2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ウェブページ

無料ブログはココログ

2016年11月26日 (土)

フジフイルムの屈曲光学系統スーパーCCDハニカム / FUJIFILM FINEPIX Z3

フジフイルムの屈曲光学系統スーパーCCDハニカム / FUJIFILM FINEPIX Z3

FUJIFILM FinePix Z3
1/2.5 型 CCD
512 万画素
36-108/3.5-4.2
ノイズレシオ:312.5
セルサイズ:1.909188309
発売:2006年06月
1/2.5 型と小さな CCD でも 500 万画素クラスなら問題ない.屈曲光学系.実は意外にも銘機

---------

出自からも、女子が友達や彼氏とツーショットしたり、サクッとオートで撮れるように最適化されているのがわかる。

現在は専ら 私の手のひらで、お散歩している愛犬のなっちゃんを低いアングルから親指シャッターで撮るのに活躍している。なかなか良い写真が撮れる。

この個体は紫外線に当たりまくって、変色している。もともとは綺麗なピンクだったらしい。
この FinePix Z3 は ミノルタから始まって、各社が競った屈曲光学系のなかで、最高の出来だったのではないだろうか。

欠点は、液晶モニタの性能が良すぎて、撮影画像が綺麗に見えすぎる事だ。
実際の撮影画像に忠実なモニタを望む。

といっても遅いが。

2016年11月24日 (木)

覚書,フルサイズ / Canon

覚書,フルサイズ / Canon

EOS 5D
( 2005年~ )

画像は
キヤノンミュージアム
より 勝手にお借りしてきました

---------

フルサイズを検討している.

まずはキヤノン.

EOS 1Ds
2002年
スタジオ向け

EOS 1DX
1810 万画素
2012年

EOS 1 系は気軽に持ち歩くカメラではないかな。

縦位置バッテリーグリップは私的に必須.

EOS 5D
+BG-E4
BP-511A
2005年
SS. 1/4000 sec. と X = 1/200 sec. が残念.
バッテリーが 10D, 20D ,40D と使い回せるのが私的には好都合.
今から使い倒すにはちょいと古すぎるか?

EOS 5D MarkⅡ
+BG-E6
LP-E6
2008年

EOS 5D MarkⅢ
+BG-E11
LP-E6
2012年

EOS 6D
+BG-E13
LP-E6
2012年
高感度に強い.

EOS 6D が良いかな。

となると、L レンズも欲しくなりそう。

・・・程度の良い 初代 EOS 5D に落ちそうな気配も。

2016年11月19日 (土)

ミノルタ銀塩 α-7 とハイスピードシンクロフラッシュ / α-7 + PROGRAM 5400 HS

ミノルタ銀塩 α-7 とハイスピードシンクロフラッシュ / α-7 + PROGRAM 5400 HS

MINOLTA α-7
( 2000年09月~ )

今回は AF 24/2.8 をつけて。

PROGRAM 5400 HS
( 1993年11月~ )

---------

ミノルタ の PROGRAM Flash

PROGRAM 5400 HS

を入手しました。外観は かなりヤレています。
ちゃんと動作するのか 心配です。

LR6 ( 単3乾電池 ) × 4本を入れてスイッチオン…

・・・反応せず。。。

3 ドルがパーか?

ややあって、チャージが始まる。

ホッとする。たった 3 ドルでも、勝負がかかっている。今回も勝ったようだ。

チャージ完了。テスト発光してみる。

ガイドナンバー54 は強烈だ。( もちろん 良い子はフラッシュを直視したりはしない。 )

取説などあるハズもない。
モードボタンをポチポチする。
HS モードのアイコンが出た。
銀塩 α-7 をシャッタースピード優先にして、シャッタースピードを上げてゆく。
順調に1/200 sec. を越えてゆく。
1/2000 sec.
1/4000 sec.
1/8000 sec.

