2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 最近 出番が多い2台(本当はあと2台も稼働中だけど)/ Canon F-720i と TI-30XS | トップページ | CASIO vs TI / CASIOの分数保持の系譜 その1 »

2011年11月30日 (水)

Table 機能 / CASIO fx-373ES

Table 機能 / CASIO fx-373ES

公平になるように、CASIO機の Table 機能も紹介しよう。
  
  

私はESシリーズは373しか所有していないので、以下は373ES の挙動.
 
 


[MODE]打鍵.

6 番が Table.

f(x)= と表示されるので入力.

Table 機能 / CASIO fx-373ES
 
  
  

例題は TI の時と同じインピーダンスの公式.
  
 
 


TI-30XS との違いは
1, 10桁表示
2, 入力に制限が多い
3,テーブルモード脱出や電源OFFで綺麗に消えてなくなる.←やはりコイツは痛い.
  
 

TI の13桁より3桁少ない10桁だが これは大した問題ではない.

それより入力制限が多くエラーで戻されるのが問題.
  

・スタートとエンドとステップの入力は ほぼ同じだが,CASIOは一度に「30個」までの数値テーブルしか作れない.

・エンドにはスタートより小さい数値を受け付けないので,負数を入力するためには初期値を考えなければならない.

今回は初期値を[-9.4]としたのでエンドのMAXは30ではなく20だ.

直感的に使える TI のテーブル機能を先に使っていたので,なぜエラーなのか何度もマニュアル参照が必要となった.
 
 



CASIOは入力した数値で一気に計算し,(意外に時間がかかる.373ES はその間のシンボルが点灯しないのもマイナスポイント.)その結果はスクロールして閲覧する.
  

一方の TI の [Ask-X] モードでは入力した数値のみを計算し,
[Auto] モードでは設定したピッチで表示されている3列までを瞬時に計算し,
スクロールするとその都度値を計算するメモリに負担を掛けない仕様.

どちらかといえばスクロールがもっさりとした印象の TI だが,このスクロールにはストレスがない.
  
  



テーブル機能では,ほとんどエラーを返さない入力の自由度と使い勝手で TI の勝ちであろう.
  
  
  
私は CASIOには厳しいが,CASIO はこのくらい厳しく評価しても良い と考えている.  
  



  
ちなみに,久しぶりに 373ES に触れたが,筐体やキーの質感の良さはさすがの日本メーカー製 と感じた事も付け加えておく.




  
   

« 最近 出番が多い2台(本当はあと2台も稼働中だけど)/ Canon F-720i と TI-30XS | トップページ | CASIO vs TI / CASIOの分数保持の系譜 その1 »

Calculators」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/43198793

この記事へのトラックバック一覧です: Table 機能 / CASIO fx-373ES:

« 最近 出番が多い2台(本当はあと2台も稼働中だけど)/ Canon F-720i と TI-30XS | トップページ | CASIO vs TI / CASIOの分数保持の系譜 その1 »