2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月23日 (月)

セーラー プロフィット 梨地18K / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』シリーズその12 セーラー編4

セーラー プロフィット 梨地18K / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』シリーズその12 セーラー編4
万年筆の評価方法のひとつに、万年筆の自重だけでスルスルと線が引ける というものがある。
私の所有する万年筆のほとんどは自重だけで線が引ける。
ただし、その線はやや細めになるモノも多い。
特に細軸群は 儚げな線になったりするが、携帯しやすく 主に手帳用と位置づけられたモノだったりするので、あまりインクフローが良すぎても困る。
綴じ手帳 に筆記する時は、やや浮き上がり気味になった紙面を ペン先で少し押さえながら書ける方が、インクフローの良いペン先を浮かせながら書くより使いやすい場面も多い と個人的には考える。


さて、セーラーの万年筆の魅力を体感するためにニブのコンディション優先で保護してきたのが

セーラー プロフィット 梨地 18Kニブ。
 
 
セーラー プロフィット 梨地18K / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』シリーズその12 セーラー編4
 
そのペン先には 旧タイプのペン先装飾となる 錨マーク。
実は この装飾には 秘密が隠されている。(隠してはいないかもしれない。)

画像の錨マークの上方のアーチ状のプレスライン部分がそれだ。
 
 
画像の通りに見ると、ハート穴から上方(先端)に真っ直ぐに切り割りが走っているが、そこを1本のライン(←便宜上ラインとする)がスクエアに横切っている。


万年筆のニブの刻印や装飾は、そのニブの地金本来のテンションに影響を及ぼす。
プレスされたポイントはそこだけニブの地金の厚みと硬さが変化する。地金が柔らかく薄いモノほど当然影響を受けやすい。


セーラー の旧タイプ錨マークニブの特徴は、凹んだこのラインを起点に、ペンの先端は左右2本の18Kの穂先となり、現行プロフィット21ニブより"しなり幅"が大きいと感じる。

本来(少なくともだいたいここ10年ほどは)、セーラーの万年筆のペン先は、根本からのしなりとハート穴から先端部のしなりの2段をバランス良く併せ持ったタイプと感じている。
Sタイプのペン先はこの特徴が顕著なようだが、いかんせん縁が薄いようで記憶にない。
プロフェッショナル ギアで、穂先を明らかにしならせるペン先をラインナップに加えたカタチになるようだ。
(一方 プラチナの#3776系統のペン先は全く反対の印象を受けやすい。そのファーストタッチから硬い印象を与えやすいが、ペン先はよく"しなる"。ただ、しなり幅が小さいので、筆圧のやや高めの御仁には判りづらいかもしれないと考えます。)

現行プロフィット21の21K24K鍍金ニブは やわらかいという評価が多い印象だが、私的にはそうは感じられない。
例えば、長原翁の凄まじいペン先は(エンペラーを含む)、やわらかいニブをベースには創り得ないと思うのだ。

ずっと不思議に感じているが、紙面にペン先を下ろしたその瞬間のタッチがなぜかガチッと硬さを感じさせない。ここがセーラーの万年筆創りの巧さではないかと感じます。

私の所有するこのペン先は、向かって左側側面の刻印
H-M

により

硬めの中字

である事が判ります。


硬めとはいっても、現行のプロフィット21 よりも しなり を体感できるペン先であります。
 
 
 
さて、先の万年筆の評価方法であるところの 万年筆の自重だけで線が引ける事が万年筆の必要条件 というテスト法は、セーラーの川口氏から万年筆の愛好家を経由し、web や書籍媒体によって広く知られるようになった。と認識している。

僭越ながら、
簡潔にして、
万年筆のニブに負担を掛けず、
客観的で再現性のある
非常に優れた評価方法である とここでは前提させていただく。
なによりも客観的である事が大事。
(ただし、万年筆のペン先の設定によっては適応外の場合もある)


【セーラー】の万年筆及びほとんどの万年筆に適応する評価方法であるといえましょう。


で、試してみると、


「ありゃりゃ」

「スルッスルだ。」

「なんじゃこりゃ。」


だったりします。

判りづらいので解説。
(使用インクは純正のブラックをカートリッジで。つけペン状態では実戦でのインクフローはかなりの達人でなければ評価できない。したがって、購入しなければ個体差のある本当の書き味は判らない。ただしルーペでペン先を見れば、素人の私ですらある程度までなら推測する事はできるようになる。)


・尻軸が少しはみ出るように万年筆を利き手の手の平(又はV字にしたⅠ指Ⅱ指間に)に乗せて

・ペン先を紙面に置き

・引いてくる

と、スーッ と線が引ける。

たいへんに好ましい安定した太さの線が引けます。


こりゃ凄い。ストレスフリーだ。


だけに止まらず、なんと

押しても線が引けます。\(~o~)/

しかも、こちらもストレスフリー。

上記の状態のままで引いて線を引きながら、押し返しても、なんの抵抗もなく同じ太さの線が描かれてゆきます。
つまりジグザグ筆記もストレスフリー。
三角も丸も描けます。\(^O^)/


