2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月27日 (土)

シャープ,CASIO​,キャノンの標準入力​タイプ / SHARP EL-501E,CA​SIO fx-260A,Ca​non F- 502G

編集中

左から

SHARP EL-501E,CASIO fx-260A ,Canon F-502G

中央の CASIO 260A の小ささがおわかりになるだろうか。
胸ポケットに入れて持ち歩くのに絶対的に有利である。

保護ケースのスライド部が堅牢な作りになっており、さらにポケットインしているときに 上からのダストを防ぐ形態をとっている。

さすがのCASIO

G-ショックとまではいかないが、工具箱的な環境にも確かにピッタリだ。
スライド式の保護用ハードケースはこのモデルを最後に3社ともスライドの方向が180度反転する。
ケースの着脱のしやすさを優先させたか。

四角いキーは打鍵しやすい。
キーストロークは深め。
キーアサインは確かに良くはない。
やたらと[SHIFT]キーを叩かねばならない。
これは 一手増える という単純な問題ではなく、確かに使い勝手に大きく影響する。標準入力タイプこそキーアサインが重要。
これには長所であるところの筐体のサイズのせいもあろう。
ライバル達の関数キーエリアは 6×4列あるが、
(SHARP EL-501E は最上列のキーが5つ)
この 260A は6×3列しかない。
サイズを優先し、キーの数を犠牲にしたらしい。
私はこの選択もあり だと思うが、
絶版になったという事は結果として多くのユーザーはこの選択を歓迎しなかった という事かもしれない。

キーの数が少ない上に無駄なキーがあると思う。
[ON]と分数キーだろうか。
電源は太陽電池オンリーなので、[ON]キーには実質はリセットキーとしての役割しかない。単独で存在するのはもったいない。
しかしこれは、後継機 290 の[ON]キーとつながっているのかも知れない。

置数に制限のある分数キーもこの場合は不要だ。発売時期には必要だったのかも知れないが。
だが、この分数キーが発端となり ナチュラルディスプレイに発展してゆくような気がする。

このあたりから、数式通り入力方式にシフトしてゆく感じが伝わってくる(気がする。)

[MODE]キーはCASIOのトライアルなのだろう。
[F←→E]キーを持たない代わりに、Norm1 で小数点以下3桁から自動的に指数表示される。
しかし整数の10桁未満はそのままなので、[F←→E]キーの便利さには負ける。
やはり[F←→E]キーは必須アイテムだ。

括弧のネストへの工夫 はユニーク。

エクスチェンジキーも評価に値する。このキーの存在はレジスタの存在を意識させるものだ。
最近の傾向としてレジスタやスタックをユーザーに意識させない方向のようだ。必ずしもこれがユーザーのためになるとは私は思わない。
私は車のオートマチックトランスミッションには必ずしも賛成ではない。
だが後発の Canon F-502G や F-604 にはエクスチェンジキーは存在しないし、車のマニュアルミッションはいまや駆逐されようとしている。

この 260A のエクスチェンジキーの存在は評価できるのだが、しかしレジスタの定義には整合性がない。

CASIO機にはなぜだかこういうことが多い。

[XのY乗]キーの定義だ。
[X←→Y]キーのエクスチェンジと[XのY乗]キーとのレジスタの定義に整合性がない。(冗長になるので詳細は書かない。とはいえ いつも無駄に長い気はするが.... )
ここは[YのX乗]と表記すべきで、ユーザーはこの一台を以て関数電卓を正しく理解する事ができない。コイツはいけない。

括弧のネストへの工夫は良かったが、%キーとの組み合わせで計算が破綻する。
関数電卓がこのレベルで破綻するとは情けない。(少々強引な気もするが。)

マニュアルの(マニュアルにページの記載がない)【パーセント計算】の項 (例1)

1500の12パーセントは?
(正解は180)

これを括弧の中に入れる事が出来ない。
[18000]で解が確定してしまう。
気付かず打鍵し続ければ誤解答だ。

一方の Canon F-502G と SHARP EL- 501E はこの数式を括弧の中に入れる事ができ、正解の180を数式に利用する事が出来る。
これはCASIOの貫き通しているマークアップ式が原因と思われる。
CASIOの[%]キーのこの場合のコマンドは

