2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

« ロットリング600 0.3mm / メカニカルペンシルの甲殻類と脊椎動物 | トップページ | パイロット エラボー (旧) / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』シリーズその8 パイロット編4 »

2010年4月14日 (水)

PRO-USE 357 / 数年間探し続けての出会い

PRO-USE 357 / 数年間探し続けての出会い


数年間探し続けて、その時は突然やって来た。

…ようやく巡り会えました。

プラチナのマルチペン

PRO-USE 357

マルチペンといっても やや特殊な組み合わせ。
マルチなメカニカルペンシル

名前の 357 からもわかるように、 0.3mm 0.5mm 0.7mm の3種類の M.P が1本にまとまっているわけです。

……あぁ 夢のような光景....。

芯の太さのセレクトは振り子式。
リリースボタンはクリップ付け根に。

PRO-USE 357 / 数年間探し続けての出会いグリップはラバーの様にみえますが、実は金属製。
真鍮製の軸に畝状の滑り止めの加工を施して、艶消しの黒の吹き付け塗装のようです。
なかなかに良いグリップです。
胴軸はアルミに艶ありの焼き付け塗装 かな?

駆体の素材から、重量バランスは適度なフロントヘビー。

グリップ部分を外してみると……
PRO-USE 357 / 数年間探し続けての出会い3つ並んだメカニカルペンシルの機構部がカッコイイ。

巡回先の文具店に ある日突然現れました。

こいつは3本買おうと思っていましたが、まず1本だけ確保して冷静になる事にします。

これで
・ロットリング トリオペン
・ぺんてる Function 357
と、ついに揃い踏み。

« ロットリング600 0.3mm / メカニカルペンシルの甲殻類と脊椎動物 | トップページ | パイロット エラボー (旧) / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』シリーズその8 パイロット編4 »

M.P」カテゴリの記事

多機能ペン」カテゴリの記事

コメント

PRO-USE 357 / 数年間探し続けての出会い

初めましで、25年前主人これ中0.5と0.9の同じ物持でる、息子今14歳どうしでもこの357ぺん欲しい、本当に日本製作の素晴らしい子とも見で欲しい。 でもなかなかこの357見つからない。もし売でるどころご存知、教えでいただけますか?よろしくお願い致します

ようこそ いらっしゃいました。

残念ですが、確実に売っている店を私は知りません。
大型文具店を中心に足しげく探すしかないと思います。
私の場合は、行きつけの中型文具店に、メーカーか 中卸しのバイヤーがデッドストックを、ここなら売れる と読んで数本持ち込んだようです。推測ですが。
個人の文具店の不良在庫をまとめて持ち込んだのかもしれません。
足でかせぎました。ラッキーはそこらへんには転がってはいません。

いずれにせよ、この記事を書いた当時に メーカーは廃盤にしてしまっていたと認識しています。入手は困難でしょう。

ただ、製造元が下請けで、たとえ倒産してしまっていても、金型さえ残っていれば、再生産の可能性はゼロではありません。

信じて探し続ける事が結局は一番の近道でしょう。
がんばってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/34220496

この記事へのトラックバック一覧です: PRO-USE 357 / 数年間探し続けての出会い:

« ロットリング600 0.3mm / メカニカルペンシルの甲殻類と脊椎動物 | トップページ | パイロット エラボー (旧) / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』シリーズその8 パイロット編4 »