この瞬間には 当たり前といえば当たり前だが、いつも小さく感動する。

当家で、ニコンに続いてミノルタも フラッシュのハイスピードシンクロが可能となりました。

銀塩だけどね。

2016年11月 5日 (土)

TAMRON 185D , Canon EF マウント

TAMRON 185D , Canon EF マウント

TAMRON 185 D

AF 28-300mm F/3.5-6.3 LD Aspherical IF MACRO

( 1998年~ )

---------

キヤノン EF マウントのタムロン 185D です。

以前、タムロン 17A を試写してからすっかりタムロンを見直しまして。

とはいえ、お気楽ズームはスルーしていたのですが。

28-300 mm なのにコンパクト。

今となっては旧いモデルですが、程度がそこそこ良かったので。

しかも安価。

オフィスに戻って、Canon EOS 10D に装着してみました。

AF は静かで、滑らかに合焦する。( 超音波モーターと比べてはいけない。 )

内部も外装も綺麗でとても 10数年前のレンズとは思えないコンティション。

これはおトクでした。

巷に溢れている純正のジャンク
EF28-105mm F3.5-4.5 II USM
のテレ側が結構気に入っていて、オフィス用に2本目をゲットしたら、コイツが外れの AF 不調で。
3本目を買うのはどうにも気が重くなって、そのまま放置。

ここの穴をこの
TAMRON 185 D
AF 28-300mm F/3.5-6.3 LD Aspherical IF MACRO
に埋めてもらう事に。

実際のところ、IS ( キヤノンの手振れ補正 ) がないので、200 mm ( 換算 320 mm ) 以上は手持ちでは厳しいでしょうが。

とりあえずは、いつでも撮れる状態になっていると安心するのは、かなり症状が重い という事のようです。

オフィスのデジタルキヤノンは お気に入りの EOS 10D に任せている。
本当は広角( 換算 ) 24 mm から揃えておきたいのですが、私的にはキヤノンの広角が弱く、とりあえず
SIGMA
18-50mm F3.5-5.6 DC
で 換算 28 mm 側 ( 正確には 28.8 mm ) はおさえてあるので。

そんなところで、
TAMRON 185 D
AF 28-300mm F/3.5-6.3 LD Aspherical IF MACRO
の試写はこれからです。

ファインダーを覗く限りでは合格でしょう。

ちなみに、たまたま近くにあった
ZOOM-NIKKOR Auto 80~200mm F4.5
( 1970年~ )
と比べてみました。

ニコンのボディが無かったので、前玉から対象物を覗いて どちらがハッキリ見えるか の比較です。

結果:
ZOOM-NIKKOR Auto 80~200mm F4.5
の勝利(-_-;)

TAMRON 185 D
AF 28-300mm F/3.5-6.3 LD Aspherical IF MACRO
は後群が動いて内部に引っ込んでしまうので不利でした(-_-;)
後群が撮像面から離れてしまうのが、ズームレンズの解像力不足の一因なのですね。
解像力は、そこそこ のようです。

お気楽望遠 という事で採用。( 広角が足りないけど。 )

2016年11月 2日 (水)

ニコンの D タイプのレンズ / AI AF Zoom Nikkor 28~200mm F3.5~5.6D(IF)

ニコンの D タイプのレンズ / AI AF Zoom Nikkor 28~200mm F3.5~5.6D(IF)

AI AF Zoom Nikkor 28~200mm F3.5~5.6D(IF)
1998年02月~

Nikon F4s
1988年12月~

---------

ニコンの D タイプのレンズは ピントリングに接点を持ち、カメラボディに距離情報を送る。
カメラボディは通常の測光にレンズからの距離情報を加味することで、スピードライトの調光精度を高めている。

ニコンのスピードライトの調光レベルには定評があり、結婚式の金屏風の前の白いウエディングドレスでさえ何の問題もなく調光するとまでいわれていた。
Nikon の光学技術と National ( 現 Panasonic ) の調光技術の賜物である。

銀塩時代には現在のデジタルカメラのようにその場で画像を確認出来なかったので、写真の出来映えは撮影者の経験値に負う要素が多かった。
屋内イベントのストロボワークを身に付けるにはそれなりの手痛い代償が必要であった。
ニコンの 3D-マルチパターン調光は多くの失敗写真を救ったハズである。

ニコン 不滅の F マウント は少々の相性問題が存在するとはいえ利用者にとっては都合が良い。
D タイプのレンズと、私的に所有する 銀塩AF ボディ
F-801, F-801s , F4 , F90X , F100
と、スピードライト
SB-25 , SB-26 , SB-28
の組み合わせは安心して使える組み合わせだ。(使えない機能があるが割愛)
スレーブ多灯発光もできる。

D タイプレンズは デジタル でも( APS-C 機なら画角が 1.5 倍にはなるが )、細かい事を言わなければ 勿論問題なく使える。
( 上記スピードライトはデジタル非対応 )

