2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

« [10n]キーの扱い その2 / TI-30XS の欠点は? | トップページ | 最強のハサミ大人買い / CANARY GBS-600 »

2011年12月25日 (日)

TI-36X Pro をようやく開封しました。 / Texas Instruments TI-36X Pro

TI-36X Pro をようやく開封しました。 Texas Instruments TI-36X Pro

     

私はこういうものを購入したら、店舗によっては下りのエスカレーター、下りの階段、最寄り駅までの道を歩きながら、駅のエスカレーターや 帰りの車中 等で開封してしまう。
万年筆なら、カートリッジインクをブチ込んでしまう。
     
     
     

購入して半年も眺めていたのは、初めてだ。
   
   
   


ファーストインプレッションを記す。
     

先ずは外観から。

・ブリスターから取り出してみると、
フロントパネルの艶消しブラックは良い。 のだが、 両サイドの色味がよろしくない。
ガンメタリックのような濃いグレーかと思っていたが、紫に黒を入れたのだろうか?
アメリカのケーキを思い出した。あまり食欲をそそらない。
せめて艶消しならまだマシだろうが、所謂鏡面仕上げ。
こちらの方が、手に汗をかいてさえいなければ滑らないだろうが。

デザイン、特に色に厳しい方にはおススメしない。
     


・重量は 30XS より少し重くなった気がする。
    
・キータッチも若干重さというか硬さが増した感じがする。


TI-36X Pro をようやく開封しました。 Texas Instruments TI-36X Pro( ←ピンボケで申し訳ない。左側が機体上方です。薄いブルーがシフトキー。)

・キーは水平ではなく、奥がわずかに高くなっている。意外に芸が細かい。
   

・指数入力専用キー[EE]を与えられており、log の逆関数[10n]キーは改修されている。(北米ルール。)
    

・逆数キーが分数となり、分数を返してくる。(こう書くと当然といえば当然のようだが....)
やはり精度を上げるためだろうか。時代は分数らしい。。。
   

・テーブル機能が多機能になっている。

    
・最大の武器は、なんといってもマルチタップキーだろう。
   

詳細は改めて。 

 

« [10n]キーの扱い その2 / TI-30XS の欠点は? | トップページ | 最強のハサミ大人買い / CANARY GBS-600 »

Calculators」カテゴリの記事

コメント

色合い・ツヤなどから、2chの関数電卓関連のスレッドではゴキブリという愛称(?)で呼ばれていますw

確かにギロいですが、それはちょっと....
大人になってすっかり虫が苦手になりまして。
スレ傷で 両サイドの艶がなくなるまで使い込みたいと思います。
シャープの新型の J シリーズなんかも、表明のテカテカがガサガサになるまで使い込んだらカッコイイんじゃないか と思いますねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/43500178

この記事へのトラックバック一覧です: TI-36X Pro をようやく開封しました。 / Texas Instruments TI-36X Pro:

« [10n]キーの扱い その2 / TI-30XS の欠点は? | トップページ | 最強のハサミ大人買い / CANARY GBS-600 »