオの標準入力タイプ fx-260A が陥った括弧の解釈問題( 過去記事 )と同様の事になってはいないか?
( あちらでは現行機種の TI-30XA も同様だ.)

ここはコントロール可能な範囲だと思うのだがいかがだろうか.


  
  
  

« セイコー ファイブ ジャパン の品質 / SEIKO FIVE JAPAN | トップページ | 訂正版・括弧の解釈4. シャープ自然表示タイプの関数電卓の問題点からカシオの括弧の自動挿入まで »

Calculators」カテゴリの記事

コメント

いつも興味深く拝見させて頂いています

記載されていますEL-5160Sの指数計算の結果は、見たままですとまったくの間違いなので問題有りです。
どのような計算でその回答になるのかしばらくわかりませんでしたが、手持ちのEL-509Eで同じ計算をしてみますと
[ 1 ] [ E ] [ (-) ] [ ( ] [ 3] [ X^2 ] [ ) ] [ = ] →表示 「1E-00(3^2)=9.」となり [ (-) ] のあとに00を補完して計算している
[ 1 ] [ E ] [ - ] [ ( ] [ 3] [ X^2 ] [ ) ] [ = ] →表示 「1E00-(3^2)=-8.」となり [ E ] のあとに00を補完して計算している
より、この数式通り世代のカルチャーを00の補完無しに表示したまま同じ計算をしているものと推測されます。
世代が変わった時点で見直し、エラーにするべきと思います。
それにしても補完を省略したのは検討不足ではないでしょか。

いかがでしょうか。

>Boyoyon さま
フォロー ありがとうございます。おっしゃる通りです。
記事を書きながらずっとモヤモヤしていたのですが、ハッキリしました。
509E は残念ながら所有しておらず、2Lines の 509F がすぐ手元にないのが残念です。
帰ったら検証して本文を大幅に訂正加筆せねばなりません。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/50851331

この記事へのトラックバック一覧です: 括弧の解釈4 シャープ自然表示タイプの関数電卓の問題点編 / SHARP EL-509J,SHARP EL-5160S.:

« セイコー ファイブ ジャパン の品質 / SEIKO FIVE JAPAN | トップページ | 訂正版・括弧の解釈4. シャープ自然表示タイプの関数電卓の問題点からカシオの括弧の自動挿入まで »