2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月20日 (木)

今日の3本 - グランディのMニブ

今日の3本 - グランディのMニブ
手前から、お馴染みの

ペリカン スーベレーン M400

毎日携帯して、ペン先を育て中。

中央は こちらも最早レギュラー入りの

ロットリング ラビットグラフ初期型。

これは回転吸入式なのもお気に入り。胴軸から尻軸へのなだらかでふっくらしたラインが完璧なデザイン。
純正のインクは顔料系なので細字だがクッキリした描線となる。
現在は常時携帯の手帳が「能率手帳 小型版」で 書き込めるスペースが少ないので、重宝している。
(実は、線幅 0.15 といっても、油性B.Pのジェストの 0.5mmとそれほど変わらなかったりします。。。)

ところが このペンが とにっかく 手がかかる。
ロットリングのお家芸である中針式ニブと優秀にして悪名も高い顔料系インク。
2日も放っておくと固まり始め、書き出しにインクが出なくなる。

手帳の速記性が台無しである。

中針のユニットの動きと 軸内のインクの流れとをイメージしながら、ゆっくりと数回横に振ると回復する。

なので、ロットリングの製図ペンは常に持ち歩く人も多かった。
中針式ニブは、その構造上時々動いていると ピストン運動によりインクは固まりにくい。
とはいえ、次に続く名作バリアント→イソグラフ→現行のラビットグラフと進化するに伴ってキャップの気密性が高くなり、イソやラピは相当固まりにくくなったが、ロットリング ティンテンクリ直系の万年筆型の駆体をもつ初期型ラビットグラフは、インナーキャップを持ちながらも気密性があまり高くはない。
私は休日には持ち歩かないし、仕事中に万年筆のインプレッション(?)の為に胸ポケットに万年筆を3本も挿していると、初期ラピの出番はない。

気を抜くとすぐに書けなくなる。
なかなか復活しない時は、回転吸入式の長所を生かして、インクの吸入と排出を繰り返すと、簡単に復活する。この点は後発のバリアントやイソグラフ、現行のラビットグラフには真似の出来ないところ。

このペンは、万年筆のインクが如何に扱いやすいかを私に教えてくれた。

さてと、本題の グランディ
私はこの万年筆が一番好きだ。(と いづれの万年筆でも言っている)
立ったまま左手にノートを持ち 右手でクリックストップ式のキャップを「カチッ」と外す。
この動作が最も安定している。キャップで首軸にスレキズが付きにくい構造。
カッチリとした駆体。ペン先のカタチ。軸の太さ。申し分ない。
但し、インクフローは字幅 M とB 。 F は早書きで掠れてしまう。
パイロットのブルーブラックと相性が悪いのかと純正の黒インクに替えてみた。パイロット純正の黒インクは、やや薄めの描線となるので、掠れが改善されないのか と 思ったりした。
インクをいくつか替えてみたが、芳しくない。
私の個体だけかと思っていたが、かの「万年筆評価の部屋」で、ペン芯が小さくインクの保持力が弱いといった主旨の評価であった。
私の個体だけではないらしい。小さくちまちまと書き込むには全く問題ないので、Fニブにはそういう役割を持たせている。

Mニブを通常のFニブのつもりで使い、FニブはEFのつもりで使っている。

B のニブは、私に 太字の万年筆の魅力を教えてくれた。

2009年8月 5日 (水)

再送・ペリカン スーベレーン を買いました。

再送・ペリカン スーベレーン を買いました。



ペリカン スーベレーン を買いました。

買いました。

ペリカン スーベレーン M400 緑縞

万年筆を新調したくなり、いろいろ考えていたらだんだんワケがわからなくなりまして。
それで、今回は万年筆のベテランの店主様のお店で購入してみよう と。
いろいろ相談しながら、そのお店にあるものの中から選ぼう と。

で、話は 何を選んだらいいかわからないところから始まった。
店主様には ペリカン と セーラーの プロフェッショナルギア を勧められる。

…銀色トリムの プロフェッショナルギア は、今回の第一のターゲットであった。(汗)

直球でど真ん中を突いてくる。さすがはこの道40年。

店主様は、自身の愛用の万年筆について「私はずっと万年筆1本だけですよ。」
カッコ良すぎです。そういうのに憧れますが、既にたくさんの万年筆に囲まれてしまっている私。

普段は 試し書きは ほとんどやらないのですが、店主様はなんの躊躇もなく、次々とペン先をインク瓶に。
それでは遠慮なく。という事で、次々と試し書きのオンパレード。

(店主様は素晴らしいモノも出して下さいました。あのシェーファーの樹脂軸の「ノンナンセンス」は良かった。重量感といいバランスといい かなりグラッと来ましたね。
もう二度と造られない貴重なニブだという事でしたが、残念な事に字幅がF。今回は涙を飲んで....←あとになってだんだんと私の中で大きくなっていくぅぅ。
ノンナンセンスっ! 今度行くまで待っていておくれ〜っ。)

さて、試し書き中。

はじめに出された直球ど真ん中の プロフェッショナルギア のMニブ。
紙面へのファーストタッチが素晴らしい。ウワサ通りの柔らかさに即決。「これ いただきます。」
と 言いそうになったが、思いとどまる。
…他にもいろいろ試してからでも遅くはない。

今回は、パイロットなら カスタム845 までを射程距離に入れながら、カスタムの高級ラインは筆記感で早々に脱落。自分でもこれは意外な結果。

…昔のカスタムシリーズは大好きなのだが。

アレコレ試しまくるも、最後は ペリカン と プロフェッショナルギア の一騎討ちとなる。
M600 は、Fニブしか在庫がないのが残念。
買おうとしている万年筆の使用目的も決まっていない。ただ新しい万年筆が欲しいのだ。
はっきりしてきたのは どうやら国産MニブからBニブ位までの太さが欲しいらしい。
とはいえ 自宅でゆったりと万年筆を使う場面はイメージ出来ない。どうせなら仕事や普段使いでガシガシと使い倒したい。
600 や 620 の方を狙ってはいたが、条件が合わない。
ならばあまり目立ち過ぎず、携帯しやすいサイズで M400 も良いではないか。
緑縞は 明るい色味の方が良いと思っていたが、深い緑色の軸を選択。なかなかに渋めの緑縞。

今回の試し書きポイントの
横線が真っ直ぐに引ける事(←私にはこれは大事)は、両者互角。
丸がきれいに書けるのは スーベレーン がやや優位

日本語のトメ ハネ ハライ は、やはり国産の プロギア。ある意味 柔軟な鉄の穂先だ。
だが仕事の記録に、トメ ハネ ハライ は意識する事は ない。

プロギア は、セーラーらしく滑らか〜な書き味。ペン先も素晴らしく美しい。
店主様は プロギアの方が、私の持ち方と書き方に合っている という。
…やはりそうか....。

「最近の(←どの位最近だ?)国産のペン先は仕上げが良いです。」
とは、店主様の一言。

「!」

ルーペでペン先を覗かせていただく。(マイルーペに店主様も呆れ顔)

私は、万年筆のキャップを尻軸に着けない事が多い。
プロギアは、キャップを着けないと軸が短か過ぎてバランスが良くない。
スーベレーンはキャップを着けても着けなくてもバランスが良い。

ペン先を一切調整に出さず、自分の手で「自分だけの1本」に仕上げて行く 万年筆の愉しみ を選ぶ。

今回の万年筆選びは スーベレーン M400 に決定する。所要時間は1時間半を越えた。


   
   
   

2009年8月 2日 (日)

ペリカン スーベレーン を買いました。

ペリカン スーベレーン を買いました。
ペリカン スーベレーン を買いました。
買いました。

ペリカン スーベレーン M400 緑縞

万年筆を新調したくなり、いろいろ考えていたらだんだんワケがわからなくなりまして。
それで、今回は万年筆のベテランの店主様のお店で購入してみよう と。
いろいろ相談しながら、そのお店にあるものの中から選ぼう と。


で、話は 何を選んだらいいかわからないところから始まった。
店主様には ペリカン と セーラーの プロフェッショナルギア を勧められる。

…銀色トリムの プロフェッショナルギア は、今回の第一のターゲットであった。(汗)

直球でど真ん中を突いてく

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »