2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月23日 (金)

2つの記憶を持ち続ける関数電卓 / TI-30XS

 
  
 
前回書いた 30XS の特徴の少しだけ詳細を
 
   
1,Multi View は数式自然入力も出来るが、最大のウリは 4行表示ができる事 ではないか。
    
2,[Clear]キー打鍵で,実は数式も解もクリアしない。
    
3,数式利用時にメモリリコールの [RCL] キーがいらない。従って [RCL] キーが裏に回っていてもなんら差し支えない。
   
4,数式利用時にメモリリコールしても、ラストアンサーを書き換えない。
  
  
上記1と2は繋がっている.さらに履歴が残る事とも.
 
 

 

上記1と2について.

単純な数式を例にとる.

・本機は同列1列に,数式を左側,解を右側に表示する.(冗長な数値の時には改行される.)
・計算4回で液晶画面がいっぱいになる.
・[Clear]キー打鍵で画面が一掃される.が 実は上方にスクロールしている

TI ではScientific Calculators のページで
TI-30Xa を    One-line
TI-30X ⅡS を  2-line   (This scrolling, 2-line model と書かれている.)
TI-36X Pro を  4-line MultiView  (TI-30XSの上位モデル.30XSのブリスターには 4-Line Display と書かれている.)
(2011年9月現在)
と紹介している.

http://education.ti.com/educationportal/sites/US/productCategory/us_scientific.html
 

30XS ⅡS は日本でいう2行表示の数式通り入力機の事である.やはり研究のためにコイツも連れて帰るべきだった.失敗した.
 
 
 

国産機ではクリアキーで文字通り数式も解もクリアされる.
TI では数式も解も,そして実はエラーの履歴さえもすべて残っており,それらは順繰り上方にスクロールされている.
私はポケコンを使ったことがないので,これがポケコン由来の当然の挙動かどうかは知らない.
  
  

数式をクリアしないと書いたが,カーソル点滅状態の未確定の置数はもちろん [delete] [clear] ともに有効である.

 
 
  
数式と解の履歴(エラーの履歴までも)は,延々と上方に記録されている.
  
本機の[clear]キーは,履歴をスクロールアップさせているだけなのだ
  
  
ちなみに,液晶画面の4列が一杯になっていても,新規の計算のために打鍵すると
履歴は自動的にスクロールアップしてゆく.

国産機も原理的には同じだが,実際に 30XS を使ってみると,
 

TI-30XS では,前回の数式や数値と比較しやすく,数式と解の履歴はロール紙にプリントしてゆく感じで,

必要なら履歴から数式でも解でも好きな方を閲覧も再利用に持ち帰るのも簡単.

カーソルがたどり着いていれば、1ストロークでコピーして
新規数式としてペーストして計算の開始または,
入力中の数式の必要なところにペーストする.

入力中に履歴に自由にアクセスできるのだ.メモリストアやリコールを使う必要がないかも.
数式であろうが解であろうが [enter]キーの たった1ストロークである.
これは非常に便利.
(ただし,ゆっくりとスクロールするので 古い履歴にたどり着くには少々の時間が必要.)
 

一方の国産機は,過去の履歴はノートをめくる感じ.比較するには一枚一枚めくる感じ.
入力中に履歴にアクセス不可.履歴の数式や数値を入力中の数式に代入することなど当然不可能.
必要な数値はメモリに代入しておかねばならない.

TI-30XS ならある意味メモリは不要なほど.
しかも,コイツのメモリは最短1ストロークで利用可能だ.
(メモリについては また別の稿にて)

  
  
  
国産機にはない挙動はまだ続く.
  

  
  

国産機では [clear]キーを打鍵すると,当然画面はクリアされる.
次に [=]キーを打鍵しても何も起こらない.
  

30XS では [=]キーを打鍵すると(本機では [=]キーに相当するのは [enter]キー),
前回の数式と解が再度実行される.電源オフ後に復帰でも同じである.
30XS は二つの記憶を持っているような感じである
  
この機能により,電源オンにして [enter]キーの1ストローク打鍵により,最後の計算式が即時復活.
  
   
  

【ラストアンサー】は [2nd] [ans] で保持している.
【もう一つの記憶?】は最後の数式か? 最後に実行された計算を再度実行せよ というコマンドかは不明.
現在調査中.
  
