2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

« CASIO fx-500ES 自己診断モード / CASIO fx-500ES | トップページ | メイド イン ジャパンの電卓 / CASIO JS-10L »

2012年5月17日 (木)

関数電卓に載せられなかったもの / CASIO JS-10L → fx-260A

関数電卓に載せられなかったもの / CASIO JS-10L → fx-260A

          2012年05月17日初出
          2012年05月23日加筆修正


左は,

CASIO JS-10L

Made in Japan

8桁の8L ,12桁の20L も存在する.

デザインはイマイチだが,今となっては貴重な日本国内製造品質.

キーなどはまるで宝石のようだ.

詳細はあらためて.

右はカシオの標準入力タイプの関数電卓,

CASIO fx-260A .

もう終わっているコイツを引っ張り出すのは最後にしたい.

CASIO fx-260A に載せられなかった
マルチパーセント.

・カシオ独自のマルチパーセント機能.
1.割合
2.割増し
3.割引き
4.比率
5.変化率(増減比率)
6.売価設定(マークアップ)
7.原価計算(も当然できる.マニュアルには載ってないけど.)

多機能過ぎると思わないか.

特に6.のマークアップはカシオの(関数ではない)電卓のウリだ.私は大嫌いだが.
他社は [MU] という専用キーが必要.

本稿ではカシオ機のマルチパーセント機能の
6番目のマークアップに注目する.

キーワード列挙.
X =ab÷(100−b)+a
D=ab÷(100−b)
a:仕入価格(原価)
b:売値の見込み率(%)
X :マークアップの式
x:定価
D :利益の式
d:利益

105.263157894(←見た事あるよね。)

● 本題
日本の関数電卓は,普通の電卓の派生型であり,そのほとんどのルールを引き継いでいる.
しかし,カシオのマルチパーセントのマークアップ機能だけは引き継げなかったようだ.

ここで例題
a:仕入価格(原価)を 120円
b:売値の見込み率(%)を25 %
とする.定価と利益を求めよ.(例題 MU1)

打鍵例は以下
[1][2][0][+][2][5][%]
答え:160(←定価=x)
続けて
[-]
答え:40(←利益=d)

と,いとも簡単に答えを返す.ただし,打鍵ルール違反であり カシオの 俺様ルール だ.

x:定価は160円
d:利益は40円
となる.


この時の電卓の内部処理を考える.
[数値][+][数値][%]
と打鍵すると電卓はマークアップと判断する.
以下の式を実行し,答えを返す.

X =ab÷(100−b)+a=160

この時,
D=ab÷(100−b)=40(←利益)
をスタックしていると考えられる.
スタックチェンジキーがないので確認はできない.
内部的には X より D の方が先に答えが出る.この D をスタックしておき,次のコマンドとなる
[-]
が打鍵されると液晶ディスプレイの [160] を払い,スタックしていた D を表示するようだ.
[x][-][a] を実行させるよりこちらの方が内部処理は簡単だろう.

しかし普通の電卓と違い,関数電卓は式の優先順位のためにスタックを待機させている.
[-]打鍵でスタックが落ちてくるマークアップの特殊な計算方式とは相容れなかったのだろう.

自慢のマークアップが関数電卓ではこうなる.

[1][2][0][+][2][5][%][=]

答え:2100

答え:580

しかも当然次の [-] キーは効かない.



これは,標準入力タイプの fx-260A だけでなく,数式通り入力タイプの fx-290 や,プログラム電卓の fx-4500Pfx-4500PA) でも同じである.

ちなみにマニュアルにはこの打鍵方法は載っていない.
(fx-260A のマニュアルは手元になく,未確認.)

2012年05月23日加筆:fx-260A のマニュアルを確認.この打鍵方法が載っていた.

(例5)
500gの試料に300gを加えると,初めの何%となるか?




例題の数値が違うのでこれを今回の数値で読み換えると

『25gの試料に120gを加えると,初めの何%となるか?』というもの.

数式は (120+25)/25×100=580(%)

であった.例題の書き方も難解だ.

fx-4500PA も同じ答えを返すが,P192から成る至極丁寧な好感の持てるマニュアル本のP50「パーセント計算」の例題には

[数値][+][数値][%]

の打鍵例は載っていない.カシオの標準入力タイプから数式通り入力タイプへの移行期の葛藤が垣間見える.




カシオの電卓で

[1][0][0][+][5][%]

と打つと返す答えが,

105.263157894

になる理由は,マークアップを求めるカシオの電卓の打鍵ルールだから.

カシオのルールはいろんな意味でやさしくない.

 

« CASIO fx-500ES 自己診断モード / CASIO fx-500ES | トップページ | メイド イン ジャパンの電卓 / CASIO JS-10L »

Calculators」カテゴリの記事

コメント

以下の部分が間違っていますな。
のちほど訂正します。

>自慢のマークアップが関数電卓ではこうなる.
[1][2][0][+][2][5][%][=]
答え:2100

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/45301367

この記事へのトラックバック一覧です: 関数電卓に載せられなかったもの / CASIO JS-10L → fx-260A:

« CASIO fx-500ES 自己診断モード / CASIO fx-500ES | トップページ | メイド イン ジャパンの電卓 / CASIO JS-10L »