2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 『無印野帳』を使ってみました。 | トップページ | マルマン ニーモシネ B5 / ノート変更で輝きを放つプロフィット21 »

2010年3月 6日 (土)

ラミー サファリ 赤軸 黒クリップ

ラミー サファリ 赤軸 黒クリップ

サファリの万年筆を買いました。

ラミー サファリ 万年筆 赤軸 黒クリップ 黒ペン先F

黄色(濃い方ね)にしようかと迷ったが赤い軸にしてみた。

サファリの首軸は 私的にはちょっと細い。
持っているワリには稼働率があまり高くないのは、そのせいなのか?
最近では、1軍のスターティングメンバーに入れても、半日程しか使われない。

白軸に黒クリップ のペン先F は私にとって大切で 代替の利かない1本なので、これはしかたがない。

黄色(濃い方ね)は大好きだし、(ペン先EF)
エスツー(通称 黒 だが、よく見ると 濃い焦げ茶色のシボ仕上げ。スレ傷が目立たなくて良い。欧米では多い手法)は、抜群にペン先のコンディションが良い。
(今は、ウォーターマンのブルーブラックを入れている。やや軸色と合わないか。。。)ペン先F

限定カラーのオレンジは ペン先Mで、仕事で使うには太すぎる。ので、稼働率が低い。
と、こんな状況。

サファリ万年筆のクリップとペン先が銀色に代わってしまうのを期に、黒クリップの黒いペン先のモデルを確保したくなるこの性分には、我ながら困ったもの。

しかしながら、これが大当たり。

今回は 写真やディスプレイされている現物を見ても、いまいち食指が動かなかった赤軸を選択。
少しクラシカルな深い赤だ。

いつもの環境であらためて見てみると、赤色の中に黒色が見える。黒いペン先とクリップにとても良く合う赤色だ。

インクは純正の黒。
ラミーの黒インクを使うのは初めて。
おろしたての赤軸サファリは、筆記面を選ばないなめらかさだ。
そして2日間連続で、先発完投。3日目もスタメン予定だ。

首軸の細さではなかった。
色だったのだ。

ラミー サファリ 赤軸 黒クリップ深い赤の軸色に黒いペン先と黒いインク。
仕事に使っても(自分の感覚的に)全く違和感がない。どころか非常に相性が良い。

これは新しい発見だった。

私はまだまだ色に対する感覚が未熟なのだ。

ちなみに、ルーペで観察してみたが、ペン先のプロポーションはパーフェクトだった。
黒いペン先に今のところハズレ無しだ。

« 『無印野帳』を使ってみました。 | トップページ | マルマン ニーモシネ B5 / ノート変更で輝きを放つプロフィット21 »

F.P」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/33649434

この記事へのトラックバック一覧です: ラミー サファリ 赤軸 黒クリップ:

« 『無印野帳』を使ってみました。 | トップページ | マルマン ニーモシネ B5 / ノート変更で輝きを放つプロフィット21 »