置数を掛けてからその答えを100で割れ

というものらしい。
これを括弧に入れようとすると
[ ( ][1500][×][12]の次の打鍵で閉じ括弧が作用し、計算がここまでで終了してしまうらしい。

他方の SHARP EL-501E とその互換機 Canon F-502G の[%]キーのコマンドは

置数を100で割った数を掛けよ

らしい。
そのあとに[=]キーを打鍵しないと答えが出ない。
したがって、閉じ括弧は自動的に作用せず 括弧のなかに入力する事が可能なようだ。
これが明暗を分けた。

CASIO は関数電卓以前から[%]キーで百分率の計算を簡略化していたようだ。
しかしそれにはマニュアルを熟読してその独特の使い方をマスターする必要があった。
これを使い慣れると他社の計算機に乗り換えられなくなる。
便利かもしれないが、数式としては成立しない打鍵となる。

CASIO の 俺様のルール

CASIOは関数電卓にも同じ方式を搭載したようだ。
CASIO方式は、少なくともこの時点ですでに小さな無理が生じていた。
伝統を守るのは非常に大切だが、踏襲すべきか否かを充分に論議し尽くしたのだろうか。
先達の切り開いた道はあとに続くものが守り抜くべきだが、その道が正しい方向に向かっていなかったなら勇気を持って進路を修正すべきだ。
こういう小さな無理が、のちに ナチュラル入力タイプで結局は軌道修正をする事になってゆく。
負の遺産を後進の者に安易に押し付けてはいけない。

私がかつて  CASIOの計算機を選ばなかった理由はこういったいくつかの「解せない事」に突き当たって、その理由が解らなかったからだった。
計算機というものは必ず正しいものだと信じていた。

今はようやく俯瞰で見る余裕ができたようで、便利で確実だが面白味にはとぼしい CASIO第3世代の計算機よりも この 260A や 290 のような人間臭さの残る機械の方が可愛くてしようがない。

CASIOさんには 標準入力タイプの関数電卓をラインナップに再興していただきたいと切に願う次第である。

 

 

 


2011年8月23日 (火)

ウォーターマン エキスパート DUNE BLUE

ウォークマン エキスパート DUNE BLUE
 
 
ここのところメインで使っています。
 
 
ウォーターマン エキスパート DUNE BLUE   Fニブ
 
 
これまで 万年筆を季節によって使い分けたりしたことはなかったのですが、今年は厳しい状況なので少しでもクールになるかな  と。
 
 
涼しげな DUNE BLUE  をチョイス。
バレルは金属にラッカー処理。ふれるとひんやり。
 
 
思いの外 涼しい。
体感温度は2~3度は低いか?(自分比、しかもアバウト)
 
   
コットンのTシャツ → 最近のクールビスのハイテクシャツ  くらい違う。
 
 
 
今はカートリッジのブルーブラックを入れている。
 
ページを開くと、さっき書いた文字が 緑がかっている。
今 書いている文字は ブルー。
 
また ページを開くと先ほどまでの文字は 緑色に変わっている。
今 書いている文字は ブルー。


と なかなか楽しい。
 
 
ウォーターマンのブルーブラックがこれほど涼やかとは 今まで感じた事はなかった。しかもなぜだか楽しい。
 
 
この万年筆が 特別な思い出も呼び起こすのだろうか。

2011年9月7日 誤変換の修正を行いました.

 

 

2011年8月20日 (土)

ある夜のひとコマ / 260A 502G 501E と【Real Calc】

ある夜のひとコマ / 260A 502G 501E と【Real Calc】
 
 
結局、標準入力タイプを3台持って来てしまいました。
 
 
XPERIA ではマーケットから RPN をいくつか落としています。
 
【Real Calc】
 
勿論 [RPN Mode]にしています。いくつか試したら 今のところこれが私に一番合うようです。
 
キーにタッチした時にバイブレーションが働くのですが、アプリケーションによってこれほど違うものか と。
   
【Real Calc】は  逆数キーを表に出せたりするところがなかなかニクい。
 
 
 
ところで、潜伏先は涼しいところなのですが、画像が暑苦しいかな?
 
トリミングしたサイズがわからない問題  をなんとかしなければ。

2011年8月14日 (日)

メモリが11もある標準入力タイプ関数電卓 / Canon F-604


 
 
 

Canon F-604 は、現行の標準入力方式ではおそらく国産唯一のマルチメモリ機 と思われる.

 
 
 
 
搭載されているメモリは、独立メモリいわゆる[M+]が1段と
変数メモリが0~9の10段の合計11のメモリである.

 
 
 
マルチメモリ機は使ってみると この上なく便利である.
関数電卓を使っていない方には是非お勧めする.

