2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« パイロット カスタム742 フォルカン / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』その17 パイロット編7 | トップページ | パイロット カスタム742 フォルカン 2 /『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』その18 パイロット編8 »

2010年10月24日 (日)

最高のハサミを超えられるか? / マンモス ボンドフリー と コクヨ エアロフィット グルーレス刃

私は仕事で毎日ハサミを使う。
職場には私のセレクトした最高のハサミを各所に配置してある。
 
 
それが マンモス の ボンドフリー
 
 
ちなみに、ブレードのコーティングは特許を取得しているらしい。
 
mammoth
BOND FREE
SPECIAL COATING SCISSORS 
GB-600-GL
学童・事務用
\700-
 
これが プロとして私が数年間愛用しているハサミ。 
2本目のコレは7年程ほぼ毎日使っていますが未だ現役。このハサミ最高です。
…学童用が笑えますがね。

 
最高のハサミを超えられるか? / マンモス ボンドフリー と コクヨ エアロフィット グルーレス刃 
 左側のグレーのハンドルの一見フツーのハサミがそれであります。
右側のくの字に曲がったハサミはドクター用の高級品。手術に使えるレベルのもの。
値段は当然ケタが違う。しかし、私の使用に耐え得る点では マンモスのボンドフリー が圧勝であります。コストパフォーマンスも含めて。
 
 
 
 主にカットするモノは、皮膚貼付用の糊の付いた伸縮性のある布状のテープで、裏紙が付いています。
異素材2層+αであり、半端なハサミではマトモに切れません。
真っ直ぐに切断するだけならまだしも、面取りとして切り口をラウンドカットする。捻れの力が加わり、ハサミにとっては過酷な使用環境であります。
 
 
最大の難関は、やはりベタつき対策。
 
ブレードのコーティング無しではハナシにならない。 
 
 
 ハサミのコーティングは一般事務用でも今では当たり前ですが、問題は耐久性。
価格では数倍もする 業界でも有名なあの「ネバノン」は、私のもとではわずか数ヶ月でコーティングがダメになりました。
 その後いろいろと試した結果、この ボンドフリー は約7年経っても現役。
 
 
最高のハサミを超えられるか? / マンモス ボンドフリー と コクヨ エアロフィット グルーレス刃 
 
上から
・ボンドフリー
・医療用のハサミ
・パイロット の 山葡萄 を入れた ラミー アルスター ディープパープル
・エアロフィット グルーレス刃
・土台のリングノートは キョクトウさんの フォブコープブランド B5サイズ。 
 
 
 コーティングが異常なほど長持ちなのは、コートの質 と2枚のブレードの衝動部つまり合わせ目の絶妙なアングルでしょう。
一方のブレードがムダに他方のブレードに擦れていない。「刃」の部分だけ擦れ合っている。
工作精度が高い。ブレードの弾性や耐久性も良く計算されています。
…流石は【関】の製品。

 実は OEM で CANARYブランドの長谷川刃物が創っています。(おそらくはこちらが本家 でしょう。)
 
申し訳無い事に、これらのモデルは入手が容易ではない。 私的にも 辛うじて CANARYブランドの未開封のものを1本だけキープしています。
 
なぜここで書いたかというと、少し前にモデルチェンジしてしまったから。(←CANARYでは現行品でした。)
 
 
 
 エコの名のもとに分別できるように、ハンドルが外せる仕様。しかしそのハンドルは、後継モデルとは思えぬ出来栄え。ABS樹脂と再生ABS樹脂では全くの別モノだ。
ブレードも仕様変更。(←出来は悪くは無いです。耐久性テスト実行中。)

そもそも、このようなちゃんとしたハサミは安価でありながらも通常の使用環境では ほぼ一生モノで、わずかな期間で使い捨てるようなモノではない。
様々な事情もあるのでしょうが、このような使い捨てを奨励するような無駄なモデルチェンジはいかがなものか と。(←CANARYブランドではモデルチェンジはしていませんでした。)
 
 
 
 後継のハサミについては、常にアンテナは張っている。(←当分必要ありませんでした。)
コクヨの エアロフィット グルーレス刃 には一目でピンときた。そして驚かされた。(←怪我の功名。。。)
  
 
KOKUYO
AIROFIT
エアロフィット
ハサ-P210LM
\420-(某文具店価格)
(…なんと コンビニではさらに安かった....。)
 
コレの耐久テストも実行中。
 
 
 
●ちなみに、ハサミは精密にして精巧な道具であります。
床に落下させると、高い確率でブレードが歪み、修正はまず不可能。
スタッフが時々落とすので、自分専用のハサミは常に携帯している。(勿論私物。会社のモノを私物化しているワケではない。)
 
●ハサミは使い始めから丁寧に正しいアタリをつけてあげると、自分で研ぎ合うので、切れ味が長持ちする。
そして自分だけの1本になるので、愛着も湧くというものだ。
 
 
…どこか万年筆にも似ている。

これは 文具王にも推薦したい逸品。(←CANARYブランドの GBS-600の方)

最高のハサミを超えられるか? / マンモス ボンドフリー と コクヨ エアロフィット グルーレス刃

最後は記念の資料画像。(←右がマンモスブランドの台紙)

« パイロット カスタム742 フォルカン / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』その17 パイロット編7 | トップページ | パイロット カスタム742 フォルカン 2 /『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』その18 パイロット編8 »

その他」カテゴリの記事

コメント

あれれ。あの文具店のおじさんが間違えてたのね。
記事を書いてから念のためにググってみたら、現行品でした。CANARY GBS-600
記事を修正しました。

http://www.canary.jp/lineup/item_4.html

このシリーズは最高ですので、存続していて良かった。
当分安心ですね。
今度は ハンドルのカッコイイ GX-175 にしようかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/37368260

この記事へのトラックバック一覧です: 最高のハサミを超えられるか? / マンモス ボンドフリー と コクヨ エアロフィット グルーレス刃:

« パイロット カスタム742 フォルカン / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』その17 パイロット編7 | トップページ | パイロット カスタム742 フォルカン 2 /『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』その18 パイロット編8 »