重要な記念撮影ではデジタルの出番がほとんどだが、私的にはこれらの銀塩一眼レフセットで保険を掛けたい というのが本音。

といっても、プロカメラマンではない私の請われる場面は、学校行事の記念撮影のための記念撮影のように被撮影者が臨んでいるものではない場合がほとんどなので、
被撮影者の御負担を考えるとそれは許されない。
一眼レフカメラを2台ぶら下げている様は異様に映るだろう。あまりやりすぎてもいけないのだ。
広角 ( 換算 ) 24 mm のコンパクトデジタルのサブ機を用意しているが、それすら使った事がない。
でも これは私の勇気が足りないせいかもしれない。
重要な撮影ほどデータが飛んだら恐いので、サブ機で撮っておく必要がありますね。

話題が逸れた。

ところで、便利ズームとはいっても、
AI AF Zoom Nikkor 28~200mm F3.5~5.6D(IF)
では広角の画角が足りないので、記念撮影には持ち出しません。

冒頭の画像の組み合わせを正面から見ると その迫力は凄みがあります。
レンズフィルタ Φ 72 mm にフードを装着して、
カメラボディは F4s ですから。
このレンズの前玉の大きさが購入動機のようなものです。単なる見栄です。
写りはニコン純正ですから全く問題ありません。
被写体に寄れないという欠点がありますが。

こういう組み合わせは慣れないと恥ずかしいものですが、慣れてしまえばむしろ撮影はしやすいものです。
構えていると、人は むしろよけてくれたり、協力してくれたりします。
一般ピープルには F4s が銀塩フイルムカメラである事すら判りません。
プロっぽく見せるか、怪しいカメラオタクに見られるかはテクニック次第。

コンパクトデジタルカメラでスナップ撮影しているほうがよほど怪しげですから。

また、逸れた。

---------

ニコンの AF レンズは D タイプ以前のものは買わない! と決めると、やたらにレンズが増えなくて良い。
というメリットもある。

2016年10月28日 (金)

ニコンの屈曲光学系 / Nikon COOLPIX S1

ニコンの屈曲光学系 / Nikon COOLPIX S1

Nikon Coolpix S1
1/2.5 型 CCD
510 万画素
35-105/3.0-5.4
ノイズレシオ:313.7254902
セルサイズ:1.912928153
発売:2005年4月
屈曲光学系,データ上ではまずまずのハズだが…

---------

中央の白系の丸い位置がフラッシュ。
本体左舷寄りの黒い丸がレンズ。ボディと同色の白いレンズカバーが、電源を投入すると内部に引っ込み、レンズが現れる。

レンズが飛び出さない屈曲光学系の名刺入れサイズのボディはビジネスマンにピッタリ。
全身でいかにもデキるヤツ的な雰囲気を醸し出している。

が…

ワイド端の歪曲がひどい。。。

これほどひどいのは珍しいので、むしろレア物。。。

気が向いたら画像をアップしよう。

しかも室内が全く写らない。
室内のような条件で撮影すると、画像を保存する前に、親切に手ブレ警告が出る。( 手ぶれ補正は付いていない。 )

手ブレしていますが画像を保存しますか?

と聞いてくるのだが、これが出ている画像は使い物にならない。

このカメラは室内ではフラッシュを使わないと写真にならない。ASA400 が登場する前の銀塩カメラレベル以下である。

こういうまさに「 コンパクト 」なコンデジは、常に携帯して、どこでも撮れなくてはその存在の意味がない。
屈曲光学系としては後発なのだが。。。

などと、文句をいっても始まらないので、
・室内では必ずフラッシュを使い、(または室内では撮らない。)
・歪曲が目立たない構図
で撮れば欠点をカバーできる。

これの CM キャラクター、 松嶋 菜々子 だったんだねぇ。
Nikon さん、気合い入っていたみたいだが。。。

デザインと質感は良いんだけどなぁ

元箱ありのセットで購入したので、下取りにでも出してしまおうか。

気を取り直して、もう一度チャンスを与えてみよう。

2016年10月25日 (火)

ノイズレシオ比較リスト 改定第3版

2016年10月25日
改定第3版

これを書いておかないと、次からの展開がやりにくいので、ここで再度、ノイズレシオ と CCD のセルサイズ について引用させていただく.

ここでいうノイズレシオとは,デジカメの CCD サイズとノイズとの関係を数値化したもの.
デジカメのスペックから CCD のサイズと有効画素数を見れば、概ねの画質レベルがみえるという便利グッズ.
√キーのある電卓が必要です.
関数電卓があれば計算がラクです.
PC なら付属の関数電卓.スマートフォンならアプリの関数電卓が良いでしょう.
私の使っているスマートフォンアプリは tan( 355/226 )の解を 10 桁精度で吐き出す RPN 関数電卓.
HP からもこの程度の電卓を販売してもらいたいものだ.特に HP の RPN 機は三角関数の精度が低いのが問題だ.

