2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 括弧の解釈4 シャープ自然表示タイプの関数電卓の問題点編 / SHARP EL-509J,SHARP EL-5160S. | トップページ | 椿 »

2013年3月27日 (水)

訂正版・括弧の解釈4. シャープ自然表示タイプの関数電卓の問題点からカシオの括弧の自動挿入まで


訂正加筆版



自然表示タイプの関数電卓は指数キーの直後に開き括弧を打つとエラーを返すものが多いが,こういう入力を認める電卓もある.
SHARP の電卓がそれで,
写真は上位機種でプログラム電卓の EL-5160S.

括弧の解釈 3 / TI-30XA

(括弧を認めるなら正解を返してほしいものだが・・・)



ちなみに EL-509J も同様である.SHARP機は他のメーカー同様の,

[ 1 ] [ E ] [ 0 ] [ = ] [ 1 ]
[ 1 ] [ E ] [ 10 ] [ = ] [ 10 ]

の他に

[ 1 ] [ E ] [ = ] [ 1 ]

を認めている.


しかし,シャープ機は  [ - ] ( ← 演算マイナス記号 )と  [ (-) ] ( ← プラスマイナスエクスチェンジキー )を区別しているので,

[ 1 ] [ E ] [ (-) ] [ ( ] [ 3] [ X^2 ] [ ) ] [ = ]

には  0.000000001 を返してほしいところだ.


[ 1 ] [ E ] [ - ] [ ( ] [ 3] [ X^2 ] [ ) ] [ = ]

には [ -8 ] を返して,


[ 1 ] [ E ] [ (-) ] [ ( ] [ 3] [ X^2 ] [ ) ] [ = ]

には [ 9 ] を返して良いワケはない.


以前に書いたように ( 過去記事 ) シャープ は標準入力タイプの関数電卓の名機 EL-501E で正解を返しているのだが,これはどうしたことだろう.


ここで,Boyoyon さまのコメントを以下に引用させていただく.
-----------------------------------------
いつも興味深く拝見させて頂いています

記載されていますEL-5160Sの指数計算の結果は、見たままですとまったくの間違いなので問題有りです。
どのような計算でその回答になるのかしばらくわかりませんでしたが、手持ちのEL-509Eで同じ計算をしてみますと
[ 1 ] [ E ] [ (-) ] [ ( ] [ 3] [ X^2 ] [ ) ] [ = ] →表示 「1E-00(3^2)=9.」となり [ (-) ] のあとに00を補完して計算している
[ 1 ] [ E ] [ - ] [ ( ] [ 3] [ X^2 ] [ ) ] [ = ] →表示 「1E00-(3^2)=-8.」となり [ E ] のあとに00を補完して計算している
より、この数式通り世代のカルチャーを00の補完無しに表示したまま同じ計算をしているものと推測されます。
世代が変わった時点で見直し、エラーにするべきと思います。
それにしても補完を省略したのは検討不足ではないでしょか。

いかがでしょうか。
---------------------------
私有の シャープ EL-509F にアクセスした.(本当は 509E が欲しかったのだが機会を逸した.非常に残念だ.)
シャープの2行表示の数式通りタイプ特有の挙動を持つ.懐かしい感じがする.初めて手にした時の感動がよみがえる.

(そもそもこの世代を飛ばして標準入力タイプから一気に自然表示モデルで考えたところに私のつまづきが生じていたのだ.)

この電卓,入力すると下段に数値が置かれ,括弧や演算記号等が入力されて数値の区切りが必要なところで上段に上がる.
この時,暫定的に数値が確定する.(数式の評価はまだ行われていない.)

[ 1 ] [ E ] [ (-) ] [ ( ]

と打鍵した時点で上段に

[ 1 ] [ E ] [ (-) ] [ 0 ] [ 0 ] [ ( ]  ( ← ひとまわり大きなフォントで表示されるのだよ.)

となり,まるでユーザーに 「これでよろしいですね」 と確認を促すかのようだ.ここが重要で,まるで関数電卓と会話をしているようなマンマシンインターフェイスを持つ稀有な関数電卓群なのである.
打鍵ミスはいうに及ばず,ユーザーまたはマシンの解釈に相違があったらこの時点で修正可能だ.
シャープは数式通りの「カルチャーを引きずって」と批判もされるが,この優れた思想を持ったまま自然表示タイプに移行する事ができなかったのは,原理的に無理なのだろうか.それとも現在のシャープの事情だろうか.非常に残念である.
2Lines の数式通り関数電卓は衰亡の一途を辿ると考えていたが,その原理上まだまだ有望であり,ユーザーによっては必需品かもしれない と考えをあらためて,久しぶりに キヤノン F-788dx を取り出してみようと思う.


本題に戻る.

この時 シャープ機の開き括弧の直前には 【 省略された乗算記号 】 があったのだ.
したがって,これに気付いていれば期待が間違っている事になるのだが,数式を自然に表示していない数式自然表示 となっているため一見間違いに見えるのだ.
これはユーザーの間違いではない.表示法自体が間違いなのだ.


根本的にはシャープ機の特徴点,

Ⅰ.[ 1 ] [ E ] [ = ] という入力を認めている.



Ⅱ.括弧の前の省略された乗算記号.

がぶつかってしまったのだ.シャープ機ではエラーが出ない.
ここは例外処理が必要で,充分な検証が足りなかった事になる.



関数電卓には括弧の自動挿入機能がある.ユーザーへの入力支援のひとつである.
シャープの省略型入力支援と自動挿入型入力支援は優秀で,滑らかな入力を助け,これを使い慣れると他の機種の使いづらさに耐えがたくなるほどである.
シャープの(関数電卓ではない)普通の電卓の定数計算機能もその一つで,ずっと以前から対カシオ戦略だったのでは と推測している.


webページ 【 関数電卓マニアの部屋 】のなかで管理人氏が出された問題がある.

915ES

この括弧の自動挿入のアルゴリズムを問うものである.ここでその重要な知見に触れることにしよう.

6÷2(1+2)=?

という問題.これ自体に結果はすでに出ているが,

915ES

こう打つと,

915ES

このように返しつつ数式に括弧が挿入されているというもの.

アルゴリズムで と問われると適正な答えを私は持っていないが,この時に何が行われているかを考えてみよう.

コマンドの中身は

Ⅰ.数式を評価.
Ⅱ.解エリアに答えを表示.
Ⅲ.履歴を削除または残さない例外処理.
Ⅳ.数式解釈に必要な括弧を挿入して数式エリアに表示.

この4項目が行われている.

これも入力支援で,評価すべきは 数式の評価事(または評価直後)に数式に括弧の自動挿入を行っている点


私は以前からカシオの
[ 数値 ] [ x^-1 ] [ x^2 ]
入力を認めない姿勢を好まない.
それはそれとして,現在までの関数電卓の括弧の自動挿入は 数式評価以前に行われる.関数キー打鍵のタイミングであった.


これは fx-**5ES シリーズとなる新世代 カシオの自然表示モデルで初めて行われる入力支援システムだ.

もっと拡張されれば優秀なマンマシンインターフェイスとなりえる可能性があると思う.


ちなみに少し前から私のコレクションに CASIO fx-915ES が加わっている事にお気づきだろうか.
本当は2色から選択できるのでシルバートップの筐体にしようと思っていたのだが,たまたま立ち寄った量販店にこれがあった(これしかなかった)ので買ってしまった.
素因数分解機能を楽しんでみたくなったのだ.

(と思っていたら先生のページ内に更新記事があった事に今気付いた。。。)



fx-373ES と fx-375ES が不要になってしまった.
375ES はあちらのロッカーに配備しておこう.



参考文献

関数電卓マニアの部屋
CASIOの第3世代自然表示モデルをレビュー

Boyoyon さまのコメント
当該記事コメント欄 
  
  
  
  
  

« 括弧の解釈4 シャープ自然表示タイプの関数電卓の問題点編 / SHARP EL-509J,SHARP EL-5160S. | トップページ | 椿 »

Calculators」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/50974296

この記事へのトラックバック一覧です: 訂正版・括弧の解釈4. シャープ自然表示タイプの関数電卓の問題点からカシオの括弧の自動挿入まで:

« 括弧の解釈4 シャープ自然表示タイプの関数電卓の問題点編 / SHARP EL-509J,SHARP EL-5160S. | トップページ | 椿 »