2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 逆数からみた日本の関数電卓の血統 その3 / CASIO fx-260A-N | トップページ | BOXYブランドのユニボール シグノ »

2012年3月30日 (金)

逆数からみた日本の関数電卓の血統 その4 / SHARP EL-501E のあれやこれや

逆数からみた日本の関数電卓の血統 その4 / SHARP EL-501E のあれやこれや

                          2012年03月30日初出
                          2012年04月08日修正



2√((1/8)^2+(1/12)^2)^-1

(8の逆数の2乗に 12の逆数の2乗を足し たものの逆数を開平して2を掛ける.) (例題1-1)


SHARPの標準入力タイプの関数電卓もCASIO機と同様に一般実務電卓機能の上に関数機能を載せている.

SHARP EL-501E(501J も中身は同じなので同じ挙動.) の打鍵例は以下.

[8][÷][=][=][×][=][M+][12][÷][=][=][×][= ][M+][RCL][÷][=][=][√][×][2][=]

答え:13.31280471  21(22)行程(ここで は数値は桁数に関わらず1とカウントする)

CASIO機の同クラスより打鍵数が少ない.
これはSHARP機全般にいえる特徴だが,時に欠点にもなる.

新しいデザインの 501J  もあるが、旧タイプの 501E の方が使いやすくて好きだ。
キーストロークが浅く,指頭で叩く様に入力するのに馴れると,わずかにストロークの深い 501J がイマイチに感じる。
何より 501E のサイズの大きなキーが良い。ひとまわり大きなテンキーは叩きやすい。

サイズと軽さもあいまってサッと取り出してチャチャッと使うには最高だ。

これを使っていると,[F<->E]キーは確かに関数電卓には必須だとつくづく思う。

私的には xスタックと yスタックのエクスチェンジキーも標準入力タイプには必須だと思う。
私はこのキーを使うのが好きだ。このキーを使う時、少し難しく事をひとひねりしてくぐり抜けた感がある。
標準入力タイプで、アンサーをメモリに退避させずに解にたどり着けると嬉しい。

見た目のデザインなどはどうでもよい.使いやすい事が大切だ。
新型の 501J が発売された時に、某家電量販店で最後の1台だった 501E  を1台確保しておいたのは言うまでもない.
ブリスターパックに入ったまま保存してある.

« 逆数からみた日本の関数電卓の血統 その3 / CASIO fx-260A-N | トップページ | BOXYブランドのユニボール シグノ »

Calculators」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/44693024

この記事へのトラックバック一覧です: 逆数からみた日本の関数電卓の血統 その4 / SHARP EL-501E のあれやこれや:

« 逆数からみた日本の関数電卓の血統 その3 / CASIO fx-260A-N | トップページ | BOXYブランドのユニボール シグノ »