話がそれた.


参照:
ひろくんのホームページ
http://nice.kaze.com

ノイズレシオに関する記載部分
http://nice.kaze.com/dmc-fz30.html

管理者氏によると,おおむね 400 以上なら使えるレベルだということだ.


以下に引用
>ノイズレシオが400前後は使えるレベル、300以下は使えないレベルと思います。

>理論上はセルサイズが1.6μm(7,700Å×2)以上ないと受光できないことになります。

>・・・CCDでノイズマージンを確保しようとすると、1画素のサイズ(セルサイズ)は少なくとも 3μm(ミクロンm)は必要だと思っています。 4μm以上あればかなり画質が良いです。


ノイズレシオ の計算式は、管理者氏の考案によるもの。
撮像素子のセルサイズは大きい方が光を充分に受けられる.小さな面積に多くの画素を詰め込むと必要なサイズを取れない.
小さなセルでは光があふれる ということだ.両者のバランスが大事であるとの主張である.
セルサイズは概ね 3 μm は必要,というのが管理者氏の経験値だ.

数値化する事で、客観的に評価できる.

ここでは数式はオリジナルではなく,表記を変えさせていただく.

式1.
セルサイズ = k × C / √P

k:定数,108
C:CCDサイズ,( 単位:「型」),1インチ=16 mm (※ 1インチがなぜ 16 mm なのかはここには書かない.)
P:有効画素数(単位:1 EXP 4 )

3 μm 以上が望ましい.


式2.
ノイズレシオ = C^2 / P × 1 EXP 6

C:CCDサイズ,1インチ = 16 mm
P:有効画素数(単位,1 EXP 4 )

概ね 400 以上が「使える」レベル

---------

(注)CCD と CMOS を一様に比較はできない.まして製品の発売年度にも大きくばらつきがあり,画質は画像エンジンの性能にも左右される.

しかし感覚的であるところの「見た目」を数値化できる良い方法なので,ここで再度 取り上げさせていただく.
ちなみに,有効桁数というものがあるが,ここでは電卓ソフトが 10 桁で吐き出すものをあえてそのままコピーペーストした.小数点以下 3 桁以降は有効ではない.
研究者は 本当はやってはいけない事である.


このリストは未完成です.随時更新されます.

---------

画角は 35 mm 換算
ノイズレシオ昇順

OLYMPUS STYLUS SP-820UZ
1/2.3 型 CMOS裏面
1400 万画素
22.4-896/3.4-5.7
1/4~1/2000 sec.
ノイズレシオ:135.0256549
セルサイズ:1.254965832
発売:2012年09月
望遠は優秀,試写中

Panasonic LUMIX DMC-FZ38
1/2.33 型 CCD
1210 万画素
27-486/2.8-4.4
ノイズレシオ:152.2308904
セルサイズ:1.332524336
発売:2009年08月
望遠は優秀,ワイド端 記念撮影ガッカリ.
小さな撮像素子は広角側が苦手.
超望遠レンズとの組み合わせが好相性.
試写中

OLYMPUS STYLUS VH-515
1/2.3 型 CMOS
1200 万画素
25-200/3.3-5.9
SS 1/2000 sec.
ノイズレシオ:157.5299307
セルサイズ:1.355518023
発売:2012年09月
凡庸,ワイド端を捨てて
なるべくテレ側を多用するが良し
試写中

RICOH CX4
1/2.3 型 CMOS
1000 万画素
28-300/3.5-5.6
ノイズレシオ:189.0359168
セルサイズ:1.484895597
発売:2010年09月
セミ マニュアル操作系.雰囲気,使い勝手が良い.
白トビ警告は使わない方がよい.実はそんなに飛んでいない.
試写中

Nikon COOLPIX P50
1/2.5 型 CCD
810 万画素
2.8-102/2.8-5.6
ノイズレシオ:197.5308642
セルサイズ:1.517893277
発売:2007年10月
電源は単3乾電池×2,貴重な存在.
廉価版故に側質プラ+ゴムだが躯体がしっかりしている.
レンズ鏡胴の工作精度はニコンらしい.
とても良いカメラ.
試写中

Panasonic LUMIX DMC-FX33
1/2.5 型 CCD
810 万画素
28-100/2.8-5.6
ノイズレシオ:197.5308642
セルサイズ:1.517893277
発売:2007年08月
私のコンデジ規準機.画像エンジンが優秀.
室内でも基本的にノーフラッシュ撮影だが、ワイド端が明るめのレンズなので室内も取り敢えずカバーできる.
等倍鑑賞しなければ問題ない.20 型程度のモニタ鑑賞でも充分な画質
メーカーが気合いを入れたモデル.