  
 

 

 


2011年9月22日 (木)

TI-30XS の第一印象と特徴的な挙動 / Texas Instruments TI-30XS

TI-30XS の第一印象と特徴的な挙動 / Texas Instruments TI-30XS

 
  左は CASIO fx-373ES,右はTI-30XS Multi View

 

   
TI-30XS を使い始めた。
 
ファーストインプレッションを記す。
 
 
今回はウィークポイントからあげよう。 全てではないが。
   
・[F<->E]キーがない。
   
・[SCI] [ENG] キーがない。([SCI] [ENG]モードはもちろん ある。)
   
・筐体はやや作り込みが甘いか。
   
・少しばかり背が高い。

 

 
  TI-30XS の第一印象と特徴的な挙動 / Texas Instruments TI-30XS
 
本機は特徴的な挙動を持つ。
   
・Multi View は数式自然入力も出来るが、最大のウリは 4行表示ができる事 ではないか。
   
・[Clear]キー打鍵で,実は数式も解もクリアしない。
   
・数式利用時にメモリリコールの [RCL] キーがいらない。従って [RCL] キーが裏に回っていてもなんら差し支えない。
   
・数式利用時にメモリリコールしても、ラストアンサーを書き換えない。
CASIO/Canon方式の第2世代から、このラストアンサーの問題で迷走することになる国産関数電卓とは全く異なる道を歩んでいる。

 

 

2011年9月21日 (水)

TI-30XS

TI-30XS
 
 
Texas Instruments
 
TI-30XS
 
です。
 

 
あの 30XB の後継機です。
 
 
遂に開封です。

2011年9月20日 (火)

30Xa の実力 その2 特にマルチメモリ比較 / TI-30 Xa vs. F-604

30Xa の実力 その2  特にマルチメモリ比較 / TI-30 Xa  vs.  F-604
30Xa の実力 その2  特にマルチメモリ比較 / TI-30 Xa  vs.  F-604
 
 

本機は全身潔くシンプルである。

F<->E] キーを持たないのは残念.しかし,
[SCI] [ENG] キーはともに裏に回っていながらも2手でOK とシンプル.
どちらも桁数指定の入力指示を要求されない.
 
   
エクスチェンジキーの定義が違っており,2種類のエクスチェンジがある.
本機では [EXC]キーをエクスチェンジキーと呼び,ストアされたメモリと,液晶に表示された値を入れ替えるキーだ.
 
メモリ周りが強い.
 
   
[X<->Y]キーが,XレジスタとYレジスタの入れ替え.

メモリの入れ替えの[EXC]キー関連ではSUM関数キーがある.[M+]キーは当然ない.
   
   
   
60進法は小数点変換方式.
遠藤先生が指摘された 国産機に存在する 1時間22分60秒 のバグ は当然  ない.
1.2260
にはならず,きちんと
1. 2300
になる.
 
 
   
標準入力タイプにして3段のメモリのストアは従来の方式を踏襲している.
 
1+4 の答え 5 を メモリ2 にストアするには,[=]キーを打鍵する必要がある.
私はこちらの方が標準タイプの正統なメモリストアであり、ユーザーに優しいと思う. 
標準入力タイプのマルチメモリ機の Canon F-604 との比較になるが.
   
メモリを一段しか持たないほとんどの標準入力タイプでは,数値は [M+] キーの独立メモリに入ってしまうので、
つまり行き先が決まっているので,[STO]キーを打鍵した瞬間に 表示されている数値がそのままストアされる.

Canon の標準入力タイプ F-604 や,
クラスが違うが,数式通りタイプとナチュラルタイプ国産機のマルチメモリ機は 数式を確定してからストアする.
   
 
本機 30Xa は標準入力タイプのセオリー通り 現在表示されている数値をストアする.
こちらは 入力中に数値を選択的にストアできるメリットもある.
この時 数値の評価が一手早いのが,国産機との違い.


数式を入力中に 途中の数値と,数式の解をそれぞれメモリに代入する.
(数値を評価するポイントを示すために 小数点以下4桁表示に設定する)
 
 
TI-30Xa
   
【打鍵】               【 液晶表示】
[1]                       [1]
[+]                   [1.0000]
[4]                       [4]
[STO]                  [4.0000]
[メモリ2]               [4.0000]      メモリ2にストアされる.
[=]                       [5.0000]      解の確定.
[STO]                  [5.0000]
[メモリ3]               [5.0000]      メモリ3にストアされる.
 
面白いのは,[STO]キー打鍵時に ストアする数値を確定している点.
 
私が評価したいポイントは2つ.
1,数式の入力中でも [STO]キーを打鍵すれば,選択的に数値をメモリに代入する事が可能で,
2,そのまま入力を継続できる.必要ならその数式の解もストアできる.
 
 
Canon F-604
   
【打鍵】                     【 液晶表示】
[1]                            [1]
[+]                            [1.0000]
[4]                     [4]
[STO]                        [4]
[メモリ2]                 [5.0000]
 
途中の数値は入力できない.
   
[STO]打鍵で数値を確定していない.
国産機ではすべからくこうなっている.この違いは興味深い.
 
 
標準入力タイプなのに,ストアした瞬間に数値が変わる.結構ギョッとする.
(マニュアルにはこの手順は記載されている.)
 
数式通りやナチュラルタイプなら数式エリアに表示されるので,何が行われたのかがわかるが,標準入力タイプではいかがなものかと.
数式通り第3世代のメモリストアをお手軽に流用したとしか思えない.
F-604 が売れればルールは変わるのか.
   
   
[-] [(-)] 問題.
      
例として 10E-23 と打鍵する  つもりで.
[1][0][EXP] と打鍵すると,自動的に指数 00 が現れる.
[(-)]打鍵ならトグルスイッチとして働き,
[-]を打鍵すると 指数 00 が消える.10で確定する.
まぁ これは標準入力タイプではほとんどが同じですが.
 
 

欠点もあげておこう.
さすがに基本設計が古いせいか,69の階乗には2秒くらいかかる.
F-604 は,一瞬で解答する.
 
 

       
最後に、保護カバーになるハードケースの立て付け
これは 国産機の相手にはならない.
蓋をきちんと閉じられるようになるまでに,私は2週間かかった.

TI-30Xa のケースの抜き差しが鮮やかな人を見かけたら、その人は超一流のエンジニア かもしれない.
 
 
 
TI-30Xa に脈打つスピリットは まさにあの頃憧れたアメ車と同じである。
どこまでもひたすら真っ直ぐに走り続けるのだ。
何者にも媚びずに。
   
   
私の中で 30Xa の殿堂入りが確定した。

 

 

 

2011年9月13日 (火)

番外編 509J インプレッションの所感を僭越ながら / 素人の戯れ言

番外編  509J インプレッションの所感を僭越ながら / 素人の戯れ言
 
 
これは素人の戯れ言。

遠藤先生のページが更新されていました。
早くも 待望の シャープのナチュラル方式とでもいう W-view の関数電卓のコラムが
出ていた。

先生は [-] [(-)] で起こり得る問題点を指摘された。
まさかシャープ機でそんな事が  って感じです。

気付かなかった。

シャープ開発陣は これをおそらく知っていた と、私は思っています。
イタイところを世界最高峰の関数電卓マニアの遠藤先生に見つけられてしまった。
 
先生はあくまでも教育的見地から苦言を呈していらっしゃる事をここで再確認したい。

[-]と[(-)] の打鍵の混同はあくまでもユーザー側のミスなのだ。
これを区別しているシャープ機だが、このケースだけはカバーできなかったのだろう。

この問題点を解決するための、素人の稚拙な考えでは、

[EXP]キー打鍵直後に演算子キーが押されたら、数式の [E] を消す. というのはどうだろう。
509J は以下の様な時に 置数を自動的に [括弧]で括れるのだから、

例題
トップ画像の数式を標準入力的に入力する。(数式の優先順位を考えて入力する。)
※ 数式は見えるように変形しています。

[8][1/X][Xの自乗]
と打鍵すると、[Xの自乗]キーを打鍵直後に,8の逆数を自動的に括弧で括る。
自動的に括弧を挿入できるならば、[E] を消せないか。

推測するに、
CASIO/Canon機は最新の第3世代(数式通りを含む)から
[EXP]キーの直後に何かしらの数値を入れないとエラーになった。
[2][EXP][=]    はエラーとなる。

