2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« メイド イン ジャパンのセイコーファイブ / REF.7S26-03H0 CAL.7S26B | トップページ | 来年の手帳 / 能率手帳ゴールド小型 »

2012年11月15日 (木)

ファイブのブレス交換とセイコーの弱点

ファイブのブレス交換とセイコーの弱点

ご覧の通り 新しいブレスのコシは弱くヨレてしまうのである。
ハッキリ言ってファイブ純正のブレスの方が出来は数段上だ。やはりある意味 ファイブ は最強だ。



-------------------------



腕時計は大抵 吊るしのままで使いますが、今回はブラックダイアルのファイブのブレスを替えました。


無垢でも巻きでも無垢風巻きブレスでもかまわないのですが、純正品のコマの取り方がどうにも好きになれない。巻き心地は以前のモデルに比べて向上しており、なかなか良いのだが、腕に巻いた時にどうしても気分が上がらない。
ヘンにふっくらしているので、メタルのローラーでプレスしてシャッキリさせたいくらい。そのレポートの方が面白いだろう。ひとコマづつハンマーで叩いてシャープにしてやろうか とも思ったが時間の無駄だろう。


替えたブレスがなぜコレかというと、許される時間が20分と、訪問先の店頭にこれしかなかったから。
迷わなくて済んだ。

ラグ巾(カン巾ともいう)18mm の弓環(ゆみかん)対応品では店頭に2種3本。1本は絶対にあり得ないゴージャスライン。
残り2本は型番と価格に違いがあるが、まるで同じに見え、その違いがわからない。店員さんが店主様に確かめるも よくわからない との事。「では安い方の値段にしておきます。」と 店主様。さらに1割引セール中なので$40程のバンビの巻きブレス。


とはいえ嫌いなブレスを選ぶハズもなく。
横から見た蒲鉾形が好きだったりします。
かまぼこ というとオメガのブレスを指すようだが、私の中では昔からロレックスの5連が かまぼこ なのだ。



ザ・ロレックス な姿なのですが、この蒲鉾形を見て育っているので。



-------------------------



ところで、セイコーの弱点はブレスに定番のカオがない事だろうか。
オメガもブレスにカオがないが、フェイスの自己主張が上手い。

ロレックスにはエクスプローラの3連とデイトジャストの5連。どこから見てもロレックス。

腕時計専業ではないが、デザイナー系では筆頭にエルメス。カルティエもまあまあ。
ヨルグ イゼックは非常に上手い。
ポール・スミスのダイアルはややセイコー似だが特徴的なスクエアのコマの取り方は実に上手い。かなりの距離でもそれとわかる。さすがはアイコンの達人だ。

私は一本も持ってはいないが、スウォッチのデザイン力もたいしたものだと思う。あれだけ多彩なバリエーションがありながら、一目でそれとわかる。


-------------------------


さて、取り付けたバンビの5連の巻きブレス。
たぶん一番安いクラスのやつだろう。写真でおわかりになると思うが、グニャグニャだ。
だがこれが良いのだ。


ある意味しなやかに手首に巻き付き、柔軟さが手首の動きを妨げない。


私には、腕時計のブレスレットの絶対条件があるが、また別の機会にしよう。



3分オーバーしたが、なんとか間に合いそうだ。


« メイド イン ジャパンのセイコーファイブ / REF.7S26-03H0 CAL.7S26B | トップページ | 来年の手帳 / 能率手帳ゴールド小型 »

Watch」カテゴリの記事

コメント

モバイルからメールでブログの書き込みができませんねぇ。

次の記事が掲載されたました。
開通したようです。
少なくとも50時間以上の遅れ。
その後のテストメールは数時間おきの送信でしたが、まとまって一気に落ちてきたようです。
到着時間に意味がないのでテストメールは削除します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/47855751

この記事へのトラックバック一覧です: ファイブのブレス交換とセイコーの弱点:

« メイド イン ジャパンのセイコーファイブ / REF.7S26-03H0 CAL.7S26B | トップページ | 来年の手帳 / 能率手帳ゴールド小型 »