--------- ↓ セルサイズ最低限合格 ↓ ---------

FUJIFILM FinePix Z5fd
1/2.5 型 CCD
630 万画素
36-108/3.5-4.2
ノイズレシオ:253.968254
セルサイズ:1.721129197
発売:2006年12月
屈曲光学系でコンパクト.歪曲少ない.
人の入った記念撮影に最適化?
試写中

Panasonic LUMIX DMC-FZ7
1/2.5 型 CCD
600 万画素
36-432/2.8-3.3
ノイズレシオ:266.6666667
セルサイズ:1.763632615
発売:2006年02月
試写中

Nikon COOLPIX P330(※)
1/1.7 型 CMOS
1219 万画素
28-120/1.8-5.6
SS 1/4000 sec.
ノイズレシオ:283.8562438
セルサイズ:1.819587653
( P310 は 117.4136129 なのでダメ
P340は 283.8562438 で P330 と同じ )
発売:2013年03月
最近のコンデジでは評判が良いモデル

Canon PowerShot S120(※)
1/1.7 型 CMOS
1210 万画素
24-120/1.8-5.7
SS 1/2500 sec.
ノイズレシオ:285.9675713
セルサイズ:1.826342178
( S110 は 285.9675713 で同じだが、F 2.0,  SS 1/2000 sec. )
発売:2013年09月
マニュアル操作可能系
最近のコンデジでは評判が良いモデル

OLYMPUS STYLUS 1s(※)
1/1.7 型 CMOS
1200 万画素
28-300/2.8
ノイズレシオ:288.3506344
セルサイズ:1.833936149
発売:2013年11月( STYLUS 1 )
発売:2014年11月( STYLUS 1s )


--------- ↓ セルサイズ,ノイズレシオ,何とか及第点 ↓ ---------

FUJIFILM FinePix V10
1/2.5 型 CCD
512 万画素
38-130/2.8-5.5
ノイズレシオ:312.5
セルサイズ:1.909188309
発売:2006年03月
1/2.5 型と小さな CCD でも 500 万画素クラスなら問題ない.
兄弟機 Z3 より光学系は有利.
実力が評価されていない.
写真を撮りたいと思わせるカメラ.
試写中

FUJIFILM FinePix Z3
1/2.5 型 CCD
512 万画素
36-108/3.5-4.2
ノイズレシオ:312.5
セルサイズ:1.909188309
発売:2006年06月
屈曲光学系,歪曲少ない.
V10 と兄弟,光学系以外の中身はほぼ同じもの.
名刺入れサイズで,室内撮影の解像度は見事.
実は銘機.
試写中

Nikon Coolpix S1
1/2.5 型 CCD
510 万画素
35-105/3.0-5.4
ノイズレシオ:313.7254902
セルサイズ:1.912928153
発売:2005年4月
屈曲光学系, 暗所に弱い.
試写中

Panasonic LUMIX DMC-FZ20
1/2.5 型 CCD
500 万画素
36-432/2.8
ノイズレシオ:320
セルサイズ:1.931962733
発売:2004年08月
F値 2.8 通し.通称ヨンニッパの手ブレ補正付き,ライカブランドレンズ付き.
レンズ一体型ネオ一眼.
試写中

FUJIFILM FinePix F100fd
1/1.6 型 CCD
1200 万画素
28-140/3.3-5.1
ノイズレシオ:325.5208333
セルサイズ:1.948557159
発売:2008年03月
オート撮影向き.フラッシュ調光は見事.
試写中

RICOH Caplio GX100
1/1.75 型 CCD
1001 万画素
24-72/2.5-4.4
SS 1/2000 sec.
ノイズレシオ:326.2044078
セルサイズ:1.950602013
発売:2007年04月
マニュアル操作系,
条件が良ければ良い画を吐き出す.
GR DIGITAL Ⅱ( 単焦点,換算28 mm )とノイズレシオ, セルサイズは同じ
試写中

Panasonic LUMIX LX7(※)
1/1.7 型 MOS
1010 万画素
24-90/1.4-2.3
SS 250~1/4000 sec.
ノイズレシオ:342.5948131
セルサイズ:1.999006228
発売:2012年08月