 
 
関数電卓なので,関数機能はきちんと働いているのは当然の前提条件である.ベンチマークテストなどに素人の私の出る幕はない.

  
 
F-604 のインプレッションを さらっと Google先生に聞いてみたが見当たらないので, 私なりのインプレッションを書いてみる.

 

 

 
 
 
 
Canon F-604

 

 
 
 
保護ケースには
 
 

SCIENTIFIC CALCULATOR の文字とイメージ図のエングローブ.

 
 
 
 
筐体には

 
 
SCIENTIFIC STATISTICAL CALCULATOR

 
 
とあり,統計計算ができる事をアピールしている.

 
 
さらに

 
 
Fraction のプリント.

 
 
 
統計も 分数の置数もすでに 同社Canon F-502G で実現できているのであらためてアピールするほど目新しくはない.

 

 
 
 
 
 
最も評価できるのはその小ささと薄さ.ラウンドした形状も手伝ってか携帯するのにベスト.

 
 
ただし,肝心のキーは小さく,叩きにくい。

 

 
 
 
 
今の私が最も気になるのは,メモリの挙動である.

 

 
 
現行の標準入力方式タイプの雄 シャープ EL-501E と そのライバル キャノン F-502G のメモリはともに[M+]と共通の独立メモリである.

 
液晶に表示されている数値が [STO]打鍵で 即 [M+]と共通のメモリに格納される.
標準入力ではこの方法しか使った事がなかった.

 
 
私は キャノン の F-715S で関数電卓の再デビューを果たして,そしてその深い沼に落ちた.
同機は2行表示の 数式通り入力方式 であり,メモリのストアとリコールは既に現行方式といえる CASIO/Canon方式の第三世代である.
日本の関数電卓のラストアンサーとメモリストアの流転変遷は その後に可能な限りたどった.

 

 
 
 
 
本機 標準入力方式 Canon F-604 のマルチメモリのストアは以下のような挙動である.

 
 
※ 打鍵した数値がどの段階で評価されたかを一目で判別するために,小数点以下4桁表示とした.
  他に バックスペースキー が効くか否か も有効な方法である.

 

 
 
・入力した数値のストア
9をメモリ7にストアする

 
[9][STO][7]             [例1-1]

 
 
打鍵              液晶表示
[9]        →       9
[STO]   →       9
[7]        →       9.0000  で確定される.
メモリ7には9がストアされる.

 

 
 
 
・1+2の解をメモリ8にストアする

 
[1][+][2][STO][8]       [例2-1]

 
 
打鍵              液晶表示
[1]       →       1
[+]       →       1.0000(1が確定)
[2]       →       2
[STO]   →       2
[8]       →       3.0000
メモリ8に3がストアされる.

 
 
[STO][変数メモリ]で,それまでの数式を確定してからメモリに格納する.

 
世代にもよるが ベテランユーザーは問題ないだろうが,マニュアルをきちんと読んでいないと戸惑うところだ.

 

 
 
一行表示の標準入力方式では,関数キーは現在表示されている数値に作用するというルールがある.
[STO]キーは関数キーではないが,表示されている数値をストアするつもりが,期待される値(期待が間違っているのだが....)と違った値が突然現れてストアされる事になる.

 
 
勿論
[1][+][2][=][STO][8]
 
とやってもメモリ8に3がストアされる.

 

 
 
 
 
CASIOが数式通り入力タイプに搭載して以来伝統的となったメモリストアの方式をCanonが標準入力タイプに載せたようだ.

 
米国発 Texas Instruments の TI-30Xa にはメモリが3つ搭載されているらしい.
どのような挙動をみせるのか,興味深い.

 
 
 
などと書いている途中で,CASIO fx-260A  を入手した.

 

 
 
 
混乱してくるので中途半端だが,一旦ここで終わる.

 

 

 
 
 
参考文献
 
関数電卓マニアの部屋
http://teamcoil.sp.u-tokai.ac.jp/calculator/index.html

 

 

 

 
 
 

画像のサイズ

PCを開いて、画像のサイズをみて驚く。デカ過ぎだ。

現在は XPERIA  から当ブログを更新している。

画像編集に慣れてきたと思っていたが、サイズ調整がうまくいっていないようで。

 

 

 

 

2011年8月11日 (木)

CASIOの標準入力方式関数電卓 / CASIO fx-260A

CASIOの標準入力方式関数電卓 / CASIO fx- 260A
 
 
Canon F-604 の記事を書いている途中で、見つけてしまった。
 
 
CASIO fx-260A
 
 
コイツは既に絶版だが、あるところにはあるもので。
 
 
 
可哀想に。灼熱の日差しにさらされて、液晶には 0(ゼロ) が表示されっぱなしだった。
 
誰かがいじり倒したのだろか?
 
そうだ。コイツの電源は太陽電池オンリーなのだ。オートオフがない。
 
 
私は当然ゲットした。
 
 
これで、Canon,SHARP  そして CASIO の標準入力方式の関数電卓をコンプリートだ。
 
 
 
実機に触れてのファーストインプレッションを書いておこう。
 
 
コイツはなかなかおもしろい動きをする。
筐体やプラキーは非常にしっかりしている。
CASIO さん   なかなか良いモノを作っていたのだね。
 
 
これで しばらく愉しめそうだ。

2011年8月 7日 (日)

数式履歴が消える理由を妄想 / シャープの数式通り関数電卓群

数式履歴が消える理由を妄想 / シャープの数式通り関数電卓群 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2011年08月07日 初出
2011年08月14日 改行を行いました
 
   

シャープの数式通り関数電卓は数式履歴をさかのぼれる「マルチラインプレイバック」をうたっている. 
 

 
しかし、数式履歴はあっさりしっかり消えてしまう気がする。 
 

 
これは、数式にラストアンサーが含まれた時  と  先人により既に解明されている.
 
 
 
 
 

 
 

ここで例題
「関数電卓パーフェクトガイド」より

P87 の 例題(4-17)の数式
 

sin(π/6)の自乗 【sin2(π/6) ← スマホで自乗が表現できない.こうなってしまう.】
 
 

これを数式通り入力の EL-509F で あえて数式通りではなく,標準入力的に入力していた.
(感覚的にはこちらの方が好きかな.)
 
 

角度MODE は RAD で
 
[π][÷][6][=]

 
[sin][=]
 

[Xの自乗][=]
 

この3工程で 正解は 0.25

 
 
せっかくの数式通り入力を生かしていないが,CASIO,Canon,SHARPの3社ともルール違反のような こういう入力も可能だ.
 

こんな風に入力していて感じた。

シャープの開発陣は、ラストアンサーを含む数式履歴は再利用してはならない。と考えたに違いない.
 
 

2行目の [sin][=]  から数式エリアに[ANS]が表示される。ひとつ前の数式の解.ラストアンサー.
 

勿論 きちんと正解を導き出す.
しかし、数式履歴は消えてしまう.
 

ラストアンサーは数式通り入力方式で最も重要であり,最も危険な存在でもある.
そのラストアンサーは様々に上書きされる.

シャープの開発陣は,ユーザーが意図しない場面でラストアンサーを上書きしてしまった場合に,
意味のない数式の再利用ができないように [ANS]を数式に表示した場合にそれまでの履歴を消去するように設定したのだろう.

どのような時にも破綻や矛盾を極力嫌うのがシャープの関数電卓の特徴だ.

 
一方の CASIO/Canon 方式では,数式履歴に[ANS]が含まれており,前回と違った解を導き出す事は簡単だ.

 
 
 
どちらを選ぶかはユーザーの好みだろう.

 
 
 
 
 

2011年8月 2日 (火)

カスタム74の リハビリ / パイロット カスタム74 SMニブ

カスタム74の リハビリ  /  パイロット カスタム74  SMニブ
 
 
使いはじめて以来、いつでも最高に使いやすくてお気に入りの  パイロット カスタム74 の SM ニブ。
 
 
これは はじめからずっと 濃淡が表現できる純正の黒インクで。
 
 
昨日  久しぶりに取り出して、仕事のスタメンに。
 
私の万年筆歴ではじめて 書きにくさを感じた。
かなりの衝撃。
 

数ヶ月ぶりと思われるので,勿論、インクの誘導テクニックは施した。
しかし、書きにくい。
カスタム74 の SFM ニブくらい書きにくい。(←自分比)
 
 
懸命にリハビリに励んだ。
   
 
今日にはだいぶ取り戻した。(汗)
 
 
現在使用中のB5リングノート との相性も否定はできないが。(こちらは別の稿に改めて。)
 

私の万年筆の筆記スタイルは確実に変わっているらしい。
 
 
セーラーの万年筆と、パイロットはフォルカンばかり使っていたからなぁ
 
 
   
数日かけてきちんと洗浄した方がよいのかも。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »