2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ

« カスタム 742 ウェーバリー / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』シリーズその7 パイロット編3 | トップページ | ロットリング600 0.3mm / メカニカルペンシルの甲殻類と脊椎動物 »

2010年3月30日 (火)

プラチナ ショート 180(仮称) / ちょっと気分転換に

プラチナ ショート 180(仮称) / ちょっと気分転換に
プラチナ ショート 180(仮称) / ちょっと気分転換に
私の好きな ショートタイプの万年筆。

その中でも異質の1本

プラチナ ショート 180(仮称)

正式名称は知らない。(^^;

180 といえば パーカー180 が本家。
1本の万年筆で2種の太さの線が引ける。

このプラチナもコンセプトが同じ。
はっきりは知らないですが、プラチナさんがパク(゜_゜)☆\ぽか
同じ様な発想で造りました。

あちらはロングボディで、こちらはショートボディ。
販売価額も1/4くらいではないかと。

普通に書くとプラチナの中太字。
私は純正のブルーブラックをカートリッジで。

意外にも私のプラチナの中でも最高クラスに ヌラヌラスルスル書けます。(笑)

ペン先は特殊で、ひっくり返すと、手帳にコマカく書ける細字に。(←プラチナ萬年筆比)

ひっくり返しペン先といえば 今どきは、セーラーのコンコルドなるペン先が有名ですが、あちらはなにせお高い(^^;
ビジネスユースでもない。

例えば、5×3カードに細字で本文を書き、サインはしっかり中太字で書いたりしております。

ノートのポイントによって太さで書き分けたり。

礼服の内ポケットに手帳と一緒に携帯して、手帳は細字で、サインやメッセージは中太字で。

何かと便利です。

まだまだあちこちに散見されます。

(本業に戻った感じです。)

« カスタム 742 ウェーバリー / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』シリーズその7 パイロット編3 | トップページ | ロットリング600 0.3mm / メカニカルペンシルの甲殻類と脊椎動物 »

F.P」カテゴリの記事

コメント

なぁに、オノトとかにあった両ベロの系譜を引くような形ですから、パーカーだけの専売じゃありませんよ。
第一、180自体、その前にあったシェーファーのペン先交換式にこれと似た形がありましたから、パクリみたいなもんです。
力の強いのが自分が先だと主張しているように見えるだけでしょう。

>両ベロの系譜を引くような形
なるほど。確かにそうですね。

>シェーファーのペン先交換式にこれと似た形がありましたから、
左様でしたか。
流石の二右衛門半様。
勉強になります。m(_ _)m
コメントありがとうございます。

正式名称は プラチナTwe Way だったようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/34007933

この記事へのトラックバック一覧です: プラチナ ショート 180(仮称) / ちょっと気分転換に:

« カスタム 742 ウェーバリー / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』シリーズその7 パイロット編3 | トップページ | ロットリング600 0.3mm / メカニカルペンシルの甲殻類と脊椎動物 »