2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 無題 | トップページ | パイロット アクロボール3 に惹かれた / PILOT Acroball3 と クリップの考察 »

2011年3月14日 (月)

フォルカンの コシ と BBKインク / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』その22 パイロット編11

フォルカンの コシ と BBKインク / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』その22 パイロット編11
 
パイロット カスタム742 フォルカン
 
ただただ軟らかいイメージがつきまといがちですが、フォルカンには実は 筆記時にしっかりとしたコシがあるのです。
そして筆記時の愉しさは純正のブルーブラックインクによってさらに高みへと向かうようです。
 
 
 
ある日 机の上に1枚だけ貼り付けた付箋紙にメモ書きし、その時に気付きました。
フォルカン独特の深いストロークの奥に、カッチリとした【コシ】を感じました。
どこまでも軟らかいペン先ではありませんでした。
 
 
何度か書いていますが、私は仕事中は立ったまま リングノートを片手持ちでの万年筆での筆記がほとんど。
たまにデスクらしきものの上にノートを置いても筆記面はタップリとした紙面上だし、クリップボードでも10枚以上の紙の上での筆記なので、正直なところその時まで感じませんでした。
 
 
 
この パイロットカスタム742フォルカン には初めからずっと 純正のブルーブラックのインクを入れ、そしてこの組み合わせを非常に気に入っています。
 
 
パイロットのブルーブラックインクは、筆記時の色味がなかなか良い。濃淡も好きだ。さらにあとから見返す時に 良い味が出ている。
他のカスタム達(…フツーのFやMは持っていませんが…)より、このフォルカンで書くと筆記線が まるでわずかに盛り上がっているようなカンジになります。

さながら顔料インクのよう。

紙面の細字の筆記線にタップリとインクが乗るので、紙質は選ぶかも。
インクフローの良いフォルカンと組み合わせると、抜群に良い純正のブルーブラック。
フォルカンはインクフロータップリですが、細字なのでメインの手帳の能率手帳ゴールド小型との組み合わせも良い。

非常に滑らかながら、紙面の極々わずかな凹凸をペンポイントが拾ってくれる。

…まるで上質なクルマのハンドルに伝わる路面のインフォメーションのようだ。
レコード盤の溝をトレースするレコード針ってこんな感じなのだろうか。。。
 
 
 
細字ランキングのトップの座を 私のスタンダードのプラチナ22K 細字ニブと競っている。
現在のポイントは、インクを含めた万年筆の総合評価だ。
私はプラチナのブルーブラック使いの自負があるが、現在はパイロットのブルーブラックにやや押されている。
 
 
細字ではインクの減りが遅い。
しかも現在の私の選ぶスタメンは6本以上なので、なおさら遅い。
 
 
 
★ プラチナ ブルーブラックの欠点
 
私がずっとカートリッジで使用しているプラチナのブルーブラックは、開封して時間が経過するのに比例して、紙面でのインクの乾きが悪くなるのが欠点である。古典ブルーブラックは、生鮮食品に近い。賞味期限が短い。
 
 
対するパイロットのブルーブラックは、万年筆の中にとどまっている間に性能が落ちにくい印象。
暫く放置し、いきなり使いはじめても、色味の変化や筆記後の乾きに変化をあまり感じない。
 
 
このインクの安定性はすごいと思う。私のようなマメではない者には非常にありがたい。
そして、この高性能インクを使って筆記する万年筆の評価は当然上がる。
 
 
 
この原稿の最後に
 
私は フォルカンの【コシ】と書きましたが、あるいはこれはフォルカンのしなりの限界点かも知れません。 
常に感じてはイケナイものかも知れません。
 
 
 
私などに フォルカン を語る資格があるかどうかは知りませんが、このニブほどかなりマルチに使え、かつ愉しい万年筆は少ないでしょう。インクの性能も含めて。

« 無題 | トップページ | パイロット アクロボール3 に惹かれた / PILOT Acroball3 と クリップの考察 »

『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』」カテゴリの記事

F.P」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/39229729

この記事へのトラックバック一覧です: フォルカンの コシ と BBKインク / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』その22 パイロット編11:

« 無題 | トップページ | パイロット アクロボール3 に惹かれた / PILOT Acroball3 と クリップの考察 »