Canon PowerShot S90
1/1.7 型 CCD
1000 万画素
28-105/2.0-4.9
ISO 3200( 限定で 12800 )
ノイズレシオ:346.0207612
セルサイズ:2.008976396
2009年10月
暗所に強い,マニュアル操作系,
試写中

--------- ↓ 使えるレベル ↓ ---------

Panasonic LUMIX DMC-LX2(※)
1/1.65 型 CCD
1020 万画素
ノイズレシオ:360.107312
セルサイズ:2.010420382
発売:2006年08月

FUJIFILM XQ1(※)
2/3 型 CMOS
1200 万画素
25-100/1.8-4.9
30 ~ 1/4000 sec.
ノイズレシオ:370.3703704
セルサイズ:2.078460969
発売:2013年11月

OLYMPUS XZ-1(※)
1/1.63 型 CCD
1000 万画素
ノイズレシオ:376.3784862
セルサイズ:2.095251456
発売:2011年02月

PENTAX OPTIO 750Z(※)
1/1.8 型 CCD
700 万画素
ノイズレシオ:440.9171076
セルサイズ:2.267786838
発売:2004年09月
歴史に残る銘機だろう.是が非でも入手したいものだ.

Panasonic LUMIX DMC-FZ1
1/3.2 型 CCD
200 万画素
ノイズレシオ:488.28125
セルサイズ:2.386485387
発売:2002年11月

SONY Cyber-shot RX100(※)
1.0 型 CMOS
2020 万画素
28-100/1.8-4.9
SS 1/2000 sec.
ノイズレシオ:495.049505
セルサイズ:2.402968461
発売:2012年06月

FUJIFILM Finepix F10,
( 2005年03月 )
FUJIFILM FinePix F30(※)
( 2006年05月 )
FUJIFILM FinePix F31fd(※)
( 2006年11月 )
1/1.7 型 CCD
630 万画素
36-108/2.8-5
15~1/2000 sec.
ノイズレシオ:549.2393036
セルサイズ:2.531072349
伝説の銘機,F10 ~ F31fd まで撮像素子サイズは不変,
ゆったりと余裕のある写り.試写中

CONTAX TVS DIGITAL(※)
1/1.8 型 CCD
500 万画素
ノイズレシオ:617.2839506
セルサイズ:2.683281573
発売:2003年02月

--------- ↓ コンデジ,脅威の銘機 ↓ ---------

Nikon Coolpix 4300
1/1.8 型 CCD
400 万画素
38-114/2.8-4.9
8~1/1000 sec., Bで 60 sec. まで
ノイズレシオ:771.6049383
セルサイズ: 3.0
発売:2002年09月(黒 11月)
白飛びしにくい.ストロボ調光抜群,試写中

OLYMPUS CAMEDIA C-4040 ZOOM(※)
1/1.8 型 CCD
398 万画素
35-105/1.8-2.6
ノイズレシオ:775.48235
セルサイズ:3.007528243
発売:2001年08月

Canon Power Shot S30(※)
1/1.8 型 CCD
320 万画素
35-105/2.8-4.9
15~1/1,500 sec.
ノイズレシオ:964.5061728
セルサイズ:3.354101966
発売:2001年12月

SONY Cyber-Shot DSC-P3
1/1.8 型 CCD
280 万画素
36/2.8
ノイズレシオ:1,102.292769
セルサイズ:3.585685828
発売:2001年10月
試写準備中

OLYMPUS CAMEDIA C-2020 ZOOM
1/2 型 CCD
202 万画素
35-105/2.0-2.8
ノイズレシオ:1,237.623762
セルサイズ:3.799426742
発売:1999年11月
M4/3,APS-C に迫るレベル.白飛びにも強い.
試写準備中

--------- ↓ m4/3,APS-C,格上 ↓ ---------

ノイズレシオ昇順にならんでいる.
ノイズは周知の通り キヤノン EOS の後発モデルが圧倒的に優位.という事になっているが,果たして…
ここはデータ通りにならべてみる.

