2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 逆数からみた日本の関数電卓の血統 その4 / SHARP EL-501E のあれやこれや | トップページ | Canon F-502G,rotring 300 芯ホルダー や あれこれ »

2012年4月 1日 (日)

BOXYブランドのユニボール シグノ

BOXYブランドのユニボール シグノ

ユニボール シグノが欲しくなった。

私はこれの ブラウンブラック が好きだ。
黄色系の付箋にはこの色が似合う。
室内に貼ってあるものが はや3年。その文字は少しも色褪せていない。
(ちなみに、普通の油性ボールペンの方はとうの昔に退色している。)

しばらく使っていなかったが、無性に恋しくなった。

先日、ユニボール シグノ(ノーマル)を使っている方をみた。
人が使っているとなんだかかっこよく見えて、自分も使いたくなる。
これの黒インクと赤インクの愛用者は多い印象がある。

以前は 0.38 では細すぎと感じ、 0.5mm の軸をカットして使っていた。0.5 の軸はキャップのデザインが好きになれなかった。
軸が少し長いので、そのまましばらく使ってインクを少し減らしてから斜めにカットして使っていた。
ノーマルと見分けがつかないので、斜めカットにした。

最近はそういう事が面倒になっているので、結果 0.38mm を選択。
時間が取れなくてトンとご無沙汰になってしまった行きつけの文具店に行ってみた。自宅に戻れば2〜3本はあるハズだが、 行ってみた。

そこに BOXY ブランドの3本セットがあった。だいぶ以前の復刻版のシリーズだ。
(注:元祖BOXY にはユニボール シグノはなかったハズだ。)

3本セットのケースが なかなか良さげだ。
青を外してブラウンブラックを入れようかと。

黒インクはしばしば求められるのではずせない。赤インクは何かと便利。いやいや ここは青インクもすてがたい。
常用色のブラウンブラックで私的には最高だ。
これに M.P もセット出来ると最強なのだが。。。

 

線幅は 0.38mm で 全く問題ない。

実はコレの黒インクと赤インクを使うのは初めてだ。

« 逆数からみた日本の関数電卓の血統 その4 / SHARP EL-501E のあれやこれや | トップページ | Canon F-502G,rotring 300 芯ホルダー や あれこれ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/44709326

この記事へのトラックバック一覧です: BOXYブランドのユニボール シグノ:

« 逆数からみた日本の関数電卓の血統 その4 / SHARP EL-501E のあれやこれや | トップページ | Canon F-502G,rotring 300 芯ホルダー や あれこれ »