2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« CASIO vs TI / CASIOの分数保持の系譜 その2 とあれやこれや | トップページ | TI-30XS の欠点から考える [10n]キーの扱い »

2011年12月11日 (日)

TI-30XS の大きな欠点

TI-30XS の大きな欠点
↑割り算


TI-30XS の大きな欠点
 ↑分数


      
TI-30XS には大きな欠点があった。
  
  

結論からいこう。
  

[EXP]キーを実装しなかった事だ。

( TI では 30Xa から [EXP]キーは [EE]キーと表示.)

  
  

  
[EXP]キーは指数を入力するキーだ。
機種によってまちまちだが一般に [仮数][E][指数] 的な表示になる。
 
 
 


例題の意図としては 指数で表した大きな数を、同じく指数で表した小さな数で割る というもの。
当然,除算でも分数でも同じ答えを返さなければならない。
   

私有の TI-30XS の写真では、分数で計算させたものがこの場合は正解。

除算では 桁違い という決して許されない結果を返す。
  



TI-30XS では指数としての [×10n]キーが数式の途中にあっても粛々と左から計算してしまう。

CASIOでも、意図的に同じ入力(誤った入力)をすると、30XS と同様に桁違いの答を返す。
  
   
   


[仮数][10n][指数][÷][仮数][10n][指数]
   

   
[仮数][×][10n][指数][÷][仮数][×][10n][指数]
  

では結果は違うのだ。
  
  



今 手元にある CASIO fx-373ES でも、Canon F-720i でも結果は同じで、
( [log]キーの裏にある [10n] キーを使う。)
CASIO も Canon も [×]あり と [×]なし の挙動は一致する。
  
      

TI との違いは、CASIO機は
[仮数][10n][指数]
と入力しても [EXP]キーと同じ挙動になる事。
  


TI-30XS では例えば、
[6][10n][23]
と入力すると
[610の23乗]
と認識する。
  
    


ちなみに、CASIO の [×10n]キーは指数キーであり、指数キーとして正しい優先順位を持ち、正解を返す。
  
  
  



TI-30XS では指数の入力に [×10n]キー しか使えないのが最大の欠点かもしれない。
  

[×][10n]

指数キーとしての [×10n]は同じ
と見なしてしまう。
  
   



正しい認識はどちらだ?



  

« CASIO vs TI / CASIOの分数保持の系譜 その2 とあれやこれや | トップページ | TI-30XS の欠点から考える [10n]キーの扱い »

Calculators」カテゴリの記事

コメント

TIも不具合だということはわかっていたんでしょうね。TI-30XSの指数表示の欠点に関しては、TI-36X Proでは[EE]キーをもたせることで解決していますから。しかし未だに不具合としか言いようがないTI-30XSが売られているのは不思議です。
まあ、括弧でくくってやれば正しい答えを出すのは間違いないですが。これは6÷2(1+2)の問題と同じで、もしかすると[x10n]は厳密には括弧を使って表記するのが正しいのかもしれません。

コメント ありがとうございます。
  

>TI-36X Proでは[EE]キーをもたせることで解決....

いやぁ 36X Pro の記事の前フリだったのですよ(^-^ゞ
36 X Pro は開封してないけど、ブリスター越しに[EE]キーが見えるので。
  
  

>未だに不具合としか言いよ うがないTI-30XSが売られているのは不思議で す。
  
アメリカってホント大陸的ですよね。
しかし、電卓のソフトウェアの改修ってそんなに大変な事なのでしょうかね。
  
  

>これは6÷2(1+2)の問題 と同じで、
>もしかすると[x10n]は厳密には括弧を 使って表記するのが正しいのかもしれません。
  
[×10n] については、手持ちの電卓のキーを叩きながら素人なりにあれこれ考えています。
仰る通り、そういった解釈があるのかもしれませんね。
引き続き調査してみます。

この電卓には、[10n]が左端上から二番目のシフトキーに設定されているので、[x10n]は指数設定用のものでしょう。にもかかわらず二つのキーの働きは同じものです。
これは明白に不具合であると言い切ってよいと思います。

そうなんです。二つのキーの動きが同じになってしまうのです。

関数電卓に [log] [10n]キーは必須のキーです。
私にとって解せないのは英語圏でありながら指数キーを [EXP] や [EE] ではなく [×10n] としたのはナゼか? という点。
[EE] キーを叩いた結果、[×10n]と表示されるまたは [×10n] キーと同じように動作するなら不具合と思えるのですが、
このモデルが日本でいうところの中学生向けの 教育用のものでもある事を考えると、ひょっとして敢えてこのような仕様(問題提起)を選んだのでは
と思ってみたりもするワケです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/43335971

この記事へのトラックバック一覧です: TI-30XS の大きな欠点:

« CASIO vs TI / CASIOの分数保持の系譜 その2 とあれやこれや | トップページ | TI-30XS の欠点から考える [10n]キーの扱い »