コリャスゴい。


これがおそらくセーラーの万年筆のベターなインクフローな状態でありましょう。\(~o~)/
 
 
 
なんじゃこりゃでスルスルのこの1本は、瞬く間に中字部門の殿堂入りを果たしたのは言うまでもありません。
(もしかしたら、川口先生の手により調整された1本ではないか。と妄想したり。)


ちなみに、私の見てきた範囲内において、セーラーの万年筆には、ペン先ズレ等の明らかな不具合を見た事はない事を追記しておきます。

2010年8月15日 (日)

プロフィット R.B 改 / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』シリーズその11 セーラー番外編

プロフィット R.B 改 / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』シリーズその11 セーラー番外編

セーラー プロフィットの2本目は、ローラーボールでした。(←過去形の『でした』です)

ズラリと並んだセーラーの万年筆を見せてもらっていた時、1本だけ ローラーボールが混じっていました。
万年筆だとばかり思っていたので、少々ガクッとなりましたが....。

店員さんが慌てて下げようとしたのを押し留めました。

そういえば万年筆とボールペンかローラーボールのセットものをほとんど持っていなかった。
1組くらいベーシックなセットがあっても良いか。

しかも万年筆のちょうど半額。さらに2割引セール中\(^O^)/

というワケで 保護。
 
 
 
キャップと胴軸は万年筆と共用。あまり意味はないが 首軸をすげ替える事ができます。たぶん。(←実際にはやってない。)

しかしながらこのテの水性ボールペンというヤツは、私的にはナゼか近年あまり使わない。
せっかくリフィルを入れかえておいても、いざ使おうとすると、
お約束のように決まってドライアップしている。(^_^;)
このリフィルも当然(?)すでに書けない。

なワケで、この2本セットはスペシャルな公文書仕様にしてしまおう と。

ならば、水性ボールペンよりも油性ボールペンの方がなにかと便利。
 
 
 
材料は
・セット可能なボールペンリフィル
・ラミー M16リフィルのグレーのカバー(リフィルを買うと付いてくるアレね)
・透明美色(スコッチの透明粘着テープ)
(セロハンテープは経年変化でベタベタになるので、私的には専らコレ)
 
プロフィット R.B 改 / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』シリーズその11 セーラー番外編 
リフィルは常時各種取り揃えてありますので、その中からできるだけ削ったりチョン切ったりしないで 合うものを探す。

すると パイロットの BRFN-10F-B がセット可能らしい。

【A-ink】のリフィルだ。

私的にはこのリフィルは大好きなので、コレが首軸の先端部から顔を出して
しかもガタつかずにピッタリなので大喜び。\(~o~)/
(セーラーさん ごめんなさい....)

寸が足りないのは、ゲタを履かせれば良いので、あとはカンタン。(笑)

今回は、ラミーさんファミリーにゲタになってもらいました。
 
 
今回の 工作のポイントは、このラミーさんのリフィルカバーの様なPVC系チューブを手軽にカッターでカットしようとすると必ずナナメにカットされてしまう の法則。

大抵のカッターの刃は両刃になっています。
良く切れると評判の某社の【特専黒刃】などを無造作に持ってくると、必ずナナメになってしまいます。
カッターで、このような立体的なモノを真っ直ぐ(スクエア)に切る事は至難のワザです。
決してアナタの手が不器用だから ではありません。
(図解が必要でしたらリクエストくださいませ)
 
 
きれいにカットしたら、ボールペンリフィルとつなぎます。
テープ【透明美色】は、胴軸をネジ込む方向を考えて巻きましょう。
(リフィル後端を手前に向けたら テープは右巻きね。)

で、セーラー プロフィット ローラーボール改 油性ボールペン細字公文書仕様完成。
 
 
公文書仕様なので、万年筆のインクは【極黒】をチョイスなワケです。

で 任務終了。

…【極黒】はボトルしか持っていない。このボトルは使い切りたい。
この万年筆の14Kニブは、色味が良い感じに年季を感じさせる表情になっているので、コンバータでのインクボトルからのインク吸入で ピカピカになってしまったら困る。
ので、現在はカートリッジのブラックを使用しながら思案中。

カートリッジの【極黒】を買うか....。
 
 
 
この キャップ式の万年筆とボールペンの公文書仕様セット。キャップを開けないと、どっちが万年筆だかボールペンだか判らないのが欠点。

2010年8月12日 (木)

CB-750F / ある深夜の国道X号線 3つの誤算

 オレはスロットルを全開にしていた。バックミラーを見なくてもハイビームのライトが迫って来るのがわかった。
 
 
 
