2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« Canon F-502G,rotring 300 芯ホルダー や あれこれ | トップページ | 逆数からみた日本の関数電卓の血統 その6 / Canon F-604,PILOT SUPER KNOCK 80 »

2012年4月 8日 (日)

逆数からみた日本の関数電卓の血統 その5 / Canon F-502G

Canon F-502G

                   2012年04月08日初出
                   2012年04月11日修正


コレをしばらく使っていたが、あらためて書く事があまりない。


公平を期すために Canon F-502G にも他の標準入力タイプと同じように,√キー以外の関数キーを使わずに以下の例題をやらせてみる.

2√((1/8)^2+(1/12)^2)^-1

(8の逆数の2乗に 12の逆数の2乗を足し たものの逆数を開平して2を掛ける.) (例題1-1)

打鍵例は以下.

[8][÷][=][=][×][=][M+][12][÷][=][=][×][= ][M+][RCL][MR][÷][=][=][√][×][2][=]

答え:13.31280471  22行程(ここで は数値は桁数に関わらず1とカウントする)
で,SHARP EL-501E と同じ.
(注:EL- 501E の記事に間違い.21→22行程に修正です。)

この Canon F-502G は,SHARP EL-501E をベースにしているのでこうなるのは当然.

ちなみにこれは最少打鍵数ではない.最少は,マイナス2の20行程.
[M+]キーのコマンドは,

ここまでの数式を評価してメモリに加算せよ

なので,正式には直前の[=]キーは不要だ.このシリーズでは あえてこうしている.



Canon は SHARPの名機 EL-501E をベースに機能を追加した.

・60進法変換を従来の標準型小数入力変換方式から,改良した [゚ ' '']キーに.
だが直感的にはまだ使いづらく,現在の数式通り方式のように誰でも使いやすい入力方法にはなっていない.
CASIO fx-260A のような完成形は,カシオが最初だと思っていたが,シャープが一歩先のようだ.

・既存の [F<->E] キーに加えて,[ENG] キーの追加.




削除した機能

・スタックチェンジキー

私はこのキーが大好きなので残念だ.標準入力方式には必須とまではいえないが必要なキーだと思う.
それゆえ私的には使用頻度が落ちる.
ちなみに,TI-30XA にもスタックチェンジキーはついている.

右下に [M+] キーがある.意外に打鍵ミスはしないようだが,たまにコイツでメモリを書き換えてしまい 非常に痛い.



ソツなくまとまっているが、愉しさがない。

デザインは気に入っているのだが、失ったスタックチェンジキーと右下の [M+] キーがコイツの使用頻度を落としている。



標準入力タイプの進化型。 Canon が出した答えが F-604 だ。

« Canon F-502G,rotring 300 芯ホルダー や あれこれ | トップページ | 逆数からみた日本の関数電卓の血統 その6 / Canon F-604,PILOT SUPER KNOCK 80 »

Calculators」カテゴリの記事

コメント

CASIOの標準電卓における60進法変換については
自分の知る限りでは1979年発売のFX-502Pですでに確立されていました。
(これ以前については私も子供だったのでわかりません)
入力も、表示方法も当時と標準電卓最後のfx-260Aで変わりありません。

>for3Kp さま
たいへんに貴重な情報をありがとうございます。レスが遅くなり申し訳ありません。
FX-502P で既に確立されていましたか。1979年との事。
現在のところ、FX-600系までさかのぼってきていますが、実機が無く苦戦しています。
実は現在、【時間計算キー考】と【ラストアンサー考】の記事を書いています。
不備な点がありましたら、再びのアドバイスをいただけると たいへんに嬉しいです。
ありがとうございました。

すみません、ひとつ謝らせてください。
fx-260Aを今日改めて試してみたところ、過去の機種とは違っていることに気が付きました。
やはりHagyさんの認識で合っているようです。
fx-502Pや602P/603Pは今のCANONの標準電卓と同じ方式([゚ ' '']押下ごとに数値が確定する)です。

それではfx-260A(SOLARも含む)より前で標準電卓はどんな機種があったのか?
調べてみたかったのですが、2006年のカタログにはfx-260SOLAR(260Aの前機種)しかありませんでした。
自分が603Pを購入したのは90年代のはじめころ(多分93-94年?)だったと思いますが、当時はすでに
VPAM/SVPAMが主流だと思われ、標準電卓としては603Pが260の前だったんではないかと推測します。

>for3K さま
さっそくの返信 ありがとうございます。
私も 改めて打鍵してみると違っている 事が非常に多いです。

ソフトウェアや付加機能の開発は、時間やコストの問題だけでなく実は各社の方式には特許や意匠登録的な権利取得などがあったりするのかな?
などとも思っています。
わずか数年前の事なのに、実機も含めて 意外に資料の入手が難しかったりします。そこもまた面白いですが。

for3K さまには 推測も含めて今後もコメントをいただけると嬉しいです。
有意義なディスカッションが展開できるかと思います。後進の方々に役立つように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/44798515

この記事へのトラックバック一覧です: 逆数からみた日本の関数電卓の血統 その5 / Canon F-502G:

« Canon F-502G,rotring 300 芯ホルダー や あれこれ | トップページ | 逆数からみた日本の関数電卓の血統 その6 / Canon F-604,PILOT SUPER KNOCK 80 »