2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月27日 (火)

腕時計のブレス2態 / SEIKO セイコー ファイブ SNK355K1

腕時計のブレス2態 / SEIKO セイコー ファイブ SNK355K1

                   2012年11月27日初出
                   2012年11月28日加筆リンク追加


上がブレスレットを取り替えた セイコーファイブの黒文字盤 。


下が以前アップした セイコーファイブ SNK355K1

おそらくシースルーバックの2代目にあたると思われる この SNK355K1 (SNK355K1の過去記事) のSSのケースは名品となるだろう。


以前にアップした写真の再利用で申し訳ないが、

腕時計のブレス2態 / SEIKO セイコー ファイブ SNK355K1

ケースの厚みをしっかり出して、ラグがゆるやかに下がってゆくラインは なかなかに色気がある。ボリュームがありながらあまり強調しすぎない。
ゆるやかに下がってゆくラグのラインの延長線にそのまま自然にブレスのラインがつながってゆき、無理のないアールで手首をぐるりと巻いてゆく。
(写真は私の手首ではないが、手首に巻くと綺麗な弧を描く。)

このケースとブレスの組み合わせなら、文字盤はシルバーがベストチョイスだろう。
一見地味を装う そのフェイスと、目立たぬようにそのボリュームを隠しながらの横からのシルエットには充分な色気がある。

トドメはシースルーバックだ。その全てはオーナーだけにしか見せないのだ。

なかなかやるではないか。

腕時計の横顔に惚れたのは初めてだ。



さて一方の黒文字盤の方。(インデックスもハンズも SNK355K1 とは全くの別モノである。もちろんケースも。)

交換したブレスはジュビリータイプと呼ばれる5連。
時計バンドメーカー "バンビ" の巻きブレスだ。


物事には【遊び=Play】というモノが大事だ。
例えばクルマのハンドルにも必須だ。人間の関節にも実は【遊び】があるのだ。だからポキリと折れない。ちなみに 関節の遊び は 英語では【Joint play】である。

金属の接合部に可動性を持たせるなら必ず【遊び】が必要なのだ。
この【遊び】をどのように取るか で仕上がりに違いができる。
はっきり言っておこう。値段ではないのだ。

このブレスは遊びを大きく取ってあるので、しなやかに手首に絡みつくのだ。それでいて無駄なネジレは少ない。なかなか良い出来だ。

メタルのブレスで、手首の大きな動きが必要な私にはこういうブレスが良いのだ。ヘタな革ベルトよりずっとしなやかで私の邪魔をしない。
あえて比較するが元祖ロレックスデイトジャストの無垢ジュビリーなどは左右にしなやかだ。(デカ厚時計ブーム以降のモノは知らない。見回してみると、新しいモデルはカッチリしているように見える。)

無垢のブレスは自重が重いので、ジョイントのクリアランスつまり【遊び】を小さくしないと始末が悪いのだ。

高価な無垢ブレスだからカッチリしているというのは単純な思い込みの自己満足でしかない。


私にとっての良いメタルブレスの条件は2つ.
・手首の動きを邪魔しない事.
・女性の髪をくぐらせた時にその大切な髪に噛みついて私を困らせない事.


セイコーファイブに標準装備されている巻きブレスも、無垢のフリをした巻きブレスも、このバンビの巻きブレスも全て合格だ。


  

2012年11月19日 (月)

来年の手帳 / 能率手帳ゴールド小型

来年の手帳 / 能率手帳ゴールド小型

             2012年11月19日初出
             2012年11月28日リンク追加

例年より少し遅くなりましたが、来年の手帳を購入しました。


来年も やはりコレ。


能率手帳ゴールド小型。

4年目に入る。ゴールドにアップグレードする前のノーマル小型から6年だ。と思う。



メインの手帳は使い慣れたコレ。

といっても、来年はこの一冊にするつもりだ。
今年のサブ手帳は、シャア専用手帳だったが出番がほとんど無かった。
人前に出すのをためらったのは私だ。
でも、来年用が発売されたならきっと保護してしまうだろう。



さて、能率手帳ゴールド小型だ。
まだ空きスペースが多く、来年はさらに有効に使えるように自分のアタマをアップグレードさせねばならない。

ヤンピーの装丁を使ってしまうと、ノーマル小型には戻れない身体になってしまう。
常に携帯しているのだが、非常にやわらかくしなやかな装丁は意外に丈夫で不思議と一年間しっかり持つようにできている。
丁度ぴったりサイズの ライフの方眼罫線の5×3カード を5枚程挟み込んでいるが、型崩れしない。
やわらかいがしっかりした作りだ。


紙面も最高だ。

このところずっと先発メンバーのシェーファーのボールペン センチネル との相性も当然のように良く。

一番お気に入りの組み合わせは、パイロットの万年筆 カスタム742 の フォルカン だ。(過去記事 パイロット フォルカン)
パイロットのブルーブラックを入れたフォルカンはインクフローが抜群なのでペン先が触れるだけで自由に線を紡ぎだす。そのフォルカンのペン先が紙面を捕らえるわずかな感触が良い。
ボールペンで叩きつけるように書くのも良いがフォルカンの特殊なペン先でサラリと書くのも良い。

カスタム742 のウェーバリーもあるが、フォルカンと比べると(あくまで自分比)実用万年筆だ。



ウェーバリーはブルーブラックからブラックインクに変えようかと思っているのだが、筆致からすると フォルカン+ブラックインクが似合うだろう。



悩ましいところだ。


 

2012年11月15日 (木)

ファイブのブレス交換とセイコーの弱点

ファイブのブレス交換とセイコーの弱点

ご覧の通り 新しいブレスのコシは弱くヨレてしまうのである。
ハッキリ言ってファイブ純正のブレスの方が出来は数段上だ。やはりある意味 ファイブ は最強だ。



-------------------------



腕時計は大抵 吊るしのままで使いますが、今回はブラックダイアルのファイブのブレスを替えました。


無垢でも巻きでも無垢風巻きブレスでもかまわないのですが、純正品のコマの取り方がどうにも好きになれない。巻き心地は以前のモデルに比べて向上しており、なかなか良いのだが、腕に巻いた時にどうしても気分が上がらない。
ヘンにふっくらしているので、メタルのローラーでプレスしてシャッキリさせたいくらい。そのレポートの方が面白いだろう。ひとコマづつハンマーで叩いてシャープにしてやろうか とも思ったが時間の無駄だろう。


替えたブレスがなぜコレかというと、許される時間が20分と、訪問先の店頭にこれしかなかったから。
迷わなくて済んだ。

ラグ巾(カン巾ともいう)18mm の弓環(ゆみかん)対応品では店頭に2種3本。1本は絶対にあり得ないゴージャスライン。
残り2本は型番と価格に違いがあるが、まるで同じに見え、その違いがわからない。店員さんが店主様に確かめるも よくわからない との事。「では安い方の値段にしておきます。」と 店主様。さらに1割引セール中なので$40程のバンビの巻きブレス。


とはいえ嫌いなブレスを選ぶハズもなく。
横から見た蒲鉾形が好きだったりします。
かまぼこ というとオメガのブレスを指すようだが、私の中では昔からロレックスの5連が かまぼこ なのだ。



ザ・ロレックス な姿なのですが、この蒲鉾形を見て育っているので。



-------------------------



ところで、セイコーの弱点はブレスに定番のカオがない事だろうか。
オメガもブレスにカオがないが、フェイスの自己主張が上手い。

ロレックスにはエクスプローラの3連とデイトジャストの5連。どこから見てもロレックス。

腕時計専業ではないが、デザイナー系では筆頭にエルメス。カルティエもまあまあ。
ヨルグ イゼックは非常に上手い。
ポール・スミスのダイアルはややセイコー似だが特徴的なスクエアのコマの取り方は実に上手い。かなりの距離でもそれとわかる。さすがはアイコンの達人だ。

私は一本も持ってはいないが、スウォッチのデザイン力もたいしたものだと思う。あれだけ多彩なバリエーションがありながら、一目でそれとわかる。


-------------------------


さて、取り付けたバンビの5連の巻きブレス。
たぶん一番安いクラスのやつだろう。写真でおわかりになると思うが、グニャグニャだ。
だがこれが良いのだ。


ある意味しなやかに手首に巻き付き、柔軟さが手首の動きを妨げない。


私には、腕時計のブレスレットの絶対条件があるが、また別の機会にしよう。



3分オーバーしたが、なんとか間に合いそうだ。


2012年11月 3日 (土)

メイド イン ジャパンのセイコーファイブ / REF.7S26-03H0 CAL.7S26B

メイド イン ジャパンのセイコーファイブ / REF.7S26-03H0 CAL.7S26B

勢いで結局もう一本買ってしまった。贅沢っちゃあ贅沢だ。

メイド イン ジャパンのセイコーファイブ 3針モデルだ。
ひとくちにジャパンのファイブの3針といっても、24石の 4R36 搭載のモノもある。
当然価格は上がるが、デザインがちとうるさい。
6R15 のモデルは(これはもうファイブではないですが。。。) シンプルで良い感じだがカレンダーに曜日がない。なぜか23石。
曜日が入るとクォーツになってしまう。
悩ましい。


これはファイブの
REF.7S26-03H0 CAL.7S26B
21石.

バーインデックス。やはりブラックダイアルも揃えておく事にした。フェイスはさらさない事にしよう。


シースルーバックのガラスと文字盤にも "MADE IN JAPAN" とプリントしてあるので、日本製ファイブということになるだろう。パーツの何割以上は日本の工場製 とかいう規格的なものをクリアしているのだろう。型番の末尾にKではなくJが付く。カレンダーはご存じ 英語/アラビア語表記。



私がコレを購入した時計店は、当初訪れた目的の店舗に望むデザインのモノが見つからずやれやれもう少し足を伸ばすかと残り時間をカウントしつつ歩を進めた眼前にあった。
ふと目をあげたらスニーカー屋さんだと思っていたそこは時計屋さんだった。腕時計モードに入ってしまっている私にはこの上なくラッキーだった。
$110 くらいでこの性能のオートマチックが手に入る。実物を手にできるメリットはやはり大きい。



しかし数日装着していると、どうにもブレスが気になる。

このブレス.巻きブレスながら無垢のフリをしている。ファイブの以前の巻きブレスより装着感はずいぶんと良くなっている。
無垢でも巻きでもべつにどちらでも構わないのだが、仕事中に装着する場合は重量があり過ぎるものや周囲に威圧感を与えかねないものは避けているので、重量バランスが取れていればむしろ軽量の巻きブレスの方が好ましい。

ファイブの価格なら あまりゴージャス路線に振ってしまうと破綻するのは目に見えているのだが、その結果の無垢風巻きブレスはあまり良い印象がない。詳細は省くがコマの取り方がどうにも気に入らない。

やはり3連ブレスが良いのか?
となると私の求めているのは結局ロレックスエクスプローラⅠなのか?

それでは とエクスプローラⅠと並べて比べてみた。
サイズは38mm程度でほぼ同じ。どちらもちょうどよいサイズだ。ファイブのフェイスはエクスプローラⅠにひけをとらない。エクスプローラⅠのアラビア数字部分は決して好きではない。

働く時には 左手関節を背屈した時に手背に竜頭が当たらない4時竜頭の方が好ましい。ここはファイブの価値が高い。

遠目にみるとかなりの距離からエクスプローラⅠだと識別できるところはさすがのロレックスだが威圧感も相当だ。立場上よろしくない。

ところでエクスプローラⅠといえばオイスターケースだが、3連ブレスというのはエクスプローラⅠがオリジナルなのだろうか?

自分はブラックダイアルの3連ブレスを求めているのだろうか?



不本意ながらブレスを交換しようかと迷っている。


・・・・・こうやってハマってゆくのでしょうかね。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »