2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ

« セーラーの繰り出し式ペンシル1 | トップページ | スーベレーンのあれこれを »

2009年9月 5日 (土)

セーラーの繰り出し式ペンシル2

セーラーの繰り出し式ペンシル2
見所は、

0.7mm 極細

のシール。

ちなみにグリップ部にも焼き付け刻印されている。

メカニカルペンシルでは、実用品としては最細で 0.2mm が存在した。(このM.Pと替芯は未だにみかける。)

しかしながら、0.7mmを極細と言い切っている。

公式の発表によれば、1968年に三菱鉛筆が当時最も細い0.5mm芯を発表した。
このセーラーの回転繰り出し式ペンシルは、少なくともこの頃もしくはこれ以前のモデルという事になる。
画像はお見せするのも憚られる状態だが、リアルなままも良いかも と。金属製の軸はくすんでいるが、ピンホール錆びの一つもない。

クリップが金色
軸色が銀色
グリップ部が黒い樹脂製
口金が金色

と デザインはちぐはぐだが、全長120.5mmの回転繰り出し式ペンシルは非常に使いやすい。
芯もポリマー芯ではなく、黒鉛の鉛筆に近い滑らかな逸品。

« セーラーの繰り出し式ペンシル1 | トップページ | スーベレーンのあれこれを »

M.P」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セーラーの繰り出し式ペンシル2:

« セーラーの繰り出し式ペンシル1 | トップページ | スーベレーンのあれこれを »