2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 久々に文具に燃えました。マルチペンあれこれ。 | トップページ | 無印良品のハンディ電卓 / 電卓・10桁 白 BO-198 »

2012年2月 3日 (金)

スリッチーズ 黒軸 のシャープペンシルが良い。 / Pentel Sliccies S+2 COLORS

スリッチーズ 黒軸 のシャープペンシルが良い。 / Pentel Sliccies S+2 COLORS
       

今、私的にはマルチペンがアツい。
       

PILOT の 2+1 LIGHT 黒軸が気に入っているが、それをあるポイントで凌いだのがコレ。
      
        
        
        

Pentel Sliccies S+2 COLORS ブラック軸
      
      
       

女子向けのアイテムのようだが、黒スケルトン軸なら男子でも大丈夫だろう。
      
      
       
      

お気に入りポイント
・剛性
・デザイン
・ラバーの無いグリップ
・ゲルインク
     
      
      

残念ポイント
・ゲルインク
     
     
     
       

関数電卓や数学的作業と相性が良い筆記具は、鉛筆,シャープペンシルだろうか。
筆記具としてはお気に入りの万年筆は、ちとツラい。
        
      
      
私はぺんてるのシャープペンシルは好きだ。
ノックの感触と音が最高だ。
        
       
       

【剛性】
ぺんてるのシャープペンシルにかける意気込みは高く評価したい。
この スリッチーズ S+2 は、多彩なゲルインクリフィルとシャープペンシルが使える軸だ。
ノック部のパーツを組み込み式にして、しかもしっかりと作り込んだのはさすがだ。
この辺りのガタつきは、質感を思いっきり低下させるが、組み込み式でカッチリしているのが良い。
軸先端とシャープペンシルのクリアランスはベスト。素晴らしい精度。ほとんどガタつきを感じない。
加えて中軸の剛性も高く、たわみがない。
樹脂軸のマルチペンでは、私の知る限り最高だ。
いまのところ、持ち運びや筆記で一度も芯が折れていない。
       
       
           

【デザイン】
クリップは私にとって重要で必須のパーツだ。
メタルを感じさせる銀色をクリップ前面に配したところが高評価。ポケットに挿した時の カオ として重要。男子でも大丈夫。
       
ラバーの無いグリップと このクリップの組合わせで、手帳を入れたシャツや作業着の胸ポケットにストンと入り、脱落しない。
この使い勝手は、私のこよなく愛する BiC の4色ボールペンと双璧を成す。
シャープペンシルが必要な時にはこの スリッチーズ の他に選択肢はない。
       
ノックパーツが透明クリアなので、チャチに見えない。青や赤がチラリと見えているのは なんともいただけない。        
このパーツを小さくしてクリップの影に潜ませているのも良い。
後発の利を生かして、恐ろしいゲルインクの 勝手に飛び出しインク染み防止 に大いに寄与している。
      
       
        

【ゲルインク】
微妙だ。視認性は高評価だが。 私はぺんてるの油性ボールペンを信頼していない。ので、ゲルインクで良い。
インクの乾きも速くなった。

ゲルインクボールペンには、PILOTのハイテックC という巨人が存在する。
外軸と中軸を高い剛性で繋ぎながら、ペン先をニードル(針状)にする事でそのしなりやたわみを利用して、タメやはらいを軽い筆致で豊かに表現させ、線のカスレをも防ぐ。
おそらくこれを超えるのは難しい。

ぺんてるは、ゲルインクのペン先の硬度を上げて、しっかり書かせるアプローチ。
油性ボールペンならそれで良いだろうが、せっかくの軽い筆致で書けるゲルインクを生かしているとはいえない。
線を引きずるアルファベット圏でローラーボールの人気が高・・・
と、ここまで書いて、ぺんてるのマーケットはとうのむかしに日本だけではない事に気付く。むしろ、国内のシェアはその一部でしかないだろう。
        

ただいえるのは、シャープペンシルとゲルインクボールペンの硬度のバランスはきちんととれている。
      
      
      
      

この スリッチーズ の私的なポジションは、シャープペンシルがメインだ。
シャープペンシルで書き込み、赤のゲルインクボールペンでラインマーカーの代わりをさせる。
黒のゲルインクボールペンも付いていると、何かと便利。
      
        
      
赤のゲルインクで下書きして、黒のゲルインクで修正する という使い方も便利。
デザインや図示する時に便利。
ただし、頻繁に赤インクで文字を書いていると、警戒されるので注意が必要だ。
      
      
      

このクラスのマルチペンでは、シャープペンシルはオマケの存在になりがちだが、コイツは違う。
    

      
      
クリップの横からチラリと赤が見えるのも気に入っている。
     
      

 

« 久々に文具に燃えました。マルチペンあれこれ。 | トップページ | 無印良品のハンディ電卓 / 電卓・10桁 白 BO-198 »

多機能ペン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/43975405

この記事へのトラックバック一覧です: スリッチーズ 黒軸 のシャープペンシルが良い。 / Pentel Sliccies S+2 COLORS:

« 久々に文具に燃えました。マルチペンあれこれ。 | トップページ | 無印良品のハンディ電卓 / 電卓・10桁 白 BO-198 »