Panasonic Lumix DMC-LX100(※)
4/3 型 Live MOS
1280 万画素
24-75/1.7-2.8
ノイズレシオ:1,388.888889
セルサイズ:4.024922359
発売:2014年11月

Panasonic LUMIX DMC-G1
4/3 型 Live MOS
1210 万画素
ノイズレシオ:1,469.237833
セルサイズ:4.139708937
発売:2008年10月
世界初ミラーレス構造のデジタル一眼
コンデジとは圧倒的画質差.等倍鑑賞に耐えうる

Canon Power Shot G1 X Mark II (※)
1.5 型 CMOS
1500 万画素
ノイズレシオ:1,500.00
セルサイズ:4.182822014
発売:2014年03月

Leica Digilux
1/2 型 CCD
150 万画素
35/3.5
ノイズレシオ:1,666.666667
セルサイズ:4.409081537
発売:1989年?月
FUJIFILM FinePix700 の OEM
試写中

SONY NEX-5N
23.5×15.6 ( 1.76 ) 型 CMOS
1610 万画素
ノイズレシオ:1,923.975155
セルサイズ:4.737219249
発売:2011年9月
基本性能は高い.
夜景を美しく表現する.

SONY NEX-3
23.4×15.6 ( 1.76 ) 型 CMOS
1420 万画素
ノイズレシオ:2,181.408451
セルサイズ:5.044199458
発売:2010年06月
試写中

Canon EOS 40D
22.2×14.8( 1.67 ) 型 CMOS
1010 万画素
ノイズレシオ:2,761.287129
セルサイズ:5.675178682
発売:2007年08月
試写中

Nikon D80
23.6×15.8 ( 1.78 ) 型 CCD
1020 万画素
ノイズレシオ:3,106.27451
セルサイズ:6.019267886
発売:2006年09月
故障により試写中断.

Nikon D200
23.6×15.8 ( 1.78 ) 型 CCD
1020 万画素
ノイズレシオ:3,106.27451
セルサイズ:6.019267886
発売:2005年12月
試写中

SONY α100
23.6×15.8 ( 1.78 ) 型 CCD
1020 万画素
ノイズレシオ:3,106.27451
セルサイズ:6.019267886
Nikon D200 と同じ SONY製 CCD といわれている
発売:2006年07月
試写中

Canon EOS 20D
3,483.469893
22.5×15( 1.69 ) 型 CMOS
820 万画素
ノイズレシオ:3,483.469893
セルサイズ:6.373874879
発売:2004年08月
試写中

Canon EOS 10D
22.7×15.1( 1.70 ) 型 CMOS
630 万画素
ノイズレシオ:4,587.301587
セルサイズ:7.314799089
発売:2003年03月

Nikon D70s
23.7×15.6( 1.77 ) 型 CCD
610 万画素
ノイズレシオ:5,155.289447
セルサイズ:7.739842164
発売:2004年03月( D70 )
発売:2005年04月( D70s )
間違いなく銘機.現在でも通用する綺麗な画を吐き出す理由がここに.

PENTAX *ist DS
23.7×15.7( 1.78 ) 型 CCD
610 万画素
ノイズレシオ:5,194.098361
セルサイズ:7.783570086
発売:2004年11月( *ist DS )
試写中

SONY α7S(※)
フルサイズ
35.6×23.8( 2.68 ) 型 CMOS
1220 万画素
ノイズレシオ:5,871.542008
セルサイズ:8.275606683
発売:2014年06月


(※)は所有していない.

参考文献:
ひろくんのホームページ
http://nice.kaze.com

ノイズレシオに関する記載部分
http://nice.kaze.com/dmc-fz30.html

2016年10月21日 (金)

今、俺の中で FUJIFILM のコンデジが熱い / FUJIFILM FinePix V10

今、俺の中で FUJIFILM のコンデジが熱い / FUJIFILM FinePix V10

FUJIFILM FinePix V10

1/2.5 型 スーパー CCD ハニカム
有効画素数 512 万画素
38-130/2.8-5.5( 35 mm 換算 )
ノイズレシオ:312.5
セルサイズ:1.909188309
発売:2006年03月

寸評:
1/2.5 型と小さな CCD でも 500 万画素クラスなら問題ない.
躯体が良い.
姉妹機 屈曲光学系の Z3 より光学的にはは有利.

---------

不遇なカメラだ。本当の実力が正当に評価さなかったモデルだ。
手に取ると、写真を撮りたい と思わせるカメラだ。
躯体がしっかりしているので信頼感が高くなり、良い写真が撮れそうな気がしてくる。
事実、良い画を吐き出してくる。
( 何階級も違うカメラと比較してはいけないのは当然の事である。)

FUJIFILM のどんくさいデザインから抜きん出ている。

これは実に良いカメラだ。

現在は毎日持ち歩いて試写中である。

FUJIFILM の スーパー CCD ハニカム が、今、俺の中で熱い。

つづく

2016年10月10日 (月)

伝説の銘機 FinePix F10 を手に入れました / FUJIFILM FinePix F10

伝説の銘機 FinePix F10 を手に入れました / FUJIFILM FinePix F10

FUJIFILM Finepix F10
( 2005年03月 )
FUJIFILM FinePix F11(※)
( 2005年10月 )
FUJIFILM FinePix F30(※)
( 2006年05月 )
FUJIFILM FinePix F31fd(※)
( 2006年11月 )
1/1.7 型 CCD
630 万画素
36-108/2.8-5
15~1/2000 sec.
ノイズレシオ:549.2393036
セルサイズ:2.531072349
伝説の銘機.
F10 ~ F31fd まで撮像素子サイズ, 画素数は不変,画像エンジンと CCD のバージョンは上がっている.

このデータを見るに、スーパー CCD ハニカムでなくても、充分な性能を叩き出している。
さらにハニカムに配置すると、一説には 撮像素子サイズは 1.4 倍 相当という。
その実力は 果たしてどの程度か?

---------

伝説の銘機

FUJIFILM FinePix F10 をてにいれました。
年式のワリには かなりの美品です。

私の尊敬する方が F11 をお持ちでしたので、私も手にしてみたくて探していました。
今回の遠征では F11 も発掘したのですが、いかんせん程度が悪い。キズキズスレスレです。
なので、F11 は他人に譲りました。
以前に、F30 を買いのがしてからは、このシリーズにはなかなか手が届きませんでした。

正直なところ、以前は FUJIFILM のカメラに、銀塩コンパクトを除いて あまり興味がありませんでした。
それらの デザイン に全く食指が動かず。
まぁ 食わず嫌いだったワケです。

しかし、この F10 と もう1台の FUJIFILM のコンパクトデジタルカメラで撮ってみたところ、
現在所有している銀塩も含めた すべてのカメラを処分して、FUJIFILM の X-T1 あたりにリプレースしようか と本気で考えました。

それほどの衝撃でした。

まだ、背面液晶モニタのみの確認で、いつもの PC のモニタでは確認していないのもあり、
2日で平静を取り戻し、試写すらしていない多くのカメラをも処分するのは時期尚早 と思いなおしました。

F10 に関しては、以前からの期待感があまりに大きかったので、それほどの衝撃はなかったのですが、やはり 驚きの画を見る事となりました。

ええ。まずは室内で撮りましたよ。いつものように いつもの被写体を。

電源を投入すると、背面液晶モニタには時代を感じさせるグラフィックが写し出されるので、あまり信用できそうにありません。
ポテンシャルが低そうなので、本当の画を写し出してはくれないようにみえるので。

実は正確には、F10 は2台目。
1台目は、レンズ鏡胴の調子が悪く、ボディは処分してしまいました。
特殊ネジを使っており、分解が面倒だったのと、( 特殊ネジのドライバーは高価なので、カメラボディと備品一式の購入費用にみあわない と判断 )
その時はまだ、F10 の凄さを知らなかったので。

無知 とは恐いものです。

その時の備品とバッテリー NP-120 は今回の2台目の役に立ってくれました。

結局は、その後 使用バッテリー NP-120 対応バッテリーチャージャーとして
PENTAX D-BC7
も入手したので、備品の一部は 必ずしも必要なくなったのですが、予備バッテリーがあるとなにかと心強いですね。
現行品ではない オールドデジタルカメラをあれこれするには、バッテリーは重要ですから。特に純正品は。
このくらいの年式ならば、大陸製の互換バッテリーが まだ入手可能ですがね。

FinePix F10 はなかなか良いです。見た目は鈍重ですがね。
操作系のレスポンスが良いので、現代のコンデジ並の撮影が可能です。

白トビ対策に、屋外では -2/3 EV の設定で撮っています。

屋内では、±0 EV と -2/3 EV で撮り比べています。

現在は、5台のコンデジでアレコレ試写中です。

・・・ 疲れます。。。

つづく

2016年10月 9日 (日)

伝説の銘機,まさに ファインな FinePix F10 ,その1 / FinePix F10

伝説の銘機,まさに ファインな FinePix F10 ,その1 / FinePix F10

FUJIFILM FinePix F10
( 2005 年03月~)

---------

FUJIFILM

FinePix F10 です。


まだ、室内で試写中ですが、驚きの性能です。

つづく

«xD ピクチャーカードを入手 / xD-Picture Card M+ , 1GB