2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

ナゾの箱。 その2

ナゾの箱。 その2

これでナゾが少し明かされます。


判る人にはかなり絞れますね。

とうとうここまで来てしまいました。。。


次回 お披露目予定です。



2012年5月29日 (火)

ナゾの箱。 その1

ナゾの箱。 その1

箱です。中身はまだ秘密。

5ヵ国語です。




2012年5月26日 (土)

CASIO の 定数計算 割り算編 , 分数の入力を考える

CASIO の 定数計算 割り算編 , 分数の入力を考える


例題
目標値は23だ.Aチームは現時点で22まで達成している.Bチームは18である.それぞれ現在までに何%を達成しているか. %キーを使わずに答えよ.
(例題K-2)

面倒なので例題は2チームだが,15チームだったらどうか.定数計算の問題.

定数計算を用いない解答例 (1 - A)

Aチームは

[2][2][÷][2][3][=]

答え:
0.956521739
なので
95.65% (←ここは脳内変換)

次に Bチーム入力(省略・・・・)

ポイントは2つ.基準値と脳内変換だ.



【基準値】

私のような数字に弱い人間は 「何%か? 」とか聞かれるのが苦手だ.AをBで割るのか,BをAで割るのか?
銀行にお勤めのベテラン行員でも PC 入力のせいか,シンプルに問われると意外にも苦手だったりするケースもある.

そもそも,基準値を分母にすればよい事を理解しよう

一旦 頭の中で数式に置き換えるのが問題をさらに複雑にする.しかも基準値が後ろに来る算数の構文にそもそも問題がある.基準値が後ろに来る.

22÷23=


では,分数ではどうか?  書く時も電卓の入力でもやはり基準値が後ろだ.
(書く時に分母から書く人は数字のセンスがある.)

22/23(←テキストなのでこの表記)


日本語の分数の読み方が正しい理解に近い.

23ぶんの22

基準値が前に来ている.基準値が先に来る方が便利だ.まず基準値を考えればよい.



【脳内変換】

世の中は 変換 で成り立っている.変換しなければ理解できないからだ.
関数電卓を常用している人達や,数字に強い人達は,どうやら [%] キーなど用いないようだ.脳内変換している.慣れると私でもできる.
確かに電卓のややこしい [%] キーより,脳内変換の方が間違いが少なく,しかもハヤい.

電卓を使う人は多いが,定数計算を使える人は意外に少ない.

日本の電卓のマニュアルは全くもって使えないものが多い.
カシオの電卓の定数計算は次のように理解すべきである.

-------------------------
まずは基準となる値を【定数】にする.

[2][3][÷][÷]

ディスプレイに定数計算モードになった事を示すシンボル K が点灯する.

あとは次々に値を入れよう.

[2][2][=]

答え:
0.956521739

[1][8][=]

答え:
0.782608696

-------------------------

カシオの電卓の定数計算の割り算は,自然に基準値を定数にする流れになっている.
ので,定数設定が前か後ろかを考えなくてよい.基準値が何かを考えて定数設定しよう.

[基準値][÷][÷]

基準値を先に入力する割り算が可能だ.

[2][3][÷][÷][2][2][=]

答え:
0.956521739
だから
95.65%



マニュアルはダメダメだが すごいじゃないか。カシオ

冒頭の写真の数値は,23の逆数.次への布石だ.

2012年5月25日 (金)

[=]キーはスタックをクリアしない? / CASIO fx-260A ,SHARP EL-501E ,501J

[=]キーはスタックをクリアしない?  / CASIO fx-260A ,SHARP EL-501E ,501J


          2012年05月25日初出
          2012年05月26日訂正

CASIO fx-260A の[x^y]キーを2度押したら定数計算のシンボル K が出た.

fx-260A は前回で終わる予定だったが,再度登場願った.



「べき乗の定数計算って何よ!」である.

[x^y] の [^y] 部分が定数設定される.
あまり意味のない挙動にみえるが,そこから別のものがみえた.

[=]をキーインした時,そのコマンドは

『ここまでのスタックを優先順位に従って全て計算せよ』
つまり計算後にスタックは全てクリアされる.

のではなかったのだ.
yスタックはクリアしないのだ.これで定数計算が行われていた.


定数計算に入った事が判りにくい SHARP機の EL-501系統は [x<->y] スタックチェンジキーで現在の定数設定が確認できる.
シャープ機は四則演算全て [=] キーで  yスタックをクリアしない.

カシオ機は,定数計算モードの時のみ yスタックをクリアしない.


べき乗キー2回押しで定数計算モードに入る理由は,乗算を使うからなのだろうとしか判らない.



カシオ機は定数計算モードに入っていなければ yスタックを常にクリアするが,定数計算モードに入った時,四則演算全てで [=] をキーインして数式を評価した時に,yスタックをクリアしない.
hp の Tスタック のようにコピーを落とすのかもしれないが.




こうしてカシオとシャープの両機をみていると,CASIO の fx-260A が基本ソフトウェアで,SHARP EL-501E , J はその改良版にみえてくる.

