2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« パイロット E300 その2 / トレドがスーベレーンに | トップページ | パイロット ボーテックス / パイロットの携帯型万年筆の進化 その2 »

2010年6月 7日 (月)

パイロット バーディー パープル / パイロットの携帯型万年筆の進化 その1

パイロット バーディー パープル / パイロットの携帯型万年筆の進化 その1
パイロットの小型の万年筆 
 
【バーディー】
 
 
もう30年くらいは経つというのに、ステンレスのペン先もボディもピカピカ。
(ステンレスでも品質が良くなければ、経年変化でピンホールのサビが出るものなのです。)

【バーディー】には、アルミボディ版もありましたが、これは ステンレスボディ。 
 

いつでも現役復帰可能。
 
 
特に珍しいモノではありませんが、パープルは持っていなかったので。

最近 見つけて保護しました。

記念撮影は、パイロットの万年筆用カラーインク と一緒に。

販促用の見本だったらしい。
懇意にしていた(←過去形…(涙) 文具店の店主様にいただいたもの。
パープルかバイオレットかは不明だが 保存状態が良く、こちらも問題なく使えます。
 
 
 
 
その文具店の什器にはブルーが1本だけ残っていました。

ブルーは見かける事 多し。ブラックは人気が高く、なかなか見つからない。他には ホワイト、レッドもあった。

…ブルーは持っているしなぁ…

で、今回はスルー。

お会計の時に会計のカウンターの向こうのペンスタンドに、パープルが立てられているのを発見。

自家用か? どうやら売り物ではないらしい。

でも 一応 指名してみる。

二代目の店主様
「ここにあるという事は、何かしらの不具合があったハズで、販売出来るモノではありません。インクが出ないとか、ペン先が曲がっているとか。」


「ここが紫色であるという事だけで、私には価値があるのです。」

店主様
「もし、書けなかったらすみません。それでよろしければ差し上げます。お代は結構です。いろいろと教えていただきましたので。」 
 
 
ステッカーもまだ貼ったままだ。
帰宅後に、自分なりに検品してみたが、一度もインクを通した痕跡すらない。
デッドストックのミント コンディションだった。
 
 
この小型の万年筆のペン先とペン芯を眺めていたら、ある事に気付いた。
【バーディー】の血統は絶えてはいなかったのだ。
(つづく)
 
 
 
ところで 私が、店主様に何を教えたのかは 秘密だ。

« パイロット E300 その2 / トレドがスーベレーンに | トップページ | パイロット ボーテックス / パイロットの携帯型万年筆の進化 その2 »

F.P」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/35126605

この記事へのトラックバック一覧です: パイロット バーディー パープル / パイロットの携帯型万年筆の進化 その1:

« パイロット E300 その2 / トレドがスーベレーンに | トップページ | パイロット ボーテックス / パイロットの携帯型万年筆の進化 その2 »