2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ

« ステッドラーの 787 芯ホルダーで『芯ホルダー』名称考察 / STAEDTLER 787 MARS-PAN-TECHNICO LEAD HOLDER | トップページ | Canon F-715S / マイブームは関数電卓 »

2011年3月 3日 (木)

セーラー プロフィット21 梨地軸 旧タイプ / 随想 ペン先と軸素材

セーラー プロフィット21 梨地軸 旧タイプ / 随想 ペン先と軸素材

セーラー の 旧タイプのニブ
錨マーク付きの18Kです。

21Kペン体に24K鍍金の現行ニブも好きですが、この18Kの旧タイプのニブはもっと好き。

ちなみに、H-M
 
 
このニブに付いている梨地の軸はサンドブラスト加工が施されております。使い初めの頃は想像よりかなり取り回しが悪く、何度かこの指先から落下寸前の危機に。
辛くも免れたが、暫く封印。
しかし、ペン先のタッチとインクフローは他の何者にも替え難く、その後に自宅でのお楽しみ専用として復活。

で、再度現役復帰するやいなや第一選択グループに昇格。勿論本革製のペンケースに入れての毎日携行部隊のエースに。
 
 
セーラー プロフィット21 梨地軸 旧タイプ / 随想 ペン先と軸素材 
…この万年筆を使うと思い出す事が。
バスケット部時代に、1年生の時にほとんど顔を出さず、2年の中程に何度か現れたと思ったら瞬く間にスタメンの座を獲得したF君。
この時の事を思い出すと 今でも私は少しだけ奥歯で歯ぎしりするが、この旧タイプのプロフィット21はたいへんにかわいい。
(一応断っておくが F君がいなくても私はスタメンではない。)
大学リーグ時代に相当鳴らしたらしい鬼のM監督の目は確かだった。あとから思うにF君はM監督のスカウトだったのだろう。F君の才能は誰の目にも明らかだった。
 
…あのM監督のように私の目は確かだろうか?
 
 
 
私は、インクは基本的には純正を使い続けている。さらにいえばカートリッジの使用率が高い。
ボトルインクからの吸入は好きだが、仕事用の万年筆にはカートリッジの簡便さはありがたい。なにより私はマメではない。
 
…しかし 替えたい …
 
セーラーの純正ブラックが書き味は最高だが、あとで見返すと味がない。今はブルーブラックを使っている。書き味は少し落ちる。

この梨地にコンバータを付けて あの ボトルインクを使う事はためらっている。
首軸のリングの腐食が怖い。
現行品ではないこの万年筆は二度と手に入らない。
(どこかで見掛けたら即 その身柄を確保する事をおすすめする。決して後悔はしないハズである。)
 
 
 
ところで、セーラーの梨地軸。

私は当初 セーラーの梨地加工は、サンドブラストした表面の細かいザラザラを【滑り止め】としているのだと思っていた。
しかし、それは違っていた。セーラーはそんなに浅くない。進化の過程がその時代の万年筆によく表れていておもしろい。

梨地軸は、使い込んで行くと表面が変化してくるのだ。
ちなみにこのキャップは、あまり使い込んでいない状態のモノ。
 
セーラー プロフィット21 梨地軸 旧タイプ / 随想 ペン先と軸素材 
 
使い込んで手に馴染んでくると、艶が出てくる。
そうなってくると、ペン先は勿論の事、軸も自分だけのものになってくる。
艶が出てきてセーラーの梨地軸が完成するのだ。
 
無機物の樹脂製の軸をまるで有機物の如くしてしまおうというセーラーのチャレンジは賞賛に値する。
 
セーラーの梨地の軸はなかなかにすばらしい。
 
…ちなみに、キャップのネジのタップも使い込むほどに成長する。(汗)
 
 
 
このニブはカタチも色味も本当に良い。
 
…ただ、横顔は 同世代のプロフィットの14Kニブの方が美しい。

« ステッドラーの 787 芯ホルダーで『芯ホルダー』名称考察 / STAEDTLER 787 MARS-PAN-TECHNICO LEAD HOLDER | トップページ | Canon F-715S / マイブームは関数電卓 »

F.P」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/39093948

この記事へのトラックバック一覧です: セーラー プロフィット21 梨地軸 旧タイプ / 随想 ペン先と軸素材:

« ステッドラーの 787 芯ホルダーで『芯ホルダー』名称考察 / STAEDTLER 787 MARS-PAN-TECHNICO LEAD HOLDER | トップページ | Canon F-715S / マイブームは関数電卓 »