シャープ機は[EXP]キーの直後に演算子キーの打鍵を認めている。
[2][EXP][=]     を  2EXP00   即ち 2     と認める。これがシャープ機のセールスポイントであり、[-] [(-)] の問題点と絡んでくるのだろう。

[2][EXP][-] を     2-   という数式として評価する事によって、そのまま連続して計算を続けられるのだ。
シャープ機は、[関数キー][=]     でラストアンサーを見事にコントロールする。
シャープ機は見事なほどに 標準入力→数式通り入力 の流れを汲んでおり、滑らかな入力を支援している。
 
 
シャープ機ならこの一台で
数式自然入力で計算し、
標準入力で検算する事が可能だ。最も少ない打鍵数で。

と ようやくここまで書いたわけだが、昨夜 TI-30 を開封し、異文化に接するうちに 考えが変わってきた。

まだ、当分の勉強が必要なようだ。
 
    
先生の提示されている条件は極めて少ない。
しかし、見事なまでに関数電卓の実力をあぶり出してしまう。

素晴らしい頭脳とそれを社会に還元する精神に 私は拍手を惜しまない。

2011年9月 7日 (水)

TI-30Xa の実力 その1 / TI-30Xa Texas Instruments

TI-30Xa その1

                                   2011年09月07日 初出
                                   2011年12月14日 間違いを修正しました.


私の周囲のカーマニア達は、70~80年代のアメ車を 憧れとやっかみ半分で こんな風に言っていた。

アメ車はとにかく故障が多い。
だが クルマで一番大事な 走る という機能だけは容易には壊れない。

Texas Instruments

TI-30Xa

1行表示の標準入力タイプ

なんといっても素晴らしいのはそのコンセプト。対象ユーザーの幅が広く、そしてそれを実現している。

スライド式のハードケースには、テキサス インストゥルメンツ のマークとロゴのエングローブ
といっても 射出成形ではあるが。

全体の造りはキータッチも含めてしっかりとしている。これなら永く使えそうだ。

右側の四則演算キーのグリーンがとてもいい。
実機を見るに 色を含めたデザインは私の好みだ。大人の使用にも充分に応えてくれる。

キーストロークは深めで しっかりと節度がある。クリック感が良い。

なんといっても、肝心の関数機能の使い勝手が抜群に良い。

私は関数電卓にとって キーアサインというものがいかに重要であるかを この TI-30Xa で学んだ。

TI-30Xa その1

関数キーエリアは、ほぼ 5×4列 と少ない。

重要なのは下から2列目中央の3つの最重要エリアだ。左から

[1/X] [自乗] [√] (←[逆数] [二乗] [ルート])と並んでいる。

重要なキーが表にある。 だけでなくこの配置が素晴らしい。
何度も検証されたものだと思われるが、天の一声の可能性も否定はできない。

TI-30Xa その1

さらに素晴らしいのは [F<->D] キーの存在。分数と小数点表示切り換えキーである。




例として 256 という数字で表現してみる。

【打鍵】      【液晶表示】

[2][5][6]      256

[自乗]        65536

[√]         256

判る人にはわかる当然の事だが,これを隣り合ったキーで実現している.
自乗と√の関係が一目瞭然.

日本人の数学ギライは、√2は 1.41421356・・・・ と覚えてはいるが,「ではルートって何?」と問うとその意味を定義できない者が意外に多い.
関数電卓の開発担当者達には にわかに信じ難いかもしれないが.

 

新しい が必ずしも 善 ではない.
若い力の諸君はもっと歴史を学ぶべきであろう.「古い」と言下に否定する現在のカルチャーはあまりに浅薄である.
司馬遼太郎氏の「坂の上の雲」はお勧めである.

エンジニア I.K氏はその専門知識から頑として譲らなかった。これによりどれだけの尊い生命が失われたか。
しかし大局的に物事を見る事の出来るエンジニアではない T.G(← K.Gに修正)氏のサジェスチョンと行動から状況は一変する。結果として多くの命を救う.
T.G(← K.Gに修正) はエンジニアではないがゆえに、専門家には「ありえない」発想ができたのだ。
専門家の視野は偏狭になりがちである。

私も一技術者として襟を正した。

この歴史小説には日本のテクノロジーが痛快に炸裂する場面ももちろん描かれている。

本稿に戻る。

さらに自乗キーの左隣の逆数キーの存在.

【打鍵】      【液晶表示】

[1/X]        0.00390625

通常通り このように表示される.ここまででもかなりキーアサインの良さが光る.

が,さらに素晴らしいのは,標準タイプなのに分数表示に変換可能.

[2nd][F<->D]    1/256

と 分数に変換して表示する.

さらにメモリには分数のままストアできる.もちろん小数点表示のままのストアも可能である.
(メモリのストアに関しては別稿にて改めて書きます。)

一見簡単そうなこのような機能は,日本製の同クラスのどの関数電卓にも実現されていないと思われる.
分数をそのまま入力,表示出来る最新のナチュラル方式でさえもまだ遥か遠く及ばない.
今回入手した TI-30Xa に添付されていたマニュアルは2003年度版.
新旧の問題ではなく,志の高低の違いだろう.

30Xa は小数点で入力して、分数に変換可能.(無理な数は無理です。)
レジスタを利用しているのかとも思ったがそうではなく、小数点を分数に変換している。いったいどうやるのだろう。
サイン コサイン などの関数への変換より遥かに難しい気がする。

ここまで出来ても特に分数表示がどうのこうの  と うたっていない.

日本の関数電卓ユーザーの諸兄にとってはあまりに初歩的すぎて失笑を買うかもしれない。
しかし、このような計算機が日本の初等教育から導入されていれば、数学の基本が自然に身に付く助けになると思うがいかがだろうか。

解答がわかれば自分で問題を作る事も可能だ.簡単なものから応用問題まで.
数字を倍にしたり戻したり、ひっくり返したりできるのはすでにかなりの上級者であり、そしてそこまでの距離はあまりに遠い。
中間は存在せずまるで2進法のようだ.

私の高校の時の物理のS先生が一度 数学として黒板に数式を展開して見せてくれたことがある。
それは素人にも解るほど見事な展開だった.美しいとはあのようなものだろうか.教室中に感嘆の溜息がもれた.まさしく芸術を観るようだった。

自由自在に数字の中を行ったり来たりして見せてくれた.
その時の数式は思い出せないが,あの時の感動は今も蘇ってくる.子供でも本当の【本物】は実は判るものだ.

30Xa はある意味 数学の個人教師となり得るような存在でもある.数字の海原を自由に往来できる力強い小舟となってくれるだろう.
もし,私の子供が必要としているなら間違いなくこの電卓を与えるだろう.

さて、このように初心者に優しい関数電卓のキーアサインが秀逸なのは偶然の一致ではなく当然の帰結であろう.

目当ての関数キーを探す事は まずない と言い切ってしまおう.
当然無駄な動作も極力少なくストレスフリー.

 

 

キーアサインは決して良くはないが、ラストアンサーとメモリのコントロールが使いやすくお気に入りだったあの電卓に今は手が伸びない。

 

 

2011年9月 2日 (金)

TI-30Xa スタンダード関数電卓 / TI-30Xa Texas Instruments

TI-30Xa スタンダード関数電卓 / TI-30Xa  Texas Instruments
 
 
TI-30Xa です。
 
 
標準入力タイプ
 
 
日本では入手困難なモデルです。
 
 
ブリスターはこんな感じです。
 
 
まだ開封していません。
 
 
ついに手にする事ができました。(涙)
 
 
開封してのインプレッションは次回に続きます。

 

 

2011年9月 1日 (木)

オフィスマックス でゲット イン ラスベガス

オフィスマックス でゲット  イン ラスベガス

 
 
ついに入手しました。
 
 
執念で海を越えました。
 
 
ここラスベガス近郊には、オフィスマックス と オフィスデポ があります。
私はオフィスマックス派。
 
オフィスマックス でゲット  イン ラスベガス
 

一部が透けて見えますが、お披露目は次回に。
 
 
まぁ ここまでの流れから想像はつきますね。

 

 

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »