2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« ファイブのブレス交換とセイコーの弱点 | トップページ | 腕時計のブレス2態 / SEIKO セイコー ファイブ SNK355K1 »

2012年11月19日 (月)

来年の手帳 / 能率手帳ゴールド小型

来年の手帳 / 能率手帳ゴールド小型

             2012年11月19日初出
             2012年11月28日リンク追加

例年より少し遅くなりましたが、来年の手帳を購入しました。


来年も やはりコレ。


能率手帳ゴールド小型。

4年目に入る。ゴールドにアップグレードする前のノーマル小型から6年だ。と思う。



メインの手帳は使い慣れたコレ。

といっても、来年はこの一冊にするつもりだ。
今年のサブ手帳は、シャア専用手帳だったが出番がほとんど無かった。
人前に出すのをためらったのは私だ。
でも、来年用が発売されたならきっと保護してしまうだろう。



さて、能率手帳ゴールド小型だ。
まだ空きスペースが多く、来年はさらに有効に使えるように自分のアタマをアップグレードさせねばならない。

ヤンピーの装丁を使ってしまうと、ノーマル小型には戻れない身体になってしまう。
常に携帯しているのだが、非常にやわらかくしなやかな装丁は意外に丈夫で不思議と一年間しっかり持つようにできている。
丁度ぴったりサイズの ライフの方眼罫線の5×3カード を5枚程挟み込んでいるが、型崩れしない。
やわらかいがしっかりした作りだ。


紙面も最高だ。

このところずっと先発メンバーのシェーファーのボールペン センチネル との相性も当然のように良く。

一番お気に入りの組み合わせは、パイロットの万年筆 カスタム742 の フォルカン だ。(過去記事 パイロット フォルカン)
パイロットのブルーブラックを入れたフォルカンはインクフローが抜群なのでペン先が触れるだけで自由に線を紡ぎだす。そのフォルカンのペン先が紙面を捕らえるわずかな感触が良い。
ボールペンで叩きつけるように書くのも良いがフォルカンの特殊なペン先でサラリと書くのも良い。

カスタム742 のウェーバリーもあるが、フォルカンと比べると(あくまで自分比)実用万年筆だ。



ウェーバリーはブルーブラックからブラックインクに変えようかと思っているのだが、筆致からすると フォルカン+ブラックインクが似合うだろう。



悩ましいところだ。


 

« ファイブのブレス交換とセイコーの弱点 | トップページ | 腕時計のブレス2態 / SEIKO セイコー ファイブ SNK355K1 »

F.P」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/47892220

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の手帳 / 能率手帳ゴールド小型:

« ファイブのブレス交換とセイコーの弱点 | トップページ | 腕時計のブレス2態 / SEIKO セイコー ファイブ SNK355K1 »