2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ

« コクヨの キャンパスワイド を使いきりました。 / ノート変更 再び。 | トップページ | 『無印野帳』を使ってみました。 »

2010年2月28日 (日)

パイロット カスタム742 / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』 シリーズその6 パイロット編2

パイロット カスタム742 / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』 シリーズその3 パイロット編2
セーラーからは プロフィット21 を取り上げました。

プラチナ萬年筆からは、同価格帯のものが見当たらず、2本で同価格帯になるようにしてみた。(あぁ ギャザードがありましたね。忘れてました。機会がありましたら いづれ。)

パイロットの1本目は、カスタム74 の SMニブ を取り上げました。プラチナの#3776と同様 プロフィット21より格下のモデルであります。
しかしながら 万年筆は必ずしも値段で善し悪しが決まるモノではない。ですね。

この 74 は、ご存知のように世界最強のコンバータ CON-70 が使えるのですが、購入以来、黒インクをカートリッジで使っています。

カスタム74 には購入時にコンバータは付いて来ません。
742 以上のクラスには CON-70 が付属しています。
私は 74 にはコストの面でコンバータをデフォルトでは付けられないのだと思っていました。
しかし、使っているうちに パイロット社はコスト面だけで CON-70 を付けなかったのではない と感じました。(それも確かにあるでしょうが....。)
少なくとも、カスタム74 のSMニブにはコンバータは要らないか と。
このペン先はすばらしくインクフローが良く、ペン先が紙面に触れるだけで、サラサラのインクが心地良く私の脳内のイメージを引き出してくれます。
(イメージの 造型 や『美しい』具現化 は また別のお話し。)
しっかりとした造りの CON-70 を装着すると 重量増になってせっかくの軽快感がスポイルされてしまうのでは と感じました。

カートリッジでバランスが取れているカスタム74 SMニブ の軽快感。
私はおそらくこの組み合わせを決して変えないでしょう。
(カスタム74 でも ニブによっては CON-70 で使っているものもあります。こちらもいづれまた。)

前回の稿で、パイロットの黒インクはサラサラである事に触れました。
これは私の言葉ではありませんが
「万年筆はインクで決まる。まずインクありきなのだ」という主旨の言葉
全く同感であります。

メーカーは、プロトタイプの段階で、当然自社のインクで万年筆を調整する。でしょう。基本的には。おそらく。
各メーカーが何色のインクを基本色として使うのかは不明だ。
国内代表3社とも 購入時に特に指名しない限り、黒インクのカートリッジを1本付けてくれる。
ので、推測だが 現在の万年筆インクの基本色は黒インクだと国内3大メーカーは考え、基本的には黒インクで調整している可能性が高い と考えている。
(……プラチナ萬年筆はブルーブラックで調整している可能性が高い …… 気もする。なんとなく....)

すると国内3大メーカーの万年筆の造り込みの違いが見えてくる。

セーラーは粘度の高いインクの上でペン先を滑走させる仕様。

プラチナは、実は非常に安定したインクフローを保ち、やや硬めと評されるペン先をやはり粘度の高いインクの上でなめらかに走らせるタイプ。

パイロットは、サラリとしたインクをペン先からフロー良く供給し、軽いタッチで書かせるタイプ。
なので、現代風にペン先を硬めにする事にも積極的にトライできる と。

ちなみに、一般的には、セーラーのペン芯の評価が高いような気がするが、私的にはパイロットのペン芯を評価したい。自社のインクの特徴を最大限に生かしている。
ただそれだけに、他社製インクを使用した場合に 万年筆のパフォーマンスを充分に発揮出来ない可能性が高い。
(私はインクは基本的に純正派なので、パイロットの万年筆に他社製インクを入れた事は(たぶんほとんど)ない。このペン芯は特に自社製インクに特化しており、他社製インクで不可逆的変化を起こす可能性が高いと考えている。)

実は、現在のパイロットの基本の太さであるところのF・M・B のニブは、カスタム845 まで(全てのクラスの全モデルではないですが....。)試筆をしてみましたが、
ペン先が紙面に当たるファーストタッチがガチッと硬いのをどうしても手が好まず。
なので、あまりにも乱暴だが、このインプレッションでは F・M・B のニブは私的には除外。

パイロットのニブは硬いとよく言われる。
確かに私も硬いと思う。
私にとってのパイロットの万年筆の入門はショートタイプだった と思う。
70年代の国産の多くの万年筆のペン先は 小さいながらも適度に心地よい弾力を持っていたものが多い。

私が ショートタイプではないパイロットの万年筆も良いなぁと思ったのは、カスタム グランディーのMニブでありました。

始めはFニブを購入して使っていましたが、筆記線が不安定で、使用頻度が落ち、グランディーはしばらく放置。
そのしばらくのちに、Mニブを購入して そのペン先の心地良さに陶酔した。筆記角が 私用にあつらえたかのようにピッタリとフィットした。ブルーブラックを入れて愛用中。

いままで書いていなかったかもしれないが、私は万年筆のキャップを尻軸には挿さない。
特に仕事中には、ショートタイプの万年筆でさえもキャップを抜いたら尻軸には挿さない。
コレも私の万年筆のインプレッションの特徴かな。

なので、ロングボディのモデルのなかで パイロットのカスタム845 や、セーラーのプロフェッショナル・ギアの様な頭と尻尾をカットして胴軸が短いモノはあまり選択しない。

トップ画像は カスタム742 のウェーバリー。
と やっと本題に入ったところで、長くなったのでまたの機会につづく。。。

« コクヨの キャンパスワイド を使いきりました。 / ノート変更 再び。 | トップページ | 『無印野帳』を使ってみました。 »

『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』」カテゴリの記事

F.P」カテゴリの記事

コメント

加筆しました。

メーカーが何色でペン先を調整するか 問題。
セーラーの川口先生は、ブルーブラックでした。
(ひょっとすると、ブルーかもしれません。ペンクリニックに持ち込まれる万年筆を軽く洗浄してからとはいえ、付けペンしてしまうので、黒インクを持ち込むと ブルーがくすんでくるかも です。)
確かにブルー系統の方が インクの濃淡が出やすいので、適切かも知れません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099765/33566232

この記事へのトラックバック一覧です: パイロット カスタム742 / 『日本を代表する3社のどの万年筆を選ぶか』 シリーズその6 パイロット編2:

« コクヨの キャンパスワイド を使いきりました。 / ノート変更 再び。 | トップページ | 『無印野帳』を使ってみました。 »