カシオが (意外に厳格に)ルールを作り,シャープはそれを よりシンプルに 改良しているに過ぎないのではないか.そんな気がしている.
少なくとも現在の普通の電卓の基本ルールが確立して以来,関数電卓の標準入力タイプ→数式通り入力タイプ→数式自然入力タイプ と連綿とその図式が続いている.と考えている.


(先日、キヤノンの古いデッドストックの電卓を見つけた。関数電卓ではないが,逆数キー が独立していた(←記憶違いでした。webで確認。RVキーがある。やはり魅力あり。2012年05月26日訂正)。この世代の電卓はオリジナル色が強そうで面白そうだが,結構なお値段なので手は出さなかった。)




ここで定数計算モードの電卓の挙動をみてみよう.

例は,打鍵数の少ない SHARP  EL-501E  ,加算時.

[1][+][2][=][3]
(例題K-1)

小数点以下4桁に設定すると判りやすい.

[1]打鍵でディスプレイに 1

[+]打鍵で数値を評価する.ディスプレイに1.0000

[2]打鍵で 1 をyスタックに押し上げ, xスタックに 2 を待機

[=]打鍵でこれまでの計算を実行し,最後の[+][2]をyスタックに押し上げて待機させる.ディスプレイに答え [3.0000]

続けて

[4]打鍵で xスタック(=ディスプレイ)に 4
yスタックには2([+][2])をキープしている.

[=]打鍵でディスプレイに答えを返す.

答え:6.0000

yスタックには定数をキープしている.

カシオ機も定数計算モードに入れば同じ挙動である.



CASIO fx-260A と SHARP EL-501E は,親子ではないだろうか.



2012年5月19日 (土)

メイド イン ジャパンの電卓 / CASIO JS-10L

メイド イン ジャパンの電卓 / CASIO JS-10L

写真は

CASIO JS-10L

前回登場したモノ.
メイド イン ジャパン.

私の電卓コレクションには珍しい中古品.縁あって私の手元にやってきた.

初めは気にも止めなかったが,CASIOの電卓を再評価するようになってからは 結構気に入ったので,しばらく持ち歩いていた.
オリジナルには専用ビニールケースが付いていたハズだが,すでに紛失している.

ちなみに私は日商簿記検定とは無縁だ.


この 10桁モデルは1990年代半ばのモノらしい.

シリーズには
・8桁の 8L
・12桁の 20L

L の意味が不明だが,

・検算機能付きは末尾が K
・さらに税込税抜機能付きの末尾は TK

となる.

8桁の末尾の数字が 8 で,12 桁がナゼか 20 になるのは,型番に空きがなかったからなのか,
それとも,さすがに指数表示はできないが,概算で24桁を表示できるから.
という理由からか.

内臓バッテリーは

Panasonic GR927 酸化銀電池

だが,すでに代替品になっており,
相当品は

Panasonic SR 927 SW

だ.

立ち回り先のカメラ屋さんでは欠品.

Panasonic SR 927 W 酸化銀電池

で代用する.ハイレートらしいが電圧は同じだし,927 という数字は電池のサイズを表しており,とりあえずは大丈夫でしょう.

バッテリーは無くても使えるが,メモリが消えるのでやはり入れておきたいところ.
ちなみに,カシオの検算機能(音が出る!! とは知らなかった.)付きモデルのバッテリーは CR-2025 だったりする.


この CASIO JS-10L も 以前私の過去記事で触れたCASIOの電卓と同じように,[+]キーを叩くと金属音を発する.親のカタキみたいに叩いたのだろうか.
アルミパネルにキズは多く,使い込まれてはいるが,しかしまだまだ現役だ.
キーの取りこぼしはまったくない.
2色成型のキーはむしろ磨かれた宝石のようだ.


先に進みたいのでここで終わる.


2012年5月17日 (木)

関数電卓に載せられなかったもの / CASIO JS-10L → fx-260A

関数電卓に載せられなかったもの / CASIO JS-10L → fx-260A

          2012年05月17日初出
          2012年05月23日加筆修正


左は,

CASIO JS-10L

Made in Japan

8桁の8L ,12桁の20L も存在する.

デザインはイマイチだが,今となっては貴重な日本国内製造品質.

キーなどはまるで宝石のようだ.

詳細はあらためて.

右はカシオの標準入力タイプの関数電卓,

CASIO fx-260A .

もう終わっているコイツを引っ張り出すのは最後にしたい.

CASIO fx-260A に載せられなかった
マルチパーセント.

・カシオ独自のマルチパーセント機能.
1.割合
2.割増し
3.割引き
4.比率
5.変化率(増減比率)
6.売価設定(マークアップ)
7.原価計算(も当然できる.マニュアルには載ってないけど.)

多機能過ぎると思わないか.

特に6.のマークアップはカシオの(関数ではない)電卓のウリだ.私は大嫌いだが.
他社は [MU] という専用キーが必要.

本稿ではカシオ機のマルチパーセント機能の
6番目のマークアップに注目する.

