2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 関数電卓 TI-30XS の小さな欠点 | トップページ | CS-133D の実力 その1 / ロワジャパン CS-133D »

2011年10月22日 (土)

便利機能 Table ,Auto編 / TI-30XS

便利機能 Table ,Auto編 / TI-30XS

 
TI-30XS の便利な機能.
 
Table
 
Ask-x は 先生のページで すでに紹介されていますので、こちらでは Auto 編を。
 
Auto を選択すると一定のピッチで自動計算してくれます。
計算結果は3行表示ですが こちらの Auto モードはスクロール出来ますので便利です。
 
例題はわかりやすいように 先生のページと同じインピーダンスの公式を使います。
 
 
画像の1枚目の下段右から2番目の [table]キーを打鍵すると y= と表示されます。
 
そこに、例のインピーダンスの公式を入力。 

前モデル XB と 当方の XS では、 10/xの二乗の2の表示位置が少し違うようです.XB から  XS になってマイナーチェンジしている可能性があります。
 
 
 
[enter] キー打鍵で次の画面になります。
 
便利機能 Table ,Auto編 / TI-30XS
 
Start は 9.6
Step は -1
と入力してみました。先生のページと同じ並びになるような設定です。
Start と Step には任意の数値が入力可。13桁まで。負数も可。
Start はどこから演算を開始するかの指示。 Auto なら Step のピッチでスクロールできるので、ある意味 数値はなんでもかまいません。
この場合 Step を -1 にしましたので、x の数値を 1 減算しながら自動計算して y の値を求めてくれます。
ちなみに、ここでも [(-)] と[−] キーは厳格に区別されます。
 
   
次に [Auto] を選択して [OK] で [enter].
 
計算結果は、いわばマニュアルモードの Ask-x と同じく3行で表示されます。 
 
 

便利機能 Table ,Auto編 / TI-30XS 
    


[Auto] モードではスクロールできます。
[Step]の入力値のピッチで自動計算してくれます。   
スクロールする度に上段に砂時計のアイコンが一瞬表示され、そのつど計算しているのがわかります。 

カーソルの位置の数値を x も y も Maxで13桁まで 最下段に表示。
 
 
 
スクロールしてゆくと、どの数値でエラーとなるかわかりやすいです。 

[↑]キーを1つ打鍵すると 
 
便利機能 Table ,Auto編 / TI-30XS
 
スクロールアップ。 9.6 から1ステップの 10.6 で数値はエラー に。
 
 
 
 
便利機能 Table ,Auto編 / TI-30XS   
スクロールダウンしたところ。  -10.4 でエラーに。   
 
さらなる詳細な数値が必要なら クリアキーで前画面に戻り、 Start や Step の数値を変更すればOK。

 
 
x ,y ともにこの画面では表示桁数に制限がありますが、カーソルを合わせると最下段にMaxで13桁まで表示してくれます。
 
   
[clear] キーや、[quit]キーで表示を消しても、本機の特徴ともいえる履歴が強力で、[table]キー打鍵で即再現。
上書き、リセット、メモリリセットしない限り電源オフでも Table の履歴も消えません。
(履歴は前回の1回分の履歴のみ) 
 
 
たしかに これは便利。シミュレーション計算系で私のような未熟者でも最も理解しやすかった。
 
 
 
Texas Instruments おそるべし。   
 
 
 

« 関数電卓 TI-30XS の小さな欠点 | トップページ | CS-133D の実力 その1 / ロワジャパン CS-133D »

Calculators」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/42638130

この記事へのトラックバック一覧です: 便利機能 Table ,Auto編 / TI-30XS:

« 関数電卓 TI-30XS の小さな欠点 | トップページ | CS-133D の実力 その1 / ロワジャパン CS-133D »