198X年某月某日

 オレは愛車 ガンメタリックの HONDA CB-750F で 帰路に着いていた。深夜の都内の走り慣れたいつものルートだ。

 コンピュータ制御の信号機は交通量の少ない深夜にはタイミングがパターン化してしまう。
もちろんこの国道X号線のパターンは覚えている。スタートして このくらいのスピードならいくつもの信号は 青 が続く。直線で数百mに及ぶ。その先はオーバーパスを越えてさらに直線が続く。
 一気に駆け抜けた事は ない。制限速度は 当然 時速 50km。 事と次第によっては、3度目でようやく手にした自動二輪限定解除の免許証の一発取り消しだけでは済むまい。
 
 
 
 オレのバイクは当然のように 停止線の最前列でシグナルグリーンを待っている。
後続車輌が、オレのバイクの直後にゆっくりと そしてピッタリと貼り付いてきた。断っておくがオレのレーンは追い越し車線ではない。先を急ぐなら右車線が開いているのだが。

スロットルを握って軽い前傾姿勢を取ったままのオレは、バックミラーで反射的に後続車輌の助手席をも確認する。前席に2人。要注意だ。ヘルメットは被っていない。交機(交通機動隊)ではない。覆面でもないらしい。
ならば、前方のレーダーに注意しながら普通に走るだけだ。

 下に河川を跨いでいる国道X号線のこのエリアはもしかすると所轄が変わるのかも知れない。

さらに。

左側に車輌を停止させるスペースの無いこのルートでレーダーを見た事は ない。
 
 
 後ろは トヨタの ソアラ だった。おそらくはツインターボ。車高が低い。もちろん手を入れているハズだ。排気音を聞くまでもない。

横に並んだらシグナルグランプリ。挨拶代わりの比較的軽いノリだ。
だが、件のソアラはオレのバイクの直後に貼り付いてきた。さらにアクセルで煽っている。珍しいヤツだ。
 
 パワーウェイトレシオ というモノを知らないのか? あまりオツムは良くないらしい。
いかに3リッターのツインターボとはいえ、スタートダッシュで 四輪車がツインカムのナナハンに勝てるワケがない。それどころか ツインとはいえ オートマチックミッションのターボエンジンが災いして後ろについてくる事すら不可能だろう。
バブリーなゴージャス路線の中で生まれた 2ドア クーペ スタイルの ソアラ のミッションは、ほとんどがオートマチックだ。オレはオートマチック車で空吹かしするヤツの気が知れない。

 オレはクラッチレバーを握ってシフトペダルをニュートラルに蹴り込んだ。いつものようにゆっくりと身体を起こして両腕を組んだ。信号待ちの体制。オレはまだ若かったが、勝つと決まった勝負にアツくなるほど血の気は多くはなかった。
 
 
 オレの意に反して後ろのソアラはやる気満々だった。 オレの体制を見てもまだ煽っている。オレは皮ツナギを着ていた。安全性を重視しての事だ。しかし後ろからオレとオレのナナハンを見たなら、挑戦したくなるかもしれなかった。
オレのナナハンは、ノーマルならマフラーは左右に1本づつ見えるハズだが、右に1本の集合管だった。ノーマルでは ない。
 
 
 交叉する道路のシグナルはイエローに変わった。 オレはまだ動かない。後ろの トヨタ ソアラはジリジリと間を詰めてきていた。交叉する信号はイエローからレッドに変わる。 ゆっくりと組んでいた両腕を解き、姿勢を前傾させながらオレはハンドルに手を掛け クラッチレバーを握ると同時にシフトペダルを1速に蹴った。まさにその瞬間に正面のシグナルがグリーンに変わった。
 
 
 
 深夜の国道X号線にスキール音が響き渡る。ガンメタリックの CB-750F は 後輪を鳴らす事もなく ましてや前輪を浮かせたりはしない。しかし鋭く力強く加速してゆく。この並列4気筒ツインカムエンジンは トルクも充分だ。 メーターをレッドゾーンに入れるほど無知ではなく、またその必要もない。
オレはクラッチレバーを左指2本で切る。と同時に左のつま先でシフトペダルを2速に蹴り上げる。

オレのCB-750Fの ヨシムラ サイクロン は スロットルに合わせて咆哮する。
 
 
3速。 すでにスピードメーターはとんでもない数字を指している。TOYOTA SOARA が自慢のツインカムツインターボをいかようにチューンしようとも、本気で加速するナナハンについて来られるハズはなかった。 
 
しかし思ったほど後ろを引き離してはいない。ひとつめの誤算は、ヤツがマニュアルミッションであった事だ。少々面倒な事になった。
 
 
そしてふたつめの誤算は、このスピードでこのルートを走るのは未体験であった事だ。

 通常の国道では深夜でも一気にここまで長くは走れない。シグナルレッドに引っかかりバトルは終了だ。だが、この日は違ってしまった。

全開で加速するオレにまるで道を開けてくれるかのように、次々にシグナルはグリーンに変わってゆく。

シフトペダルを4速に蹴り上げる。 オーバーパスは大きな河川を跨いでいるせいか非常に長い。不利なギア比で長い登りに差し掛かる。
 
 オレはスロットルを全開にしていた。バックミラーを見なくてもハイビームのライトが迫って来るのがわかった。
 
 
ここから先のスピードでは四輪車が絶対的に有利だ。
 
 
 
 オレは過去にこの愛車と筑波サーキットを走っていたが、既に このストレートは経験のないほど長い。 
 
 
【未体験ゾーンへ】

ソアラ のキャッチコピーだ。 後ろの ソアラ はオーナーでもないオレを未体験ゾーンへ連れていってくれるらしい。皮肉な事だ。 
 
 
オーバーパスを登り続ける。スピードメーターの MAX まであとX0km

すでにハンドルに振動が出始めていた。愛車は限界が近い事をオレに知らせている。悪い事にこの態勢でオーバーパスの頂点を迎える。

このスピードではオーバーパスはジャンプ台に近い。280kg以上ある車体は慣性の法則にしたがって浮かび上がろうとする。前輪はおろか後輪も接地ギリギリながらやや浮き上がり加減になる。後輪のトラクションが行き場を失ない エンジンが一瞬カン高く吠える。

 ここで慌ててスロットルを戻したら全てが終りだ。右手は戻さずに全開のまま駆け抜ける。

下りのせいでハンドルの振動はかなり激しくなっている。すでにマトモに真っ直ぐ走ってはいない。しかし急激にスロットルを戻す事はフロントタイヤのグリップを失う可能性が高い事を意味する。 このスピードでは命の保証はない。
 
 
 
遥か後方に置いてきたハズの後続車輌との距離はもう50mも切っているようだ。

右のつま先でリアブレーキを当てながら 少しづつ慎重にスロットルを戻す。ハンドルの振動はますます大きくなり まさに【未体験ゾーン】だ。 全く皮肉な事だ。 ハンドルを両腕で前方へ強く圧しながら慎重にスロットルを戻してゆく。ハンドルの振動は収める事が出来た。

ヘッドライトでオレを威嚇しながら遂に後ろから追いついてきたソアラはオレの後ろに張りつき、そして一息ついて 右にレーンチェンジしながらさらに加速してゆく。
 
 国道X号線を180km以上で走り去る車を初めてみた。
 
 
 これはオレの遠い記憶。
 
 
 
…思えば私は 既にこの頃から一世代前のモデルに心を惹かれる事が多かった。最も愛した CB-750-F Bタイプ は既に現役ではなかった。
初めて憧れたバイク Z-400-FX も その時すでに現役を引退していたハズだ。
中型免許を取る前に買ってしまった CB-400 Four はもっと過去の名車であった。

旧いモノに憧れるのか?
旧ければ良いというワケではない。良いモノはずっと使い続けられるのだ。
いつまでも使い続けたい と思わせるモノが本当に良いモノなのだ。
 
 
 プロダクト には、マイナーチェンジやモデルチェンジをしながら 時折 名品が生まれる。創り手の思惑通りには必ずしも生まれない名品達。
 
 
 
 プロダクトとそれに関わるプロから学んだひとつの教訓がある。

 メーカーはプロフェッショナルが実に様々な事を考え尽くして製品を送り出す。
その製品に素人が安易な改造を施すと必ず改悪となる。
自分では安易にいじらない方が良い。

厳しく言われた。

抵抗もしてみた。
だが、ことごとく彼の言うとおりだった。

ちなみに、オレのナナハン のハンドルの振動は メーカーがユーザーに向けた警告であり、メーカーの誠意でもあるのだ。

 当時の大型バイクは、エンジンが大きくて重く、それを抱えるフレームは剛性が足りなかった。バランスは現在の【当たり前】のレベルと比較すると著しく悪い。マイナーチェンジで一部太くなっていったが、まだまだ足りない。全く発想が違うくらいに。
限界ギリギリまで各所のレベルを上げると、いきなり破綻してしまう。
(レベルこそ違うが現在の製品でも同じ)

未熟なユーザーには制御できない。
これ以上はキケンだぜ と警告が出る。マージンを取ってあるのだ。
それらの配慮は様々なところに埋め込まれているのだ。

私は【治す】側にいる人間だ。対象は万年筆でもバイクでもないが。
ユーザーの誤った処置(思い違いや意欲的過ぎる対処も含めて)で遠回りしているケースは実は非常に多い。
 
 
 
困ったらまずプロのアドバイスを一度【受け入れる】事をおすすめする。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »