2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« カスタム74 / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』 シリーズその5 パイロット編1 | トップページ | パイロット カスタム742 / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』 シリーズその6 パイロット編2 »

2010年2月20日 (土)

コクヨの キャンパスワイド を使いきりました。 / ノート変更 再び。

コクヨの キャンパスワイド を使いきりました。 / ノート変更 再び。
お気に入りのリングノート マルマンのリブレット が入手困難になり、仕事の記録用に常用するリングノートを探して彷徨中。

コクヨさんの キャンパスワイド を1冊使いきりました。
立位で手持ちで使う事がメインの環境なので、表と裏表紙が厚手で、保持した時にきれいにページがめくれて紙面が波打たない造りはさすがのコクヨさん。
リングノートとしとの出来栄えは二重丸。さすがのロングセラー。
鉛筆 油性ボールペン、水性ボールペンならほとんど受け止めるのでしょう。
かなり使い勝手が良いのですが、万年筆と紙面との相性が残念。
厚手でコシもあり良い紙なのですが。。。

フローの渋い万年筆は、かすれが出やすい。長い線を引くと顕著。細字群が苦戦。

……紙面が万年筆のペン先からインクを引き出してくれないらしい。

国産M字では、私が所有する セーラー プロフィット21 が相性が悪い。線がしばしば細字になってしまう時がある位筆記線が不安定に。
個体の問題で、フローが渋めなのと、まだペン先が育ち切っていないのもあるのでしょうがね。
(デスクに置いて 清書的 に丁寧に筆記すれば問題ないようです。
セーラーのペン先は、スイートスポットがやや手前にくる特徴があり、ペンが立て気味になると線が細めになるようです。セーラーのペンポイントの研ぎ方の特徴でしょうか。長刀研ぎでなくても、そういう傾向を持っているようです。
インクの性質からいっても、セーラーの万年筆は速書きには向いていないようです。丁寧にゆったりと書き味を楽しみたい向きにおススめします。
ちなみにリングノートを手持ちなので、紙面の角度と万年筆の角度とが不安定になりがち。
気を付けてはいるが、完璧ではないかもしれない.全く気にしなくても大丈夫な万年筆もあるし。)

サイズはもともとA5が気に入っていたが、1日の仕事の記録を取ると 見開き2ページに納まらない事がしばしばあり、
アイデアノート的に使ったりする(←これらはノートの後ろから使う)のにも A5では紙面がちょっと小さい。

A4は、大きすぎた。手持ちではかなり使いづらい。鞄からの出し入れにもかなり手こずる。
A4の書類を折らずにそのまま保存したりファイル代わりにはさみ込めるサイズかと思うとそうでもない。
エルコのA4などは充分な大きさで、書いたらミシン目で切り取ってちょうどA4サイズなのですが……

デカい。あまりにもデカい。

で、今のところ B5。

そして身近で確実に入手できるのが重要な条件。

競合したのが キョクトウ の エジンバラ と ギルフォード。
キョクトウさんも結構好き。F.O.B COOP のドット方眼もしばらく気に入って使っていました。

結局のところ今回は、マルマンののニーモシネ。B5のリングノートに。

少し全体が柔らかいのが気になるのですが、まぁしばらく使ってみます。

新旧交代の記念撮影に加わった萬年筆は、プラチナ #3776 細字。紙面を選ばない頼りになる1本。

« カスタム74 / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』 シリーズその5 パイロット編1 | トップページ | パイロット カスタム742 / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』 シリーズその6 パイロット編2 »

F.P」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

コメント

A4版ノートは大きすぎますよね。
役所関係の書類がB5からA4へと変更になったとき、B5のつもりで印刷していると、あまりに余白が広すぎるのに困惑したのを思い出します。
最近はもう慣れちゃいましたけど。。。

これもエコロジーに反するような気がしないでもありません。

>二右衛門半さま
おっしゃる通り、A4統一で空白ももったいないですね。

私的には これからはA4規格だ とA4で通してみようと思いましたが、B規格も必要かな と 最近は思います。
万年筆も国産の応援団ですし。

そういえば、十七行罫紙 ってのも、お役所が使わなくなって 見かけなくなりましたねぇ。
行きつけだった(←過去型)紙屋さん系の文具屋さんが在庫を抱えていました。
エコって難しいですね。

三省堂 Colledge Cown English Japanese Dictionary 第2版 より引用します
manifold (n) 1.(炭酸紙、複写機などで)複写したもの、写し(copy)
manifold (v) 2.(炭酸紙、複写機などで)複写する、写しを取る: manifold a letter by carbon paper 手紙を炭酸紙で複写する

かくいう私もp高校入学祝に頂いたPILOT Elite (short)の18k MANIFOLD を今も仕事に使っています(^^;
安物鉛筆育ちの超高筆圧を受け止め続けて幾星霜、ペン齢も不惑を超えて今なおビクともしません(><;
これじゃパイロットさんも商売にならない・・・m(__)m

az さん
コメント ありがとうございます。長いことレスできずにすみませんでした。暫く出かけておりまして、先日戻ったばかりなのでご容赦を。

PILOT Elite MANIFOLD をずっと使い続けていらっしゃるのですね。スゴいですね。
ひょっとすると、azさん愛用の Elite MANIFOLD は、星の数ほど散らばっている PILOT Elite の中で 最長筆記距離を記録しているかもしれませんね。
ところで、azさんは浮気せずにパイロットのカートリッジインクを使い続けていらっしゃる と私はにらんでおります。
PILOTさんは商売上手…かもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/33451623

この記事へのトラックバック一覧です: コクヨの キャンパスワイド を使いきりました。 / ノート変更 再び。:

» カウネット@オフィス用品はカウネットで! [カウネット@オフィス用品はカウネットで!]
株式会社カウネット(英称:Kaunet Co.,Ltd.)は、オフィス用品の通信販売会社です。 [続きを読む]

« カスタム74 / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』 シリーズその5 パイロット編1 | トップページ | パイロット カスタム742 / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』 シリーズその6 パイロット編2 »