キーワード列挙.
X =ab÷(100−b)+a
D=ab÷(100−b)
a:仕入価格(原価)
b:売値の見込み率(%)
X :マークアップの式
x:定価
D :利益の式
d:利益

105.263157894(←見た事あるよね。)

● 本題
日本の関数電卓は,普通の電卓の派生型であり,そのほとんどのルールを引き継いでいる.
しかし,カシオのマルチパーセントのマークアップ機能だけは引き継げなかったようだ.

ここで例題
a:仕入価格(原価)を 120円
b:売値の見込み率(%)を25 %
とする.定価と利益を求めよ.(例題 MU1)

打鍵例は以下
[1][2][0][+][2][5][%]
答え:160(←定価=x)
続けて
[-]
答え:40(←利益=d)

と,いとも簡単に答えを返す.ただし,打鍵ルール違反であり カシオの 俺様ルール だ.

x:定価は160円
d:利益は40円
となる.


この時の電卓の内部処理を考える.
[数値][+][数値][%]
と打鍵すると電卓はマークアップと判断する.
以下の式を実行し,答えを返す.

X =ab÷(100−b)+a=160

この時,
D=ab÷(100−b)=40(←利益)
をスタックしていると考えられる.
スタックチェンジキーがないので確認はできない.
内部的には X より D の方が先に答えが出る.この D をスタックしておき,次のコマンドとなる
[-]
が打鍵されると液晶ディスプレイの [160] を払い,スタックしていた D を表示するようだ.
[x][-][a] を実行させるよりこちらの方が内部処理は簡単だろう.

しかし普通の電卓と違い,関数電卓は式の優先順位のためにスタックを待機させている.
[-]打鍵でスタックが落ちてくるマークアップの特殊な計算方式とは相容れなかったのだろう.

自慢のマークアップが関数電卓ではこうなる.

[1][2][0][+][2][5][%][=]

答え:2100

答え:580

しかも当然次の [-] キーは効かない.



これは,標準入力タイプの fx-260A だけでなく,数式通り入力タイプの fx-290 や,プログラム電卓の fx-4500Pfx-4500PA) でも同じである.

ちなみにマニュアルにはこの打鍵方法は載っていない.
(fx-260A のマニュアルは手元になく,未確認.)

2012年05月23日加筆:fx-260A のマニュアルを確認.この打鍵方法が載っていた.

(例5)
500gの試料に300gを加えると,初めの何%となるか?




例題の数値が違うのでこれを今回の数値で読み換えると

『25gの試料に120gを加えると,初めの何%となるか?』というもの.

数式は (120+25)/25×100=580(%)

であった.例題の書き方も難解だ.

fx-4500PA も同じ答えを返すが,P192から成る至極丁寧な好感の持てるマニュアル本のP50「パーセント計算」の例題には

[数値][+][数値][%]

の打鍵例は載っていない.カシオの標準入力タイプから数式通り入力タイプへの移行期の葛藤が垣間見える.




カシオの電卓で

[1][0][0][+][5][%]

と打つと返す答えが,

105.263157894

になる理由は,マークアップを求めるカシオの電卓の打鍵ルールだから.

カシオのルールはいろんな意味でやさしくない.

 

2012年5月 7日 (月)

CASIO fx-500ES 自己診断モード / CASIO fx-500ES

CASIO fx-500ES 自己診断モード / CASIO fx-500ES

冒頭の写真は 数式自然入力タイプの

CASIO fx-500ES

の自己診断画面の一部.

ROM 018
MODE P2
Press AC

ROM のナンバーらしき数字
MODE P2 の意味は不明.
私は数字に弱いが,ハードウェアにも弱い.

Press AC に従って [AC]キーを押すと次のステップへ と.

自己診断モードでは 液晶ディスプレイの表示欠けの有無,コントラスト,ROM と RAM のチェックもしていると思われます.
(カシオ機では RAM の表示は出ませんが,シャープ機は RAM とはっきり表示されるので,カシオ機も当然やっているでしょう.)

最後に全キーの押し下げテストを実行しておしまい.
49キー.

hp 15c Limited Edition ではやらないつもり。壊れたらイタイから。

カシオやシャープは安心。

キヤノン機は今のところ裏モードへの入り方不明。

2012年5月 1日 (火)

無印良品 電卓・10桁 白 にストラップをつけました。 / サントリー 伊右衛門 玄米茶のオマケのとんぼ玉

無印良品 電卓・10桁 白 にストラップをつけました。 / サントリー 伊右衛門 玄米茶のオマケのとんぼ玉

オマケには釣られないように気を付けているのですが。

コンビニにお遣いに行った駄賃に何でも好きなものを買ってくれるというので(←子供かいっ。 と ひとりツッコミ)。

見回すと、ゴールデンラインのやや上の方にさくら色のとんぼ玉ストラップを発見。

全6色。やはりあの電卓には淡いさくら色が似合うかな。
というワケで身柄を確保。

無印良品の 電卓・10桁 白 BO-198 に合うストラップを探していたのですよ。
とはいえ、わざわざではなく、立ち回り先でピンとくるモノ。

帰って着けてみました。パーソナル カラーコーディネーターも合格点をくれました。

これで 無印良品 電卓・10桁 白 BO-198 が私的に完成。

玄米茶はその日のスイーツにぴったりで旨かったですよ。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »